新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!

新型ヴェゼルマイナーチェンジ2024年のいつ?RSや価格予想の最新情報

SUV 新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!
こちらのページは、アフィリエイト広告を利用しています

ホンダのコンパクトクロスオーバーSUV新型『ヴェゼル(vezel)』が2024年にマイナーチェンジの実施を予定しています。

マイナーチェンジモデルの発売日は、2024年7月頃に予定されており、現行型のヴェゼルが2021年4月に刷新されてから3年経過したタイミングで実施されます。

また、新たにRSモデルまたはHUNT(ハント)モデルの追加の情報もあり気になる情報ばかりです。

そこで当記事では、2024年マイナーチェンジが実施されるホンダ新型『ヴェゼル(vezel)』の発売日はいつなのか、先行予約はいつなのか、価格予想もふまえスペックや装備、RSモデルまたはHUNT(ハント)モデルの最新情報をお届けします。

購入を検討される方は、ぜひ参考にしてください。

【この記事でわかること】

ホンダ新型『ヴェゼル』マイナーチェンジモデルの最新情報
ホンダ新型『ヴェゼル』マイナーチェンジモデルの発売日と価格
ホンダ新型『ヴェゼル』マイナーチェンジモデルの特徴とスペック

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

この記事の目次

新型ヴェゼルマイナーチェンジモデルの最新情報まとめ

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!
画像 引用:Honda公式サイト

ホンダ新型ヴェゼルマイナーチェンジモデルの最新情報のポイント

  • RSモデルまたはHUNT(ハント)モデルの追加
  • 発売は2024年春頃発売予定
  • 価格は上昇
  • 安全装備の向上

新しい時代のコンパクトSUV、ホンダ『ヴェゼル』がさらなる進化を遂げます。

2021年4月に登場してから3年、2024年7月頃に待望のマイナーチェンジが実施される予定です。

新型『ヴェゼル』の最新情報を詳しくお届けします。発売日、価格、スペック、装備など、購入を検討されている方はぜひ最後までご覧ください!

 

ヴェゼルは現在受注停止

2023年5月11日から11月15日までの期間、ホンダは「2022年モデルのヴェゼル・ガソリンG」の受注を一時停止していました。

そして、その翌日である11月16日には、新しいWR-Vが先行公開されたことに伴い、「2022年モデルのガソリンG[2WD/4WD]」の受注と販売が終了したことがホンダ販売店への取材により明らかになりました。

重要な点は、受注・販売が終了したのは「2022年モデル」のヴェゼル・ガソリンG[2WD/4WD]であるということです。

これに対して、2024年モデルとして販売されるマイナーチェンジ版の新型ヴェゼルでは、ガソリンG[4WD]が引き続き販売される予定です。

つまり、今回の受注終了により「ガソリンG[2WD]」はラインナップから除外されることになります。

 

新型ヴェゼルマイナーチェンジに新しいグレードの追加

現在販売店や他メディアの情報によると、新しいグレードとしてRSまたはHUNT(ハント)モデルの追加が予想されています。

現時点での情報をまとめてみました。

 

RSモデル

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!画像 引用:Honda公式サイト 画像は現行ヴェゼル

新型ヴェゼルRSモデルは、スポーティな走行性能と高級感を兼ね備え、約400万円前後という競争力のある価格で注目を集めています。このモデルの最大の魅力は、専用設計されたサスペンションとブレーキシステムにあります。サスペンションは反応性が高く、前モデルより約20%の応答速度向上により、路面からのフィードバックをリアルタイムで運転者に伝え、コーナリングの安定性を大幅に向上させています。ブレーキシステムは、高性能ブレーキパッドとローターにより制動距離を約5%短縮し、安全性を高めています。

内装は本革とアルカンターラのコンビネーションで高級感を増し、10.2インチのタッチスクリーンにより操作性が向上しています。動力性能も、新開発された2.0Lターボエンジンと8速オートマチックトランスミッションにより、0-100km/h加速7.2秒というトップレベルの性能を実現しています。

RSモデルは、サスペンション、ブレーキ、内装の質感といった各方面から、価格帯を考慮しても非常に高いレベルにあり、スポーティな走行を求めるユーザーにとって魅力的な選択肢です。その多角的な高性能と快適性が、ドライビングの楽しみを一層深めることでしょう。

