三菱トライトン新型の日本発売はいつ?価格や発売日の最新情報

三菱トライトン新型の日本発売はいつ?価格や発売日の最新情報

SUV 三菱トライトン新型の日本発売はいつ?価格や発売日の最新情報
こちらのページは、アフィリエイト広告を利用しています

2023年の7月26日、三菱自動車は新型トライトンをタイのバンコクで初めて公開し販売をスタート。

新型トライトンはまずASEAN各国で順次発売が始まりますが、ワールドプレミアの際、三菱自動車の加藤隆雄社長は「2024年には日本発売を開始する」と日本への導入を名言。

三菱の頑丈なピックアップトラックがついに日本へ帰ってきます!

当記事では、三菱新型『トライトン』が気になる、検討したいという方へ日本発売がいつなのか価格帯や発売日の最新情報をお届けします。

是非参考にしてください!

【この記事でわかること】

三菱新型『トライトン』の最新情報
三菱新型『トライトン』について
三菱新型『トライトン』のスペック

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

三菱トライトン新型の日本発売はいつ?価格や発売日の最新情報まとめ

新型トライトンの
画像引用:三菱自動車

三菱新型『トライトン』についての最新情報はこちらです!

クリーンターボディーゼルエンジン搭載
先進安全装備コネクテッドサービス強化
価格は498万0800円から540万1000円

三菱自動車は、タイで販売している新型1トンピックアップトラック「トライトン」を日本市場に12年ぶりに導入し、2024年2月15日から販売します。

価格は498万0800円から540万1000円。トライトンは1978年に発売された「フォルテ」をルーツに持ち、45年間で5世代にわたり約570万台を生産し、世界約150か国で販売されています。

新型トライトンは「Power for Adventure」のコンセプトのもと開発され、内外装デザイン、シャシー、ラダーフレーム、エンジンを一新しました。ダブルキャブの4WDで、トランスミッションは6速ATの「GLS」と「GSR」の2グレードを展開します。

強化されたラダーフレームと新開発のクリーンターボディーゼルエンジンを搭載し、走行性能と乗り心地を向上させています。

新型トライトンは7つのドライブモードを備え、あらゆる道を走破します。フロントにはダブルウィッシュボーン式サスペンション、リヤにはリーフスプリング式サスペンションを採用し、快適な乗り心地を実現しています。

デザインコンセプトは「BEAST MODE(勇猛果敢)」で、力強さと堅牢さを表現しています。

インテリアは「HORIZONTAL AXIS(ホリゾンタル アクシス)」コンセプトを採用し、機能性とデザイン性を両立させています。

先進安全装備やコネクテッドサービスも強化されており、ドライバーと乗員の安全・安心を提供します。アクセサリーも豊富に用意され、トライトンの特徴を際立たせます。

 

三菱トライトン新型の価格は?

価格をイメージする画像

498万0800円から540万1000円
三菱の公式サイトを確認すると、グレード2つのみで販売されるようです。
価格は、498万0800円から540万1000円とトヨタハイラックスよりも高額なモデルと言えます。
価格は以下の通りです。
グレード駆動ミッション価格
GSR4WD6AT¥5,401,000 ~
GLS4WD6AT¥4,980,800 ~

三菱トライトン新型の発売日は?

納期をイメージするカレンダー画像

2024年2月15日

三菱自動車は、タイで販売されている新型1トンピックアップトラック「トライトン」を、12年ぶりに日本市場に導入します。

新型トライトンの販売は、2024年2月15日から開始される予定です。

 

三菱新型『トライトン』のスペックについて

新型モデルのスペック

新型三菱トライトンは、その強力なパフォーマンスと革新的なデザインで、冒険のための力を提供。

1978年の初登場以来、この車は5世代にわたり進化を続け、その間に約560万台が生産されてきました。

一部の国や地域では「L200」として知られていますが、その本質は変わりません。新型トライトンは、内外装からシャシー、ラダーフレーム、エンジンに至るまで、全面的に刷新されています。

 

デザインについて

新型トライトンのイラスト画像引用:三菱自動車

力強さと堅牢さ、そして俊敏さを兼ね備えたデザイン

新型三菱トライトンは、そのデザインコンセプト「BEAST MODE」を通じて、力強さと堅牢さ、そして俊敏さを兼ね備えた堂々とした姿を表現しています。

コンセプトは、ピックアップトラックのタフさと三菱自動車の特性を融合させ、猛禽類の眼光を思わせるデイタイムランニングランプや立体的なヘッドライトを用いて圧倒的な存在感を放つデザインに仕上げています。

 

