新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?発売日と価格の最新情報

新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?待つべきか変更点の予想と解説

SUV 新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?発売日と価格の最新情報
こちらのページは、アフィリエイト広告を利用しています

2020年にフルモデルチェンジが実施され4代目となったトヨタ新型『ハリアー』。

トヨタが日本市場に提供する上級のクロスオーバーSUVで、洗練されたセダンやクーペの上質さを持ちながら俊敏で快適な運動性能を備えているのが最大の特徴です。

2022年にはPHEVがラインナップに加わりディスプレイオーディオの大型化も実施され、2023年10月には一部改良が実施され、Sグレードの廃止や最新の「Toyota Safety Sense」搭載されたモデルが発売され価格も上昇しました。

そんな『ハリアー』が大幅改良のマイナーチェンジが実施される予定があり、発売日は2024年の10月頃を予定しています。

しかし、すぐにでもハリアーが欲しいという場合、現行型を買うべきか、新型を待つべきかお悩みになるかと思います。

そこで当記事では、2024年10月頃に発売予定となっている新型ハリアーについて、具体的な発売日はいつなのか、先行予約開始時期はいつなのか、発売方法や価格予想などの予想を踏まえた最新情報をお届けします!

2024年に一部改良の期待を寄せているユーザーも多いなか、現行型を買うべきか、新型を待つべきかお悩みの方も、ぜひ参考にしてください。

リーク情報、スパイショットの画像などの最新情報も随時掲載していきます!

【この記事でわかること】

 トヨタ 新型『ハリアー』のマイナーチェンジ最新情報
トヨタ 新型『ハリアー』マイナーチェンジの発売日や先行予約開始時期
トヨタ 新型『ハリアー』マイナーチェンジの価格帯

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

>>新型ハリアーのリセール最新情報

関連記事

1997年にデビューして以来、都市型プレミアムSUVの先駆者として人気を集め、日本のSUV市場を世界に広めたトヨタのハリアー。発売から現在に至るまで、高級モデルでありながらも国内トップクラスの販売台数を維持しています。ハリア[…]

新型80系ハリアーのリセールは悪い?売るタイミングと5年後の予想を解説

 

>>MOTA車買取の口コミって嘘くさい!ヘビーユーザーの声はこちら

関連記事

車を売却する際、1万円でも高くで売却をしたいですよね。1件1件中古車買取店に行くのは面倒なので、そんな時は中古車一括査定がオススメです。しかし、中古車一括査定に申し込みをした瞬間、たくさんの中古車買取店からの営業電話ラッシュ[…]

 

ハリアーが欲しいけど、今乗っている車が高く売って購入したいけど、どのくらいの査定額がつくのか心配じゃありませんか?

足元を見られるディーラーの下取り金額を、MOTA車買取で算出した査定額で交渉しましょう!!

 

\2月は相場最高値!!概算査定のみもオススメ!!/

実車査定をしないで査定額をチェック!!

>>45秒で簡単ネット査定!MOTA車買取<<

MOTAの特徴

 申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!
 ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる!
 高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK!

 

新型ハリアーマイナーチェンジモデルの最新情報まとめ

新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?発売日と価格の最新情報

画像引用:トヨタWEBサイト

トヨタのハリアーは、マイナーチェンジを通じて、エクステリアデザインの変更、安全性能の向上、およびパワートレインの改良が予想されています。

以下は、これらの予想される変更点についての最新情報のまとめです。

  • ビッグマイナーチェンジ
  • 発売は2024年10月頃
  • 価格は現行型よりも高くなる
  • 転売対策もされる可能性が大きい
  • エクステリアの刷新
  • リアウィンカーのデザイン変更
  • 地図表示機能追加
  • 最新の安全装備搭載
  • 一文字テールの採用も見込んでいる

 

2024年のマイナーチェンジで、エクステリアが一新されることが期待されています。

ヘッドライトやバンパーのデザインが変更され、リヤウインカーの位置変更や特別仕様車の追加なども見込まれており、特に「ハンマーヘッドデザイン」の導入の可能性があるため、よりシャープで現代的な外観となります!