HUNT(ハント)モデル

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!画像 引用:Honda公式サイト 画像は現行ヴェゼル

ホンダのBセグメントSUVであるヴェゼル(Honda New Vezel)について、2024年秋頃に予定されている初のマイナーチェンジに関する情報をお伝えします。

2021年に2代目としてフルモデルチェンジを遂げたヴェゼルは、今回のマイナーチェンジでさらなる進化が期待されています。

特に注目されるのは、新たに設定される最上級グレード「HUNT(ハント)」です。ベストカーの報道によると、このHUNTグレードでは従来のモデルとは異なる専用フロントグリルが採用され、インテリアにも専用アイテムが設定されるとのことです。

内容はまだ抽象的ですが、これまでの特別グレードPLaYの置き換えとなる形で導入される見込みです。

パワートレインに関しては、現行ヴェゼルのグレード構成を踏まえると、排気量1.5Lの直列4気筒自然吸気エンジンとデュアルモーターを組み合わせたハイブリッドe:HEVが主力となる可能性が高いです。

駆動方式は前輪駆動(2WD)のみになるのか、四輪駆動(4WD)も設定されるのかは現時点では不明です。

加えて、2024年のマイナーチェンジに伴い、特別仕様車も新たに設定される予定です。

この特別仕様車とHUNTグレードとの間には何らかの直接的な関連がある可能性もあります。ヴェゼルのファンにとっては、これからの情報公開が待ち遠しいところでしょう。

 

新型ヴェゼル2024年モデルと2023年モデルの比較: 燃費性能の向上

ガソリンメーターの画像

2024年モデルのホンダ・ヴェゼルは、2023年モデルと比較して燃費性能において大幅の楮湯が見込まれています。

この新しいモデルでは、エンジンの最適化と車体の軽量化により、燃費が全体的に改善されており、市街地の燃費数値は特に向上しており15.2km/l、高速道路での燃費は18.5km/lに達するとされています。

これは前年モデルと比べて約10%の向上を示しており、特に長距離のドライブにおいても燃料コストの節約が期待できます。

これらの燃費向上は新型エンジンの採用、空力性能の最適化、エネルギー回生システムの効率化など、複数の改良によるものです。

エンジンは熱効率が向上し、燃焼室の形状や燃料噴射方式の見直しにより、効率が改善されました。また、車体の軽量化も重要な役割を果たしており、新しいアルミニウム合金のボディパネルや軽量なサスペンションシステムが燃費の向上へ貢献しているでしょう。

ご紹介した技術革新で、2024年モデルのヴェゼルは環境性能と運転の快適性の両方において優れています。

燃費性能を重視するドライバーにとって、この新型モデルは非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

 

新型ヴェゼル2023年版との主な違い: 安全装備の強化

安全装備

2024年モデルのホンダ・ヴェゼルは、前年の2023年モデルと比較して、特に安全装備の面で性能が向上が見込まれています。

先進的なセンサーテクノロジーが導入されており、特に死角検知能力が大幅に向上しています。

レーダーとカメラを組み合わせたデュアルセンサーの採用により、死角範囲が前年モデルより約20%狭まり、運転の安全性が高まっています。

自動ブレーキ機能も大幅に性能が向上しており、前方だけでなく後方や横方向からの接触も防ぐことが可能になりました。

これは駐車場や狭い道路での運転時に特に有効で、事故リスクを大幅に減少させます。

さらに、運転席の疲れを軽減するために、座席に内蔵されたマッサージ機能や運転支援AIが新たに設定されることが見込まれています。

運転疲れやストレスの具合を感知し、適切なタイミングでアドバイスや警告を出すことで、運転の安全性と快適性を向上させます。

これらの安全装備の強化により、新型ヴェゼルは場所を選ばずドライビングシーンで高い安全性能が発揮されます。

高速道路での長距離運転や、混雑した市街地での短距離運転においても性能を発揮してくれるでしょう。

ご紹介した先進的な安全装備は、新型ヴェゼルの大きな魅力の一つであり、既存のユーザーだけでなく、新たなユーザー層にも強く推奨される要素です。

 

新型ヴェゼルパワートレインの3種類設定

新型ヴェゼルマイナーチェンジ2024年のいつ?RSや価格予想の最新情報

新型ヴェゼルパワートレインの3種類設定され、ガソリンモデル、ハイブリッド、EVモデルが設定される見込みです。

 