内装においては、「HORIZONTAL AXIS(ホリゾンタル・アクシス)」というコンセプトを進化させたインストルメントパネルが採用されています。

これは、乗員の保護を目的としたソフトパットの使用や、幾何学的な造形とメタリックを多用したハイコントラストな空間作りにより、実用性とデザイン性を両立させています。

 

ユーティリティ性も重視されており、大型カップホルダーやコンソールボックス、スマートフォンホルダーなどが設けられ、手袋をしたままでも操作しやすいよう配慮されています。

 

新型三菱トライトンは、その力強さと堅牢さ、そして俊敏さを兼ね備えたデザインと、実用性と安全性を追求した設計がされています。

 

エンジンについて

新型トライトンのエンジン画像引用:三菱自動車

クリーンディーゼルターボエンジン「4N16」

新型三菱トライトンは、エコロジーとパワーの両立を目指した新たな2.4リッターのクリーンディーゼルターボエンジン「4N16」を搭載しています。

このエンジンは、高出力バージョンと標準バージョンの2つの仕様があり、高出力バージョンでは新型のターボチャージャーと燃焼システムを採用。

これにより、最大出力150kW、最大トルク470Nmを約1500rpmから発揮し、実用的な範囲でのレスポンス性とトルクフルな走行を実現しています。

標準仕様では、最大出力135kW/最大トルク430Nmと、最大出力110kW/最大トルク330Nmの2つのエンジンが設定されており、どちらもタービン容量を可変制御するVGターボチャージャーを採用しています。

 

トランスミッションについて

6速ATと6速MT

トランスミッションには6速AT(スポーツモード付き)と、振動を低減し快適性を向上させるためにシフトレバーをワイヤー式にした6速MTが採用されています。

また、高出力仕様のエンジンを搭載したモデルには、新たに電動パワーステアリングが採用されています。これにより、低速時には操作性を向上させ、高速時には安心感を提供する設定が可能となっています。さらに、路面からの反動を軽減し、オフロードや牽引時に考慮したチューニングも行われています。

4WDシステムは、ダイヤル式のセレクターで走行中に簡単に4WDモードを変更でき、前後の駆動力配分を40%:60%に設定。三菱独自のスーパーセレクト4WD-IIと、イージーセレクト4WDが採用されています。

スーパーセレクト4WD-II搭載車では、後輪駆動の「2H」、フルタイム4WDの「4H」、センターディファレンシャル直結の「4HLc」、さらにローギヤの「4LLc」の4種類が選択可能で、オフロード4モードからオンロードを含む7モードに増加しています。これにより、あらゆる路面で最適なドライブモードを選択できます。

また、新たにアクティブヨーコントロール「AYC」を採用し、コーナー内側の前輪に微弱なブレーキをかけることで旋回性能を向上させることが可能です。さらに、2WD/4WDモデル共にアクティブLSD(ブレーキ制御タイプ)を採用しており、滑りやすい路面での安全性が向上すると共にスポーティな運転を楽しむことができます。

ボディ・フレームについて

新型トライトンのボディ

より強固でより軽量に

三菱の新型トライトンは、そのフレームの設計において革新的なアプローチを採用。

新たに開発されたラダーフレームは、従来のモデルと比較して断面積が65%増加し、曲げ剛性とねじり剛性がそれぞれ40%、60%向上。

これは、ハイテン鋼の使用比率を大幅に増やすことで達成され、その結果、フレームの重量増は最小限に抑えられています。

この強化されたフレームは、走行性能と乗り心地の向上に大いに貢献しています。また、荷物を積載した際の耐久性や、衝突時のエネルギー分散性も向上し、全体的な堅牢性が高まっています。

 

さらに、ボディにも同様の工夫が見られます。新たに1180MPaのハイテン鋼が採用され、従来のモデルと比べて軽量化が図られています。

この1180MPaのハイテン鋼は、一般的な鋼材の強度が数百MPa程度であることを考えると、非常に高い強度を持つ鋼材と言えます。これにより、薄くても十分な強度を確保でき、車体の軽量化に寄与します。

また、衝突時には大きな力が車体に加わりますが、ハイテン鋼はその力を吸収し、乗員室の変形を最小限に抑えることができます。これらの改良により、新型トライトンは、より強固で、より軽量で、そしてより効率的なパフォーマンスを提供してくれます。

 

サスペンションは、フロントにダブルウィッシュボーン式を採用し、信頼性と耐久性を重視した新設計となっています。

4WDおよび2WDのハイライダーでは、アッパーアーム取り付け部を上方に移動し、ストロークを20mm増やして接地性と乗り心地を向上させたハイマウントタイプを採用しています。

