ランクル70の比較

ランクル70再再販モデルと2014年当時の再販モデル何が違うの?徹底比較!!ランクル魅力発信ブログ

2023年9月から秋頃に再再販が決まっているランドクルーザー70系(以降ランクル70系(通称ナナマル))。

別記事でもご紹介させていただいておりますが、ランクル70系は生誕30周年として2014年8月~2015年までの1年間期間限定で再販復活されました。当時はバンタイプとピックアップの2種類がラインナップ。

SNSのFacebookやTwitterにて2014年と再販モデル、2023年再再販モデルは何が違うの?というご質問をいただいております。

昨今はSUVブームという事もあり、若い層のユーザーにとっても興味深いモデルと言えます。

また、今のモデルにはない無骨さ質実剛健なデザインがとても人気です。

当記事では、登場時のモデルから再販モデル、そして再再販モデルのランクル70の何が違うのか改めておさらいしていきましょう。

是非ご参考にしてください。

 

 

ランクル70の各モデル比較

 

ランクル70系は冒頭でもご紹介したとおり生誕30周年として2014年8月~2015年までの1年間期間限定で再販されていました。

 

再販という事は、「一番最初に発売されたのはいつ?」という事になりますが、ランクル70系の最初の登場は1984年。そこから2004年までマイナーチェンジを繰り返しながら長い期間販売されつづけていたロングセラーモデルです。

 

あまりにも人気のため2014年に復刻再販されました。

 

中古車市場では1984年~2004年のモデルも多く流通しており、200万円~300万円前後で購入できます。

再販モデルは新車価格よりも高額になっている車体が多く400万円~500万円ほどで購入が可能です。

 

再再販モデルを購入した方が早そうですが、最大の違いとしてはミッション。MTが好きな方は再販モデル、ATが好きな方は再再販モデルをおすすめです。

 

新型車を手に入れたいけど、正直高すぎて買えないと思っていませんか?

 

今乗っている車を少しでも高額で売却して欲しい車を手に入れましょう!

 

そして、新車購入時で一番重要なのは資金確保。

 

今お乗りの愛車がどのくらいの買取額になるのかです。

 

数ある車一括査定の中でも、一番のおすすめで当ブログでも人気のMOTA!!

 

MOTAは一括査定を依頼した瞬間からのオートコールラッシュがなく安心してご利用いただけます!またネット上で最大20社が査定を行い、高額査定をだした上位3社とやりとりをします!

 

申し込み後は、登録されたメールアドレスにMOTA管理画面へログインするための情報がメールで送信されます。この管理画面で翌日18時ごろ概算の査定額の情報が確認できます。

 

新型車への買い替えを考えているなら、まずは車買取MOTAを試してみてください!あなたの車を高額で売却するためのスムーズなプロセスと、査定結果の多様性に驚かれることでしょう。

 

まだ査定をしたことが無いという方は、今のうちに査定額を確認して売り時を逃さないようにしてくださいね。

 

さあ、あなたの車の価値を最大限に引き出しましょう!

 

 

\ 当ブログのオススメ一括車査定!! /

 /明日には概算査定額がでます \
 
 45秒で簡単入力で査定依頼!!
 電話ラッシュ(オートコール)がない!!
 最大20社で概算査定を行います!!
 翌日18時にWeb上で査定額上位3社の査定額が分かります!!

 

比較対象は中古車市場でも球数のある2004年のモデルに絞って比較していきます。

 

グレード4.2 ZX ディーゼル 4WD生誕30周年記念モデル2023年再再販モデル予想
新車価格308.7万円360万円420万円以上
型式KG-HZJ76KCBF-GRJ76K
駆動方式4WD4WD4WD
ミッション5MT5MT6AT
全長×全幅×全高4.835m×1.79m×1.935m4.81m×1.87m×1.92m
ホイールベース2.73m2.73m
最小回転半径6.2m6.3m
車両重量2,160kg2120kg
最大積載量500kg
エンジン型式1HZ1GR-FE1GD
使用燃料軽油ハイオク軽油
燃料タンク容量90L130リットル
燃費6.6km/L11.2km/L
総排気量4,163cc3955cc2.8L
最高出力96 kW(130 PS)/
3800 r.p.m
231ps(170kW)/
5200rpm
204ps/
3000-3400rpm
最大トルク/回転数284 N・m(29.0 kgf・m)/
2200 r.p.m
36.7kg・m(360N・m)/
3800rpm
51.0kgm/
1600-2800rpm

 

ランクル70の魅力

 

プレミアム感を高めてきた最新のランドクルーザーモデルとは異なり、実用性に重きがおかれています。

 