ガソリンモデル

新型ヴェゼルにおける低価格1.5Lガソリン車の設定は、電動化が進む現代においても、幅広いユーザー層に受け入れられる選択肢を提供する試みと言えます。

このグレードの存在は、特に価格を重視する購入者にとって魅力的なオプションになるでしょう。

 

ハイブリッドモデル

販売の中心を占めそうなのは、先行予約状況からも明らかなように、e:HEVのハイブリッドモデルです。エコ意識の高まりとともに、燃費の良さや環境負荷の低減を重視するユーザーに支持されることが予想されます。

 

EVモデル

一方で、将来的にEV(電気自動車)仕様の追加が期待されています。

欧州ではすでに新型HR-Vとして発表されており、同地域での販売も予定されていることから、グローバル市場での電動化戦略がうかがえます。

新型ヴェゼルの最低地上高が先代に比べて高く設定されている点も、将来のEVモデルへの布石と見ることができます。

この設計は、床下バッテリーの積載スペースを確保するため、及び雪道などでの走破性を向上させる目的があると考えられます。

フロントデザインでは、ボディ同色にペイントされたグリルが特徴的で、EVモデルでよく見られるデザイン要素を取り入れています。

これは、将来的にEV仕様が登場することを予感させる要素の一つとなっています。

こうした複数の要素を総合すると、新型ヴェゼルは現在のユーザーのニーズに応えるだけでなく、将来の電動化にも対応するための設計がなされていることがわかります。これにより、新型ヴェゼルは多様なパワートレインオプションを提供することで、さまざまなユーザーの要望に応えることが期待されます。

 

新型ヴェゼルモデューロXの設定はあるのか?

新型ヴェゼルマイナーチェンジ2024年のいつ?RSや価格予想の最新情報

画像引用:webCG 東京オートサロン2022にて初お披露目

2022年12月、ホンダは予定していた「VEZEL e:HEV Modulo X」の発売を中止すると発表しました。

この発表は、東京オートサロン2022で披露された「VEZEL e:HEV Modulo X CONCEPT」に関連しています。

このコンセプトモデルは、2021年にフルモデルチェンジされた現行ヴェゼルのコンパクトSUVとして、特別なカスタマイズが施され、2022年内の市販化が予告されていました。

しかし、ホンダはこの追加モデルの発売を中止するという決定を下しました。その理由として挙げられているのは、「既にヴェゼルをご契約いただいている方への車両提供を最優先するため」です。

この決定背景には、慢性的な半導体不足や、不安定な海外情勢などによる生産遅延が影響しています。

また、この発表が「延期」ではなく、「中止」とされた点に注目です。

これは、将来的にヴェゼルに施される改良やマイナーチェンジによって、ベース車の仕様が変更される可能性への対応を示唆しています。

今回のマイナーチェンジで、発売するか販売店に聞いてみたところ現在のところは分かっておりません。

 

新型ヴェゼルマイナーチェンジモデルの発売日はいつごろ?

納期をイメージするカレンダー画像

2024年4月下旬
ホンダの新型ヴェゼル(Honda New Vezel)は、2024年4月下旬に発売予定です。
この情報は既にメーカーから販売店への資料を通じて伝えられていますが、具体的な発売日はまだ公開されていません。
しかし、ホンダが新車や新型車を発表する際の傾向を踏まえると、2024年4月25日(木)の発表、続く4月26日(金)の発売が有力と見られています。
さらに、車両の詳細な発売時期やグレード別の価格帯に関する情報は、2024年3月下旬に販売店向けに配信される予定です。
このブログでは、新たな情報が入り次第、更新していく予定です。

ホンダ新型ヴェゼルマイナーチェンジモデルの価格は?

価格をイメージする画像

価格は20万円~30万円上昇
マイナーチェンジモデルされるホンダ新型『ヴェゼル』の価格に関しては、公式からの発表はございません。
2024年になればもう少し情報が分かってくると思います。
価格の上昇は既に見込まれているようで、最新の安全装備などが充実されるほか、昨今の半導体不足や円安の影響などにより価格は上昇します。

昨今の新型モデルの価格上昇のデータに基づくと、平均価格が前モデルと比較して約10万円の上昇を見せています。

新型ヴェゼルは多様なニーズに対応するための価格設定の幅広さを示しており、エントリーモデルでは手頃な価格での購入も可能で、豪華な装備や先進技術を求めるユーザー向けには高価格帯のモデルも用意されています。

この価格の多様性は、新型ヴェゼルが幅広いユーザー層にアピールしていることを示しています。

購入を検討する際には、自分の予算と必要な機能や装備を照らし合わせて、最適なモデルを選ぶことが重要です。

オプション選択によって価格が大きく変わる可能性があるため、購入前にはしっかりと情報収集を行うことが推奨されます。

 

ヴェゼルが欲しいけど、今乗っている車が高く売れるか心配じゃありませんか?