発売は2024年10月頃を予定していると販売店からの情報もあり信憑性はかなり高いですが、他のメディアを拝見すると6月という情報もあるため、2024年の6月から10月あたりで発表されるでしょう。

しかし、今後の半導体不足の影響や生産体制によっては延期になる可能性もあるようです。

また、転売対策もかなり強化してくる可能性もあるので、まず新規での契約は難しいですし、購入条件も追加されそうです。

今からでもを購入するために営業マンとのつながりを作ることをオススメします。

 

さて、現行型は2020年にフルモデルチェンジが実施され、初めてのマイナーチェンジを迎えます。

エクステリアのデザインの変更も施され、フロントバンパー及びリアバンパー、ヘッドライト、リアテールのデザインが刷新されるとの情報です。

ヘッドライトの「ハンマーヘッドデザイン」の他にも、トヨタブランドでトレンドのリアに横一文字のライトの採用される見込みです。

先代のモデルは、2013年11月にフルモデルチェンジが実施され、2017年6月にはマイナーチェンジが実施されています。

約3年と半年の期間で大幅なマイナーチェンジが実施されていました。

2024年10月頃のマイナーチェンジも、恒例のタイミングとなるでしょう。

 

営業マンとのつながりというのは、信頼と実績を作ることだと個人的には思っており中古でも良いので、何かしらの車を購入し実績を作ったり、世間話でもよいので信頼を得ることが大切です。

欲しい車を購入したいだけなのに、こういった行動をしなければならないというのも不思議な話です。

新型ハリアーの最新情報の詳細については、ページ下部でご紹介します。

 

>>新型ハリアーのリセール最新情報

関連記事

1997年にデビューして以来、都市型プレミアムSUVの先駆者として人気を集め、日本のSUV市場を世界に広めたトヨタのハリアー。発売から現在に至るまで、高級モデルでありながらも国内トップクラスの販売台数を維持しています。ハリア[…]

新型80系ハリアーのリセールは悪い?売るタイミングと5年後の予想を解説

 

>>MOTA車買取へビューユーザーのレビューはこちら

関連記事

車を売却する際、1万円でも高くで売却をしたいですよね。1件1件中古車買取店に行くのは面倒なので、そんな時は中古車一括査定がオススメです。しかし、中古車一括査定に申し込みをした瞬間、たくさんの中古車買取店からの営業電話ラッシュ[…]

 

2024年7月で現行型生産終了?

新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?発売日と価格の最新情報画像引用:トヨタWEBサイト

2020年6月に登場した4代目トヨタ・ハリアーは、DセグメントSUVとして多くのファンから支持を受けているトヨタの主力モデルです。

しかし、2024年7月に現行モデルの生産終了が噂されており、それに関する情報が一部のトヨタディーラーで流れているようです。

この生産終了は現行後期モデルに関するものであり、2024年8月以降には初のマイナーチェンジが実施される可能性があるとされています。

この噂に関してはまだ確かな情報ではありませんが、一部のディーラーでは既に通達があったとのこと。

ただし、多くのスタッフや販売員にはまだ情報が行き渡っていない可能性もあります。

このような噂が流れている中で、今後の展開について、ファンやオーナーからは大きな関心が寄せられています。

新たなマイナーチェンジがどのような改良をもたらし、どのように進化していくのか、楽しみに待つしかありません。

 

マイナーチェンジは本当に実施される?

4代目ハリアーはフルモデルチェンジから3年半が経過し、2024年7月に現行型の生産終了となる可能性があることから、4年周期でマイナーチェンジを迎えるタイミングにもなっています。

これまではデザイン面で完成度が高く評価されていますが、2回にわたる一部改良を経てきました。

最初の大規模な改良では、12.3インチのフル液晶メーターや新世代コネクティッドナビを搭載したディスプレイオーディオの採用、そして2.5L直列4気筒ダイナミックフォースエンジンと電気モーター、リチウムイオンバッテリーを組み合わせたプラグインハイブリッド(PHEV)が追加されました。

対して、2回目の一部改良は比較的小規模で、主に法規制対応や一部グレードの調整、電動パワーバックドアの改善が行われました。

これまでに前期型、中期型、後期型と進化してきた現行型において、2024年8月以降に予定されているマイナーチェンジでは、どのような変更や新機能が加わるのか、多くのユーザーが注目しています。

特にインテリアやパワートレイン、安全技術などの分野での革新や進化が期待されており、新たなマイナーチェンジがどのような新風を吹き込むかが気になるところです。

 