リアサスペンションは、強度を維持しながら軽量化したリーフスプリング式を採用し、大径化されたショックアブソーバーと共に快適な乗り心地を実現しています。

さらに、メンテナンス性の向上のため、アンダーカバーを外さずにエンジンオイルの交換が可能なドレーンボルトの位置を変更し、ガレージジャッキがアタッチメントなしで使用できるようにサービスホールを拡大しています。

また、6速MT車はギヤオイルの交換が不要となるなど、メンテナンスフリー化も進められています。

 

安全装備について

新型トライトンの室内

強化された先進的な安全装備

新型三菱トライトンは、先進的な安全装備を強化しています。新たに追加されたレーダークルーズコントロールシステム「ACC」は、先行車の加速・減速・停止に追従し、設定した車間距離を保ちながら走行します。これにより、ドライバーはより安全で快適なドライビング体験を得ることができます。

また、衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」は、前方の障害物を検知し、必要に応じて自動的にブレーキを作動させることで、衝突のリスクを軽減します。これにより、ドライバーは予期しない状況でも安全に対応することができます。

さらに、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)「BSW/LCA」は、車両の後方や死角にある車両を検知し、ドライバーに警告します。これにより、レーンチェンジ時の安全性が向上します。

後退時交差車両検知警報システム「RCTA」は、車両の後方から交差してくる車両を検知し、ドライバーに警告します。これにより、駐車場などでの後退時の安全性が向上します。

これらの装備により、新型トライトンは高い安全性を提供します。これらの機能は、ドライバーが安全に、そして自信を持って運転できるようにするためのものです。新型トライトンは、これらの先進的な安全装備を通じて、ドライバーとその乗客の安全を最優先に考えています。

 

まとめ 三菱トライトン新型の日本発売はいつ?価格や発売日の最新情報

三菱トライトン新型の日本発売はいつ?価格や発売日の最新情報

今回は、三菱トライトン新型の日本発売はいつ頃なのか価格や発売日の最新情報をお届けしました。

三菱自動車は、新型1トンピックアップトラック「トライトン」を日本市場に12年ぶりに導入し、2024年2月15日より販売開始します。

価格は498万0800円から540万1000円で、「フォルテ」をルーツに持つトライトンは、約570万台を世界約150か国で販売してきました。

新型トライトンは「Power for Adventure」コンセプトのもと、内外装デザインやシャシーなどが一新され、2つのグレード「GLS」と「GSR」を展開。新開発のクリーンディーゼルエンジン、強化されたラダーフレーム、7つのドライブモード、先進安全装備などを備え、高剛性と優れた走行性能を提供します。

発売までもう少し!

こういったイカツイトラックは大好きです!

今後も、三菱トライトン新型の日本発売はいつ頃なのか価格や発売日の最新情報を随時更新していきます。

 

新車購入の裏ワザ:あなたの愛車、本当の価値はいくら?

 

新車購入の際、多くの方が値引き交渉を重要視します。

しかし、現実的には新型モデルの値引きは0円~10万円と、期待ほどの効果は見込めません。では、どうすれば新車をお得に手に入れることができるのでしょうか?

中古車販売・買取り業者を経験の基に解説していきます。

 

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

重要なのは「今乗っている車の価値」

新車購入の際、今お乗りの車をどうするかがポイントです。下取りや中古車買取り業者への売却が考えられますが、ここで一つのアドバイス:「下取り」は避け、一括査定を利用しましょう。

 

 

なぜ下取りは避けるべきなのか?

下取りは新車購入と同時に古い車をディーラーが引き取るサービスです。手軽ですが、買取りと比較して査定額が低くなる傾向があります。その理由は、将来の相場を予測し、安全マージンを含めた価格設定がされるからです。

一方で、「買取り」は、中古車買取専門店が現在の相場で車を買い取るもの。多少手間はかかりますが、下取りよりも高額な査定が期待できます。

 

中古車一括査定サイトの活用

時間と労力を考えると、複数の買取専門店に一度に査定依頼できる「中古車一括査定サイト」がおすすめです。特に現在は新車の納期遅延が相次ぎ、中古車への需要が高まっています。このチャンスを活かし、高値での売却を目指しましょう。

 

よくある疑問にお答えします

「一括査定サイトって何?」
複数の中古車買取専門店に一度に査定依頼ができるサービスです。
 
「どこの一括査定がいいの?」
各サイトには特徴があります。オススメのサイトを後ほどご紹介します。

 

「どこが一番いいの?」
それぞれのニーズに合ったサイトを選んでください。

 

地元の中古車買取業者を訪れるのも一つの方法ですが、一括査定サイトを利用すれば、同時に複数の業者から査定額を知ることができ、最高額での売却が可能です。

下取りで30万だった車が、一括査定では60万~80万で売却できることもあります。

 

それでは、オススメの一括査定サイトを一覧でご紹介いたします。

 

私が良く利用するオススメのサービスは以下の3つです!詳細の方もページ下部に掲載しています。

おすすめ1.電話ラッシュが嫌なら『MOTA』査定額上位3社のみと交渉!!