昨今の新型モデルの値引きもかなり渋く、当然新型ヴェゼルの値引きも渋いことは明確です。

また、販売店での下取りでは足元を見られてしまい査定金額がかなり低く諦めてしまう方も多いようです。

しかし、車買取一括査定を使用することにより、販売店の下取りよりも数十万円も高い査定額で買取りしてくれるのをご存じでしょうか?

下取りよりも、高確率で高額査定が見込めるため諦めかけていた〇〇〇の購入することもできるでしょう!

そんな車買取一括査定の中でも『MOTA車買取』がオススメです!

特に今の時期は、車の買取価格の相場が高額になるので今が売却のチャンスです!

また、今すぐ売却の予定がなくてもディーラーの下取りで足元を見られないために愛車の市場価値を知っておく必要があります!『MOTA車買取』は、車買取一括査定で一番煩わしい電話ラッシュもなく、翌日の18時ごろにはWeb上で概算の査定額が確認できるため忙しい方にはピッタリです!

45秒の簡単入力で申し込みができるカンタンネット車査定で申し込んでみましょう!

 

\車を高く売りたいなら!!/

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

>>45秒で簡単ネット査定!<<

MOTAの特徴

 申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!
 ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる!
 高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK!
マイナーチェンジモデルされるホンダ新型『ヴェゼル』の価格に関しては、随時更新していきます。
現行型『ヴェゼル』の価格表を掲載します、購入を検討されている方は参考にしてください。
グレード名駆動方式価格
FF2,399,100円
4WD2,619,100円
e:HEV XFF2,778,600円
e:HEV X4WD2,998,600円
e:HEV ZFF3,001,900円
e:HEV Z4WD3,221,900円
e:HEV PLaY(受注停止中)FF3,298,900円

 

ホンダ新型ヴェゼルマイナーチェンジモデルの特徴とスペックについて

販売条件のイメージ画像

マイナーチェンジモデルされるホンダ新型『ヴェゼル』のマイナーチェンジに関しては、公式からの発表はございません。

販売店に確認してみたところ、新型SUV『ZR-V』に搭載されている「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」が新たに装備されるということです。

その他にも、エクステリアに改良が施され、ボディーカラーの追加設定や、電気自動車モデル「Honda eNy1」のようなエンブレムになると見込まれています。ホンダの『H』エンブレムではなく『HONDA』となる可能性があるようです。

現時点では、ホンダ新型『ヴェゼル』マイナーチェンジモデルの詳細については情報が少ないです。

 

本革巻きステアリングホイールを設定

新型ヴェゼルの最新アップデートでは、さらに魅力的な機能が追加されています。

特にe:HEV Xグレードにおいて、従来のウレタン巻きステアリングホイールから本革巻きステアリングホイールへのグレードアップが見込まれています。

この変更は、運転中の快適さと高級感を大幅に向上させるものです。

 

アダプティブドライビングビーム(ADB)の設定

新型ヴェゼルのe:HEV Zグレードは、アダプティブドライビングビーム(ADB)の設定に加え、フロントとリアのウィンカーをフルLED化するなど、商品力を大きく向上させる計画があります。

これらの変更は、2024年3月22日に発売予定のWR-Vとの差別化を図る重要な戦略となりそうです。

今後もグレード別の主要装備について詳しく紹介していく予定ですが、e:HEVグレードの質感が大幅に向上している印象を受けます。

ただ、これらのアップグレードにより価格が大幅に上がる可能性もあり、その点は懸念材料となっています。

 