新型ハリアーを待つべきか新型の変更点

新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?待つべきか変更点の予想と解説

トヨタ・ハリアーの愛好家や将来の購入者は、話題のマイナーチェンジを前に一つの重要な疑問を持っています。

「待つべきか、それとも…?」ハリアーの新世代モデルには大きな期待が寄せられており、そのアップデートはユーザーの経験を一新させる可能性を秘めています。

今回は、2024年10月に予定されているハリアーのマイナーチェンジの見込み変更点と、新モデルを待つべきかどうかについて深掘りしていきます。

 

マイナーチェンジ2024年10月、その予想される変更点

  • エクステリアの革新: 新型ハリアーでは、ヘッドライトやバンパーのデザイン、リアウインカーの位置が変更されることが予想されます。これらの変更は、スタイリッシュな外観だけでなく、車の性能と安全性を向上させる重要な要素です。
  • ハイブリッドモデルの進化: 新しいプラグインハイブリッドモデルが導入される可能性があり、これにより電気モーターだけでの走行が可能となり、環境性能が向上します。
  • コネクティッドナビとWi-Fi: 移動中でもインターネットを利用できるようになり、ナビゲーションやエンターテインメントの利便性が飛躍的に向上するでしょう。
  • 安全装備の進化: 最新のToyota Safety Senseを搭載し、事故のリスクを大幅に低減。ドライバーの安全運転をさらにサポートします。

 

新型ハリアーを待つ価値はあるのか

新型ハリアーは、燃費性能の向上、安全装備の強化、走行性能の向上など、多岐にわたるアップデートが期待されています。これらの進化は、新型ハリアーが提供するドライビングエクスペリエンスを大きく変える可能性があります。

しかし、新モデルの登場に伴う納車待ちや、半導体不足による生産遅延の可能性も考慮する必要があります。これらの要因は、新型ハリアーを待つ価値があるかどうかを判断する上で重要なポイントとなります。

 

待つべき人の特徴

  • 最新技術に価値を見出す人: 安全装備や環境性能の向上に注目し、最新の自動車技術を求める人にとって、新型ハリアーは魅力的な選択肢となるでしょう。
  • 細部にこだわる人: デザインの変更や内装の質感向上など、細部にわたるアップデートを重視する人にとって、マイナーチェンジを待つ価値は十分にあります。
  • 環境性能を重視する人: 新しいハイブリッドモデルや、燃費性能の向上に興味がある人は、新型モデルの登場を待つべきでしょう。

 

新型ハリアーを待つかどうかは、個々の価値観やニーズ、さらには市場の状況によって異なります。

ただし、予想される変更点を踏まえると、新型モデルを待つことには大きな価値があると言えるでしょう。

新しいハリアーがもたらす変化を楽しみに、もう少しの辛抱をしてみてはいかがでしょうか。

 

新型ハリアーの発売日は?

新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?発売日と価格の最新情報

2024年6月から10月頃
2023年10月に実施されたハリアーの一部改良に関して取材をした中で、次の大幅改良の予定をさりげなく聞いてみたところ2024年10月頃に予定しているという情報を伺いしました。
その他のメディアを調査してみると、2024年の6月、9月という情報もありますので、確定ではないようです。
現段階では、6月から10月と覚えておくと良いでしょう。

先行予約開始時期は?

新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?発売日と価格の最新情報

2024年10月頃のマイナーチェンジとした場合、早ければ8月末から9月頃からスタート。

しかし、オーダーが殺到する可能性もあるため先行予約は行わず、新型アルファードやヴェルファイア同様に発表、発売日と同時にオーダースタートという可能性もあります。

抽選販売の可能性もあるという事で新規での契約は厳しいかもしれません。

また、転売目的での購入を防止するべく誓約書なども書く必要があるでしょう。

 

>>新型ハリアーのリセール最新情報

関連記事

1997年にデビューして以来、都市型プレミアムSUVの先駆者として人気を集め、日本のSUV市場を世界に広めたトヨタのハリアー。発売から現在に至るまで、高級モデルでありながらも国内トップクラスの販売台数を維持しています。ハリア[…]

新型80系ハリアーのリセールは悪い?売るタイミングと5年後の予想を解説

 

>>MOTA車買取へビューユーザーのレビューはこちら

関連記事

車を売却する際、1万円でも高くで売却をしたいですよね。1件1件中古車買取店に行くのは面倒なので、そんな時は中古車一括査定がオススメです。しかし、中古車一括査定に申し込みをした瞬間、たくさんの中古車買取店からの営業電話ラッシュ[…]

 

新型ハリアーの予想価格は?