おすすめ2.最大30社が参加する『カーセンサー』!!数多く比較ができます!!

おすすめ3.オークション形式の『ユーカーパック』!!時間があるなら高い売却額を目指せる!!

 

おすすめ買取サービス『MOTA』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約200社以上(5社中3位)
最大査定社数
最大3社(5社中3位)
管理人レビュー

当ブログでオススメする、査定サービスの1つがMOTA!! MOTAでは、一括査定申込直後に発生するオートコールによる電話がないというのが嬉しいです! 一括査定の依頼するボタンを押した瞬間、オートコールの嵐になるので困る方も多いかとおもいます。 しかし、MOTAでは最大20社で概算査定を行い査定額上位3社の査定額が、翌日の18時にWeb上で確認ができます。煩わしい電話でのアポイント確認や交渉などが不要なので、忙しい方にはピッタリかもしれませんね!

実際に私も12年前のダイハツ ムーヴの売却の際に利用してみましたが、煩わしいオートコールがないのと翌日には最高値を提示してくれた業者1社と値段交渉をし、7万円のムーヴが15万円にまで買取査定額がアップしました。
査定額というのは、MOTAに限らず高値を付けてくれるところもございますが、オートコールがないので交渉するのが1社のみというのがとても助かりましたので、オススメしています!

おすすめ買取サービス 『カーセンサー』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約1000社(5社中2位)
最大査定社数
最大30社(5社中1位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つが『カーセンサー』。 リクルートが運営しているサイトで、安心感がある一括査定サイトですね!提携社数や最大査定社数、実績も多数ございます!迷ったらまず、カーセンサーで間違いないと思います! 車の売却初めての方でも安心してご利用できます!

おすすめ買取サービス『 ユーカーパック』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約5000社(5社中1位)
最大査定社数
最高額を出した1社のみ(5社中5位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがユーカーパック!! オークション型で査定が行われ、煩わしいオートコールがないので余計な電話交渉が必要ないです!1番高い査定額を出した業者とのみ連絡がとれるので、何社も査定をしてもらうという手間が省けます! 提携されている数も約5000社以上とダントツ1位です! 電話対応が面倒な方や忙しい方はこちらがオススメです!

おすすめ買取サービス『 ズバット車買取比較』

オススメ度
★★★★☆( 4 / 5点)
提携社数
200社(5社中3位)
最大査定社数
最大10社(5社中2位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがズバット車買取比較! 大手上場会社が運営されている買取査定サービスです!こちらの運営会社は、他にも、一括査定のサイトを運営していることから、サイトの使いやすさは1番ですね! 入力時間は最短32秒と、パパっと済ませることができ、車に詳しくない方でも情報を入力しやすいサイト設計となっております! また、抽選となりますが現金10万円のプレゼントキャンペーンもされているのが嬉しいポイントですね! お得にクルマの査定見積もりを実施されたい方はこちらもオススメですよ!

おすすめ買取サービス『カーネクスト』

オススメ度
★★★★☆( 4 / 5点)
提携社数
1社(5社中5位)
最大査定社数
1社(5社中5位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがカーネクスト! 電話一本で査定から契約が可能です!来店も不要!店舗での査定もなし!すべて電話でお車の状態をヒアリングして査定額を提示!大きな相違がなければ減額は0円!一括査定と大きく異なるのが、複数の業者とのやりとりは発生しません!もちろん大量の電話営業もありません!全国どこでもレッカーで引き取りに来てくれてレッカー代は無料!その他の面倒な手続きも代行してくれます!忙しい方にはピッタリな査定サービスです!
三菱トライトン新型の日本発売はいつ?価格や発売日の最新情報
最新情報をチェックしよう!
 data-src=なうい_国産車の最新情報発信" width="1280" height="1098" >

なうい_国産車の最新情報発信

【 国産車をメインに新型モデルやカー用品の情報を発信 】中古車買取店での査定士や販売の経験、大手タイヤメーカーでの経験、車のDIYの経験を活かしさまざまな車の情報を発信しています。【当ブログでは次のような情報を発信】✅ 国内の自動車メーカーの情報✅ おすすめカー用品✅ 毎月の新車販売台数報告Webデザイン歴17年 | 車DIY歴17年 | 車関連業界に6年在籍

CTR IMG
error: Content is protected !!