ホンダ2代目ヴェゼルについて

ホンダ『ヴェゼル』画像 引用:Honda公式サイト

ホンダが2021年4月に発表・発売した2代目「ヴェゼル」は、ブランドの「M・M思想」を基盤に、先代から引き継いだ「センタータンクレイアウト」を特徴としています。

エクステリア(外装)について

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!画像 引用:Honda公式サイト

外観は、SUVの堅牢さと洗練されたクリーンなエネルギーを融合させたクーペのような形状で、新しい時代のVEZELを象徴しています。

フロントフェイスのリニューアルや、「DRL」や「LEDシーケンシャルターンランプ」の採用など、キープコンセプトを基本にしつつも進化しています。

また、「Honda SENSING」は全モデルに標準で搭載されています。

サンルーフには「パノラマルーフ」が採用され、エクステリアカラーには2トーンが選択可能です。また、「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」も特徴の一つです。

 

インテリア(内装)について

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!画像 引用:Honda公式サイト

インテリアは、「スリーク&ロングキャビン」を採用し、全席から開放的な視界を提供する一方で、ソリッドなフォルムで「かたまり感」を表現しています。

ハイブリッドモデルでは、Hondaの「e:HEV」2モーターハイブリッドシステムが搭載されています。

 

先進装備について

アシスト

インテリアパネルは、HMIを基本に視線の移動を減らし、操作性を向上させています。

メーターには、「4.2インチor7.0インチインストルメントクラスター」が新たに採用されています。

「オートブレーキホールド」機能や新設計のエアコン吹き出し口「そよ風アウトレット」、そして「Honda CONNECT」を通じた新世代のコネクテッド技術など、ユーザーにとって便利で安心なカーライフをサポートしています。

センターディスプレイには「9インチHonda CONNECTディスプレイ」が搭載され、「Apple CarPlay」や「Android Auto」にも対応しています。

さらに、「Honda SENSING」は、新たに「フロントワイドビューカメラ」や高速画像処理チップを採用し、8つのソナーセンサーを組み合わせることで、さまざまな安全運転支援機能を強化・追加しています。

 

主要情報

パフォーマンスチェック

全 長4330mm
全 高1580~1590mm
全 幅1790mm
車両 重量1250~1450kg
排気量1496cc
ドア数5
ミッションCVT(無段変速車)
駆動方式FF/フルタイム4WD
定員5名
WLTCモード燃費15.6~25km/L
JC08モード燃費26.4~30.4km/L

 

初代と現行型ヴェゼルの比較

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!

初代と現行型ヴェゼルの購入で迷ってる方に向けて、簡単に比較してみましたのでご参考にしてください。

初代と現行型ヴェゼルのエクステリア(外装)の比較

ホンダの2代目ヴェゼルでは、エクステリアのフロントフェイスに大きな変更が加えられました。

特に目を引くのは、「LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)」を採用したヘッドライトです。

これにより、ヴェゼルのフロントビューはより洗練された印象を与えます。

また、全モデルに「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が標準搭載されており、安全性能も強化されています。

リアデザインは、流麗なクーペフォルムを採用しており、横一文字のデザインを採用しています。

これらのデザイン要素は、現代のトレンドを取り入れつつ、ヴェゼル独自の魅力を際立たせています。

このように、ヴェゼルは現代の流行りを取り入れたデザインと、独自の良さを融合させたモデルと言えるでしょう。

初代と現行型ヴェゼルのインテリア(内装)の比較

ホンダの新型ヴェゼルのインテリアパネルは、水平・直線基調のデザインを採用しています。

このデザインは、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づき、視線移動の軽減と操作類の動線に沿った配置を実現し、運転中の視界を改善しています。

ナビゲーションディスプレイは車内デザインの中心となっており、「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応しています。

さらに、ホンダ車専用の車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載し、「Honda Total Care プレミアム」の利用が可能です。

これにより、スマートフォンを使ったリモート操作や、事故などの緊急時に車両が緊急サポートセンターに自動的に接続し、迅速かつ的確な対応を受けることができます。

また、「自動地図更新サービス」や「Hondaデジタルキー」、インターネット接続が可能な「車内Wi-Fi」など、最先端の機能が充実しています。

インテリアでは、高音質オーディオシステムも採用されており、快適なドライブをサポートします。

これらの機能により、ヴェゼルは他社のモデルを一歩先行する最先端の仕様を備えていると言えるでしょう。

 

初代と現行型ヴェゼルのインテリア(内装)の安全装備の比較

ホンダの先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は、新型ヴェゼルにおいてさらに進化を遂げています。

このシステムは、「フロントワイドビューカメラ」と高速画像処理チップを新たに採用し、車両前後に設置された合計8つのソナーセンサーと組み合わせることで、より高度な安全機能を提供します。