新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?発売日と価格の最新情報

現行型よりも20万円~30万円以上上昇

新型ハリアーのマイナーチェンジ後の価格については、公開されていません。

内容がもう少し判明すれば把握はできそうですが、その詳細はいまだ不明。

円安の影響や半導体不足の影響も今後も続きそうですので、現行型と同様の値段での提供は難しいでしょう。

最新の「Toyota Safety Sense」の搭載も見込まれており、2.4Lターボエンジンの採用の噂ももありますが新しいエンジンを追加するのは難しいかもしれません。

まず現行型よりも20万円~30万円以上の価格上昇はされるでしょう。

また、ハリアーが欲しいけど、今乗っている車が高く売って購入したいけど、どのくらいの査定額がつくのか心配じゃありませんか?

昨今の新型モデルの値引きもかなり渋く、当然新しいモデルの値引きも渋いことは明確です。

販売店での下取りでは足元を見られてしまい査定金額がかなり低く諦めてしまう方も多いようです。

しかし、車買取一括査定を使用することにより、販売店の下取りよりも数十万円も高い査定額で買取りしてくれるのをご存じでしょうか?

下取りよりも、高確率で高額査定が見込めるため諦めかけていた新型ハリアーの購入することもできるでしょう!

そんな車買取一括査定の中でも『MOTA車買取』がオススメです!

特に今の時期は、車の買取価格の相場が高額になるので今が売却のチャンスです!

また、今すぐ売却の予定がなくてもディーラーの下取りで足元を見られないために愛車の市場価値を知っておく必要があります!『MOTA車買取』は、車買取一括査定で一番煩わしい電話ラッシュもなく、翌日の18時ごろにはWeb上で概算の査定額が確認できるため忙しい方にはピッタリです!

45秒の簡単入力で申し込みができるカンタンネット車査定で申し込んでみましょう!

 

\2月は相場最高値!!概算査定のみもオススメ!/

MOTA車買取で概算の見積もりをチェック!!

>>45秒で簡単ネット査定!<<

MOTAの特徴

 申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!
 ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる!
 高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK!
また、リセールについては次の記事をご参考にしてください。
関連記事

1997年にデビューして以来、都市型プレミアムSUVの先駆者として人気を集め、日本のSUV市場を世界に広めたトヨタのハリアー。発売から現在に至るまで、高級モデルでありながらも国内トップクラスの販売台数を維持しています。ハリア[…]

新型80系ハリアーのリセールは悪い?売るタイミングと5年後の予想を解説
現行モデルの価格表を掲載します。

グレード燃料タイプ駆動方式価格
Z Leather Packageガソリン2WD FF4,338,000 円
4WD4,538,000 円
Zガソリン2WD FF4,038,000 円
4WD4,238,000 円
Gガソリン2WD FF3,529,000 円
4WD3,729,000 円
Z Leather Packageハイブリッド2WD FF4,928,000 円
E-Four5,148,000 円
HYBRID Zハイブリッド2WD FF4,628,000 円
E-Four4,848,000 円
HYBRID Gハイブリッド2WD FF4,119,000 円
E-Four4,339,000 円
ZPHEVE-Four6,200,000 円

新型ハリアーのマイナーチェンジでハンマーヘッドデザインの採用されるのか

新型プリウス

トヨタの新型ハリアーは、2024年のマイナーチェンジに向けて、デザイン面での大幅な変更が期待されています。

特に、新型プリウスや次期C-HRからのハンマーヘッドデザイン要素の影響が注目されています。

新型プリウスは、2022年に発表され、トヨタのデザイン革新を象徴するモデルとなりました。

その特徴的なコの字型ヘッドランプや流麗なラインは、新型にも影響を与える可能性が高いとされています。

次期C-HRのデザインスタディモデルも、トヨタの新世代デザイン言語を反映しており、これらの要素が一部改良にどのように取り入れられるかが期待されています。

これらのデザイン要素を取り入れることで、エクステリアの大きな変化が予想されます。

特に、クラウンスポーツで導入されたハンマーヘッドデザインの採用や、リヤウインカーの位置の見直しなどが、ユーザーからの要望に応える形で実現する可能性があります。

これらの革新的なデザインの導入により、市場での存在感を一層高め、よりスタイリッシュで洗練された外観を持つモデルへと進化することが期待されています。

 