装備もシンプルでありながら、ヘビーデューティなランドクルーザーを好むユーザーには逆にそこが評価ポイントとなっています。

 

ランドクルーザー70は、その堅牢なボディ構造や頑丈なサスペンションなど、オフロード走行を重視したヘビーデューティな性能を備えています。プレミアム感を追求した最新のランドクルーザーモデルとは異なり、シンプルな装備が特徴的であり、その分、実用性に重きがおかれています。

 

例えば、豪華な装備や高度なテクノロジーはあえて削ぎ落とされており、機能面でのシンプルさが強調されています。しかし、その分、ヘビーデューティな走行性能や耐久性が備わっており、オフロードでの過酷な環境下でも頼りになる存在として、ランドクルーザーを好むユーザーには逆に魅力的な評価ポイントとなっています。

 

また、シンプルな装備により、自己整備が可能なこともランドクルーザー70の魅力の一つです。メンテナンスやカスタマイズを好むユーザーにとっては、自分自身で手を加えられる余地があり、愛着を持って所有できる点が魅力的です。

 

さらに、ヘビーデューティなランドクルーザーを好むユーザーには、そのシンプルな装備や機能面でのシンプルさが、真のオフロード走行を楽しむ上での本質的な要素であるという評価があります。

 

プレミアム感を追求した最新のランドクルーザーモデルとは異なり、ヘビーデューティなランドクルーザーが持つ原点的な魅力を追求し、実用性に重きを置いている点が、ユーザーの支持を受けています。

 

新車を少しでも安く購入するためには?

新車を少しでも安く購入するためには、「今お乗りの車の価値がどのくらいか」というのを確認する必要があります。査定する業者によっては、かなりの高値で売却が可能となり欲しいクルマが買えてしまうかもしれません!
 

注意!!
絶対に「下取り」に愛車を出さないください!!
必ず一度は一括査定を!!

 
なぜ車を下取りに出してはいけないの?
クルマを売却時は、「下取り」もしくは「買取り」という選択肢になります。リースやサブスクの場合は「返却」となります。
売却時は、できるだけ高値で買い取ってもらいたいのが当たり前です。
「下取り」と「買取り」に、査定を出してみると査定額の差がかなり出てしまいます。
では、どうして査定額に差がでてしまうのか。
 
「下取り」の場合の査定額算出方法
下取りというのは、「新しい車」を購入した店舗で今まで乗っていた「古い車」を引き取ってもらうサービスとなります。
購入した店舗で、購入手続きも買取り手続きも行うため、手間や時間が大幅に省けるというのが大きなメリットとなりますが、「買取り」と比べると査定額は数十万円から数百万円単位で低い額となってしまいます。
では、なぜ「下取り」は低い査定額となってしまうのか。
それは、新車が納車される時期の相場を予想し査定額を算出しているためです。
例えば、4月に新車購入の契約をし3か月後の7月頃に納車されるとすると、下取りの査定額は3か月後の相場を予想し下取り額の査定額を算出します。未来の相場なんて誰にも分らないので下取りする販売店はかなりのリスクを伴いますので、3か月後の相場を予想し安全マージンを考え更に安く下取額を算出しています。
 
「買取り」の場合の査定額算出方法
「買取り」というのは、中古車買取専門店に売却するという流れとなるため、車を購入する店舗とは別に手続きをしなければならないというデメリットはあります。
しかし、大きな違いとしては中古車買取専門店の「買取査定額」というのは「下取り査定額」より高確率で高値がつきます。
「買取り」は、売却したい時期の相場を確認し高い「査定額」を提示してくれます。この「査定額」というのも、中古車買取専門店によって違いが出てきてしまいます。相場の最安値だったり、最高値だったり様々です。
1店舗ずつたくさんの中古車買取専門店で査定をしてもらうというのは時間と労力が必要となります。
 
そんな時に便利なのが「中古車一括査定サイト」
登録している中古車買取専門店へ一斉に査定を依頼することで、高い値段で売却する事が可能となります。
しかも現在は、半導体不足や部品供給不足による新車の納期の遅延!新車が欲しくても納車されない!というユーザーさんたちは中古車に流れてきます!良い車が販売されてもすぐ売れてしまうため、常に店舗は在庫が無い状態です。中古車の需要が上がっているため、必然的に中古車の買取価格というのも上がっており、新車購入時のような値段になる方もいらっしゃいます。
 車を売却するにあたって、次のような質問をよくいただきます。
よくある疑問 「一括査定サイトって普通の売却と何が違うの?」 「どこの一括査定がいいの?」 「一括査定のサイトがいっぱいあるけど、結局どこが一番いいの?」

近場の中古車買取業者へ赴くのももちろん方法の1つではございますが、1件1件行くのも面倒ですよね?