新機能として、「近距離衝突軽減ブレーキ」が追加され、全車に標準装備されています。

リアバンパーに配置された4つのセンサーは、後方の障害物を感知し、ドライバーに音と表示で警告を発します。

また、「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」は渋滞追従機能付きに進化し、衝突軽減ブレーキ(CMBS)、路外逸脱抑制機能、標識認識機能、車線維持支援システム(LKAS)などの各機能が先代モデルよりも強化されています。

さらに、後方誤発進抑制機能、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビームなどの新機能も追加されており、これらの機能により、新型ヴェゼルはより安全で快適な運転体験を提供します。

 

ホンダ新型ヴェゼル購入時のポイントと注意事項

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!

新型ヴェゼルの購入を検討する際には、以下のポイントを考慮することが重要です:

  1. ライフスタイルや運転環境に合ったモデルの選択
    • スポーティな走行性能を求める方には、専用サスペンションや高性能ブレーキを搭載したRSモデルが適しています。このモデルは0-100km/h加速が9秒未満で、一般的なSUVよりも優れた性能を提供します。
    • 燃費性能を重視する方には、新開発のエンジン制御システムを採用したベーシックモデルがおすすめです。市街地での燃費が15.2km/lと、同クラスの他車種と比較しても優れています。
  2. 予算に合わせたオプションの選択
    • オプション装備が多くなると価格が高くなるため、予算に合わせて必要な装備のみを選ぶことが重要です。先進の運転支援システムや高級感のある内装オプションは魅力的ですが、全て追加すると基本価格から約100万円程度の追加費用が発生する可能性があります。
  3. 納車待ちの可能性に備える
    • 新型ヴェゼルは人気が高いため、特定のモデルやカラーには納車待ちが発生することがあります。そのため、購入を検討している方は早めの予約をおすすめします。

これらのポイントを踏まえて、自分のニーズに最適なモデルを選ぶことで、新型ヴェゼルの購入がより満足のいくものになるでしょう。

 

まとめ 新型ヴェゼルマイナーチェンジ2024年のいつ?RSや価格予想の最新情報

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!

2024年にマイナーチェンジが実施される新型ヴェゼル(vezel)の発売日や価格予想、RSモデルまたはHUNT(ハント)モデルの最新情報をお届けしました!

主な変更点

  1. 新色の追加:ヴェゼルのカラーラインナップに新しい色が追加され、より多様な選択肢が提供されます。
  2. シートヒーターの標準装備:運転席と助手席にシートヒーターが標準装備され、快適性が向上します。
  3. 新しいエンジン設計:燃費と性能のバランスを追求した新しいエンジン設計が導入され、効率的な走行が可能になります。

安全装備の進化

  • 「Honda SENSING」が進化し、単眼カメラから検知能力の高いフロントワイドビューカメラに変更されます。
  • 近距離障害検知前後ソナーセンサーが新たに採用され、ブラインドスポットやオートハイビームなどの安全運転支援機能が強化されます。

ユーザビリティの向上

  • 電動パーキングブレーキの採用や、アダプティブクルーズコントロールに渋滞追従機能が付く可能性があります。
  • 急アクセル抑制機能の採用により、安全性がさらに向上します。

このマイナーチェンジにより、ヴェゼルは安全性、快適性、性能のすべてにおいて向上します。

まだまだ、未確定な情報も多いですが2024年にマイナーチェンジが実施される新型ヴェゼル(vezel)の発売日や価格予想、RSモデルまたはHUNT(ハント)モデルの最新情報を随時更新していきますので楽しみに待ちましょう!

 

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ!発売日は2024年のいつ?価格予想と最新情報!
最新情報をチェックしよう!
 data-src=なうい_国産車の最新情報発信" width="1280" height="1098" >

なうい_国産車の最新情報発信

【 国産車をメインに新型モデルやカー用品の情報を発信 】中古車買取店での査定士や販売の経験、大手タイヤメーカーでの経験、車のDIYの経験を活かしさまざまな車の情報を発信しています。【当ブログでは次のような情報を発信】✅ 国内の自動車メーカーの情報✅ おすすめカー用品✅ 毎月の新車販売台数報告Webデザイン歴17年 | 車DIY歴17年 | 車関連業界に6年在籍

CTR IMG
error: Content is protected !!