新型ハリアーのマイナーチェンジ詳細について

販売条件のイメージ画像

ビッグマイナーチェンジが行われる予定ですが、その詳細は分かっておりませんが変更されるであろう部分が何点かあります。

 

エクステリアデザイン(外装)

新型 ハリアー マイナーチェンジ 2024

画像引用:トヨタWEBサイト

トヨタ新型ハリアーは、都市型プレミアムSUVの先駆けとして、スタイリッシュなデザインと実用性を併せ持つモデルとして知られています。

注目するべきポイントとしては、エクステリアのデザインに変更が加えられる予定です。

具体的には、フロントバンパー、リアバンパー、ヘッドライト、そしてリアテールのデザインが一新されるようです。

これにより、現行型よりも一層高級感を増したプレミアムSUVとしての姿が期待されます。

 

フロントフェイス「ハンマーヘッドデザイン」の採用

新型ハリアーで、特に目を引くのはフロントフェイスに採用された「ハンマーヘッドデザイン」です。

このデザインは、シャープで現代的な外観を生み出し、全体的なスタイルを洗練させる効果を持っています。

さらに、リア部分では、ウインカーをテールライトと一体化することで視認性を向上させ、新しいグラフィックを採用しています。

これらのデザイン変更により、デザイン性はさらに高まり、その魅力が一層引き立てられることが期待されています。

現在の情報では予想に留まりますが、次期モデルにおいてエクステリアデザインは、アメリカや中国市場向けのカムリのようなハンマーヘッドデザインを採用する可能性が考えられます。

ハンマーヘッドは、クラウンスポーツでも特徴的に採用されていますが、クラウンスポーツとキャラクターを被らないように、何らかの差別化が図られる可能性があります。

また、アメリカ市場では、ハリアーに相当するヴェンザが販売されていましたが、クラウンシグニア(日本名:クラウンエステート)の発表に伴い、ラインナップのスリム化のためにヴェンザが販売終了となりました。

しかし、日本市場においては、ハリアーが312.8万円から始まる人気モデルであり、590万円からのクラウンスポーツと差別化されているため、ラインナップから除外されることは考えにくいと予想されます。

次期モデルには、デザインの刷新やラインナップの再編が期待されていますが、具体的な情報が公開されるまでは憶測の範囲を超えません。

 

シーケンシャルウィンカーの採用

現行型のハリアーは、流れるウィンカー『シーケンシャルウィンカー』は採用されておらず、点滅式のウィンカーとなっている。

次期モデルはフロントウィンカー部分が、デイタイムランニングライトとウィンカーの役目を果たすターンシグナルシステムとなり、昨今の新型モデルには多く採用されている。

トヨタの新型モデルは、シーケンシャルウィンカーを採用していることから、次期モデルでは採用してくる可能性はあります。

 

リアウィンカーの位置

マイナーチェンジ後の新型ハリアーで期待している変更としては、ウィンカーの位置。

現行型のウィンカー位置は、リアバンパーのガーニッシュ部分にありとても見にくい。

SNSのX(旧:Twitter)やFacebookなどでも、ウィンカーの位置が変だ!見にくい!といった声も多く、ウィンカーの位置を移設する強者もいるくらい、ユーザーにとっては不満なポイントと言える。

保安基準を満たしている位置とはいえ、先代や、他のSUVモデルと比較するとやはり違和感があることは否めない。

 

 

>>新型ハリアーのリセール最新情報

関連記事

1997年にデビューして以来、都市型プレミアムSUVの先駆者として人気を集め、日本のSUV市場を世界に広めたトヨタのハリアー。発売から現在に至るまで、高級モデルでありながらも国内トップクラスの販売台数を維持しています。ハリア[…]

新型80系ハリアーのリセールは悪い?売るタイミングと5年後の予想を解説

 

>>MOTA車買取へビューユーザーのレビューはこちら

関連記事

車を売却する際、1万円でも高くで売却をしたいですよね。1件1件中古車買取店に行くのは面倒なので、そんな時は中古車一括査定がオススメです。しかし、中古車一括査定に申し込みをした瞬間、たくさんの中古車買取店からの営業電話ラッシュ[…]

 

インテリアデザイン(内装)