車の一括査定サイトを利用する事により、同時に複数の買取業者へ査定を依頼することができます!複数の業者が買取価格を競う事で、通常の買取価格より高額な金額で売却する事ができます。 ディーラーなどの下取りの場合は、新車の納期に合わせて予想される相場での買取となるためどうしても価格が安くなってしまいます。ディーラーでの買取が30万だったとすると、一括査定では60万~80万と価格が変わる事が多いですね。 しかし、「中古車一括査定サイト」というのは、実はたくさんありそれぞれの特徴があったりします。

オススメの一括査定サイトを一覧でご紹介いたします。

おすすめ買取サービス『MOTA』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約200社以上(5社中3位)
最大査定社数
最大3社(5社中3位)
管理人レビュー

当ブログでオススメする、査定サービスの1つがMOTA!! MOTAでは、一括査定申込直後に発生するオートコールによる電話がないというのが嬉しいです! 一括査定の依頼するボタンを押した瞬間、オートコールの嵐になるので困る方も多いかとおもいます。 しかし、MOTAでは最大20社で概算査定を行い査定額上位3社の査定額が、翌日の18時にWeb上で確認ができます。煩わしい電話でのアポイント確認や交渉などが不要なので、忙しい方にはピッタリかもしれませんね!

実際に私も12年前のダイハツ ムーヴの売却の際に利用してみましたが、煩わしいオートコールがないのと翌日には最高値を提示してくれた業者1社と値段交渉をし、7万円のムーヴが15万円にまで買取査定額がアップしました。
査定額というのは、MOTAに限らず高値を付けてくれるところもございますが、オートコールがないので交渉するのが1社のみというのがとても助かりましたので、オススメしています!

おすすめ買取サービス 『カーセンサー』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約1000社(5社中2位)
最大査定社数
最大30社(5社中1位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つが『カーセンサー』。 リクルートが運営しているサイトで、安心感がある一括査定サイトですね!提携社数や最大査定社数、実績も多数ございます!迷ったらまず、カーセンサーで間違いないと思います! 車の売却初めての方でも安心してご利用できます!

おすすめ買取サービス『 ユーカーパック』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約5000社(5社中1位)
最大査定社数
最高額を出した1社のみ(5社中5位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがユーカーパック!! オークション型で査定が行われ、煩わしいオートコールがないので余計な電話交渉が必要ないです!1番高い査定額を出した業者とのみ連絡がとれるので、何社も査定をしてもらうという手間が省けます! 提携されている数も約5000社以上とダントツ1位です! 電話対応が面倒な方や忙しい方はこちらがオススメです!

おすすめ買取サービス『 ズバット車買取比較』

オススメ度
★★★★☆( 4 / 5点)
提携社数
200社(5社中3位)
最大査定社数
最大10社(5社中2位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがズバット車買取比較! 大手上場会社が運営されている買取査定サービスです!こちらの運営会社は、他にも、一括査定のサイトを運営していることから、サイトの使いやすさは1番ですね! 入力時間は最短32秒と、パパっと済ませることができ、車に詳しくない方でも情報を入力しやすいサイト設計となっております! また、抽選となりますが現金10万円のプレゼントキャンペーンもされているのが嬉しいポイントですね! お得にクルマの査定見積もりを実施されたい方はこちらもオススメですよ!

おすすめ買取サービス『カーネクスト』

オススメ度
★★★★☆( 4 / 5点)
提携社数
1社(5社中5位)
最大査定社数
1社(5社中5位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがカーネクスト! 電話一本で査定から契約が可能です!来店も不要!店舗での査定もなし!すべて電話でお車の状態をヒアリングして査定額を提示!大きな相違がなければ減額は0円!一括査定と大きく異なるのが、複数の業者とのやりとりは発生しません!もちろん大量の電話営業もありません!全国どこでもレッカーで引き取りに来てくれてレッカー代は無料!その他の面倒な手続きも代行してくれます!忙しい方にはピッタリな査定サービスです!
ランクル70の比較
最新情報をチェックしよう!

強欲で貪欲な2児パパのCar Life

一般のサラリーマン年収でも副業の力で満足いくCar Lifeが送れるかをテーマに活動する「Naui」の活動記録ブログです。給料は全て家計へ!小遣いの100%は車のローンへ。。。コスパの良い、カー用品や車情報のご紹介をYoutubeやSNS等で発信しています。

CTR IMG
error: Content is protected !!