新型 ハリアー マイナーチェンジ 2024

画像引用:トヨタWEBサイト

マイナーチェンジ後の新型ハリアーの内装は、馬の鞍を思わせる幅広いセンターコンソールとインストルメントパネルのデザインにより、「大らかな逞しさ」を演出しています。2022年の改良では、メーターディスプレイが「Z」グレードで7インチから12.3インチへと大型化され、視認性が向上しました。

「S」グレードでは、4.2インチから7.0インチへと変更され、さらに視認性が高まっています。

インテリアの機能性も大幅に向上しており、最新の「コネクティッドナビ」対応ディスプレイオーディオや車内Wi-Fiの設定が追加されました。

また、ドライブレコーダー搭載デジタルインナーミラーや多彩なインテリアカラー設定が、快適性と機能性を兼ね備えた空間を実現しています。

さらに、内装には高級感あふれる素材が使用されており、豪華な空間を提供することが期待されています。

地図表示機能の追加も検討されており、快適性と最新機能の融合により一層の進化を遂げています。

 

地図表示機能の追加の可能性

マイナーチェンジ後の最新のテクノロジーとして、地図表示機能が新たに追加される可能性があります。

この機能は、ナビゲーションシステムに統合され、より直感的で使いやすいインターフェースを通じて、運転中の方向指示や目的地情報を提供します。

最新のコネクティッドナビシステムにより、リアルタイムの交通情報や周辺の地図更新を受け取ることも可能になると考えられています​​。

これらの内装の変更は快適性と機能性を一層高め、ドライバーと乗員に優れた乗車体験を提供することが期待されます。

高級感あふれる素材の使用と最新の地図表示機能の追加により、ラグジュアリーSUVとしての魅力をさらに強化するでしょう。

これらの改良は、次期モデルを選ぶ一つの大きな理由となり、多くの顧客を惹きつけることになるはずです。

 

パワートレインについて

新型 ハリアー マイナーチェンジ 2024

画像引用:トヨタWEBサイト

マイナーチェンジ後のパワートレインは、環境性能と走行性能のバランスに重点を置いています。

パワートレインについては、現在のモデルと大きい変更はなく、2.0Lガソリンモデル、2.5Lハイブリッドモデル、PHEVモデルは継続されPHEVモデルに関しては改良の見込みもあるようです。

2022年のモデル改良では、従来の2Lガソリンエンジンに加えて、直列4気筒2.5Lの「Dynamic Force Engine」が搭載されました。

このエンジンは、ハイブリッドシステムと組み合わせられ、よりパワフルで効率的な走行を可能にしています。

また、新たにプラグインハイブリッドモデルもラインナップに加わり走行性能は一層強化されています。

走行システムにおいて高度な技術を採用しています。

「ダイナミックトルクベクタリングAWD」システムは、前後輪および左右の後輪に最適な駆動力を配分し、悪路走行時でも安定した走りを提供します。

さらに、2WD走行時には後輪駆動の回転をカットすることで燃費効率を向上させています。

これらの革新的なシステムにより、次期モデルは都市部からアウトドアまで、多様な走行シーンに対応する能力を備えています。

スペック2.5L ハイブリッド2.0L ガソリン
エンジン2.5L 直列4気筒直噴エンジン + モーター2.0L 直列4気筒直噴エンジン
最高出力131kW(178ps)/5,700rpm126kW(171ps)/6,600rpm
最大トルク221Nm(22.5kgm)/3,600-5,200rpm207Nm(21.1kgf・m)/4,800rpm
フロントモーター最高出力88kw(120ps)
フロントモーター最大トルク202Nm(20.6kgm)
リアモーター最高出力40kW(54ps)[4WD]
リアモーター最大トルク121Nm(12.3kgfm)[4WD]
システム最高出力160kW(218ps)[2WD]/163kW(222ps)[4WD]
トランスミッション電気式無段階変速機Direct Shift-CVT
駆動方式2WD / 4WD(E-Four)2WD / 4WD(E-Four)
車両重量1,710kg[2WD]/1,770kg[4WD]1,620kg[2WD]/1,680kg[4WD]
最小回転半径5.5m~5.7m5.5m~5.7m
JC08モード燃費26.3~27.4km/L
WLCTモード燃費21.6~22.3km/L14.7~15.4km/L

 

ボディサイズについて

ボディサイズ

マイナーチェンジ後のデザインは、都市部での魅力を最大限に引き出すことに焦点を当てており、オフロード志向の強いRAV4とは異なる路線を歩んでいます。

上級SUVとしてのポジショニングを明確にするため、ボディサイズは全長約4,740mm、全幅約1,855mm、全高約1,660mmというプレミアムクーペSUVのサイズ感に仕上がっています。

このサイズにより、スタイリッシュで都会的な外観が際立ち、ホイールベースの延長と低い地上高がスポーティな印象をさらに強調しています。

具体的な寸法は、ホイールベースが2690mm、最低地上高が195mm、最小回転半径が5.5mとなっており、これらの数値は都市部での取り回しやすさとスタイルを象徴しています。

スペック2.5L ハイブリッド2.0L ガソリン
全長4,740mm4,740mm
全幅1,855mm1,855mm
全高1,660mm1,660mm
ホイールベース2,690mm2,690mm

 

プラットフォームについて

新型 ハリアー マイナーチェンジ 2024

画像引用:トヨタWEBサイト

マイナーチェンジ後でも、現行型同様のTNGAプラットフォームが継続採用され、走行性能および安全性能が向上される見込みです。

先代モデルである3代目が使用していた従来の旧型プラットフォームから大きく進化し、トヨタの最新技術であるTNGA(トヨタ・グローバル・アーキテクチャー)のKプラットフォームが採用されています。

TNGAは、単なるプラットフォームの名称ではなく、コスト削減と商品力向上の両立を目指す開発方針および手法を指しています。

この新しいプラットフォームでは、基本的なフレーム構造の見直しやハイテン材の使用、さらにトヨタ独自のレーザースクリュー溶接技術を採用することで、ボディの剛性が大幅に向上しています。

具体的には、ねじり剛性が従来のプラットフォームに比べて30~65%もアップしています。

このねじり剛性の向上により乗り心地は劇的に改善されています。

コーナリング時のロールが抑制され、より安定した走行が可能になっています。

また、運転中の風切り音の低減も実現しており、全体的に快適なドライビング体験を提供しています。

新このような技術革新により、上質な走行性能と快適性を兼ね備えたSUVとして進化を遂げています。

 

安全装備について

安全装備

マイナーチェンジ後は、最新の『Toyota Safety Sense』が搭載される見込みで、最新の安全技術を集約しており、特に都市部や長距離ドライブでの安全性が向上しています。

低速時加速抑制機能は、歩行者や自転車、車両を検知し、必要に応じて自動で加速を抑制することで、混雑した都市部や駐車場での安全性を高めます。

また、交差点で右折する際に対向車両や横断歩行者を検知し、事故リスクを低減する機能も備えています。

緊急時操舵回避支援機能は、ドライバーの急な回避操舵をアシストし、障害物回避時の安全性を強化します。

さらに、カーブ速度抑制機能により、自動車専用道路でのカーブ走行が安全かつ快適になります。

ドライバー異常時対応システムは、ドライバーの無操作状態が続くと警告を発し、必要に応じて車両を安全に停止させることで、万が一の健康問題にも対応します。

これらの革新的な安全機能により高度な安全性能を備えており、特に若者が多く利用する都市部での運転や、長距離ドライブ時の安全性が大幅に向上しています。

 

  • 低速時加速抑制機能
  • 交差点右折時の対向直進車・歩行者検知
  • 緊急時操舵回避支援機能
  • カーブ速度抑制機能
  • ドライバー異常時対応システム

 

まとめ 新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?待つべきか変更点の予想と解説

新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?発売日と価格の最新情報

今回は、新型ハリアーマイナーチェンジモデルの発売日は2024年のいつ頃なのか、新型を待つべきか変更点の価格予想を解説しました。

価格や発売日などの詳細はまだまだ少ないですが、エクステリアと内装の大幅な進化が見込まれています!

外観では、「ハンマーヘッド」デザインの導入とリヤウインカーの位置の見直しにより、洗練度が一層高まることが期待されています。

内装に関しては、高級感ある素材の使用と最新テクノロジーの導入が予想されており、特に地図表示機能の追加により運転の快適性と利便性が向上する見込みです。

新型ハリアーは、都市型プレミアムSUVの先駆けとして、スタイリッシュなデザインと実用性を兼ね備えています。

男女問わず幅広い層からの人気を集めており、特に女性オーナーも多いことが特徴です。

室内は上質で心地よい空間が広がり、快適な装備も充実しています。

一部のSグレードの廃止により購入の敷居がやや高まる可能性はありますが、リセール価格の高さと最近のSUVの人気に伴い、注目度と話題性は高まっています。

これらの点から、安定して楽しんで乗ることができる車と言えるでしょう。

2024年に入れば、少しずつリーク情報、スパイショットの画像などが露出してくるかと思います。

今後も新型ハリアーマイナーチェンジモデルの発売日は2024年のいつ頃なのか、新型を待つべきか変更点の価格予想の最新情報も随時更新していきます。

 

 

>>新型ハリアーのリセール最新情報

関連記事

1997年にデビューして以来、都市型プレミアムSUVの先駆者として人気を集め、日本のSUV市場を世界に広めたトヨタのハリアー。発売から現在に至るまで、高級モデルでありながらも国内トップクラスの販売台数を維持しています。ハリア[…]

新型80系ハリアーのリセールは悪い?売るタイミングと5年後の予想を解説

 

>>MOTA車買取へビューユーザーのレビューはこちら

関連記事

車を売却する際、1万円でも高くで売却をしたいですよね。1件1件中古車買取店に行くのは面倒なので、そんな時は中古車一括査定がオススメです。しかし、中古車一括査定に申し込みをした瞬間、たくさんの中古車買取店からの営業電話ラッシュ[…]

 

>>車一括査定おすすめのサービス5選紹介

関連記事

車を売却する際、悩みや不安は多いものです。どのようにすれば最高価格で売却できるか、またそのやりとりがどれほど面倒なのかなど、これらは多くの人が抱える共通の問題です。このような状況では、車一括査定サイトの利用が非常に効果的です[…]

車一括査定サイト おすすめ ランキング 流れ 特徴 比較

 

新型ハリアーのよくある質問

新型トヨタハリアーのマイナーチェンジに関するよくある質問とその回答です。SNSを通じてユーザーからいただくが事が多いのでお応えしていきます!

Q1: ハリアーのマイナーチェンジは2024年のいつですか?
A1: 2024年6月頃~10月頃に予定されています。
Q2: 新型ハリアーの変更点は何ですか?
A2: 新たに地図を表示する機能が加わり、リアのウインカー配置も見直される予定です。
Q3: 新型ハリアーのボディや室内のサイズ変更はされますか?
A3: 新モデルでは車体が若干広がり、内部空間も広くなることが期待されています。
Q4: ハリアーの安全性能今より良くなりますか?
A4: 最新版のトヨタセーフティセンスを搭載し、安全面での機能が強化されます。
Q5: 新型ハリアーの価格はあがるのでしょうか?
A5: 追加される新機能に伴い、わずかに価格上昇すると見込まれます。
Q6: 新型ハリアーのデザインは変わりますか?
A6: 新型は、前後のフォルムが洗練され、現代的なスタイルに生まれ変わります。
Q7: 新型ハリアーの内装の質感はどうなりますか?
A7: 内装には高級感漂う素材を多用し、先端技術も盛り込まれます。
Q8: 新型ハリアーのパワートレインは変更されますか?
A8: 効率とパフォーマンスを重視したエンジンへとさらに進化します。
Q9: 新型ハリアーはどういったユーザーへおすすめですか?
A9: 家族での使用を想定したユーザーや、アウトドアやデザインを重視する人々がターゲットです。
Q10: 新型ハリアーの登場で現行型のハリアーの買取相場は下がりますか?
A10: 新型モデルが登場すると、相場が急落する可能性は大きいですが、新型ハリアーの納期の状況によってはそこまで下がらないかもしれません。

これらの質問と回答が、新型ハリアーに関心を持つ方々の疑問を解消するのに役立つことを願っています。

新型ハリアーマイナーチェンジ2024年のいつ?発売日と価格の最新情報
最新情報をチェックしよう!
 data-src=なうい_国産車の最新情報発信" width="1280" height="1098" >

なうい_国産車の最新情報発信

【 国産車をメインに新型モデルやカー用品の情報を発信 】中古車買取店での査定士や販売の経験、大手タイヤメーカーでの経験、車のDIYの経験を活かしさまざまな車の情報を発信しています。【当ブログでは次のような情報を発信】✅ 国内の自動車メーカーの情報✅ おすすめカー用品✅ 毎月の新車販売台数報告Webデザイン歴17年 | 車DIY歴17年 | 車関連業界に6年在籍

CTR IMG
error: Content is protected !!