フロンクスは、力強さとエレガンス、優れたパワートレインが見事に融合させており、高いレベルでバランスの取れたSUV車です。 また価格の割安感も見逃せません。 マルチ・スズキのマーケティング&セールス担当シニア・エグゼクティブ・オフィサーのシャシャンク氏によれば、「新型フロンクスはその先進的な特性と独自の魅力で、SUV市場でリーダーシップを握るであろう」との見解を示しています。 シャシャンク氏のこの発言には、フロンクスが持つ多角的な魅力や最先端の技術、そして多様なパワートレインどが大いに寄与していると考えられます。 日本国内での登場仕様に対する期待は高く、フロンクスがどのようなインパクトを市場に与えるか、今から注目です。

スズキ新型『フロンクス』のボディサイズは?競合モデルとのサイズ感比較まとめ!!

SUV フロンクスは、力強さとエレガンス、優れたパワートレインが見事に融合させており、高いレベルでバランスの取れたSUV車です。 また価格の割安感も見逃せません。 マルチ・スズキのマーケティング&セールス担当シニア・エグゼクティブ・オフィサーのシャシャンク氏によれば、「新型フロンクスはその先進的な特性と独自の魅力で、SUV市場でリーダーシップを握るであろう」との見解を示しています。 シャシャンク氏のこの発言には、フロンクスが持つ多角的な魅力や最先端の技術、そして多様なパワートレインどが大いに寄与していると考えられます。 日本国内での登場仕様に対する期待は高く、フロンクスがどのようなインパクトを市場に与えるか、今から注目です。
こちらのページは、アフィリエイト広告を利用しています

2023年1月12日にインドで『Auto Expo 2023』が開催され、その際に新型SUVスズキ『フロンクス』が発表されました。

同年4月にはインド市場で販売が開始され、2024年には日本市場にも導入される予定となっています。

価格や発売日も気になりますが、ボディサイズを考慮して購入を検討されている方も多いでしょう。

当記事では、スズキ新型『フロンクス』のボディサイズと競合モデルの比較をまとめていきます。

検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

 

【この記事でわかること】

スズキ新型『フロンクス』のボディサイズ
 競合モデルとの比較

 

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

 

発売日や価格については以下の記事をご参考にしてください。

関連記事

2023年1月12日にインドで開催された『Auto Expo 2023』でスズキ自動車は、新型となるSUV『フロンクス』を発表しました。発表の3か月後、同年4月24日にはスズキインド法人『マルチ・スズキ・インディア』が新型SUV『フ[…]

スズキ新型フロンクス日本発売はいつ?発売日や価格予想の最新情報

 

 

スズキ新型『フロンクス』のボディサイズは?

新型SUVフロンクスの画像1

画像引用:スズキ

全長3,995mm
全幅1,765mm
全高1,550mm
最低地上高170mm
ホイールベース2,525mm
インド市場で販売が開始されたスズキ新型『フロンクス』は、全長3,995mm、全幅1,765mm、全高1,550mm、最低地上高170mm、ホイールベース2,525mm。
このままのサイズで日本市場に導入された場合、全長が4m未満となるためコンパクトSUVの中でも比較的小さいモデルとなり、トヨタ『ライズ』、ダイハツ『ロッキー』と同様のサイズ感と言えます。
全高は新型フロンクスの方が低く、クーペスタイルのボディ形状となっているためスタイリッシュさが強調されている。
全高は低いが、全幅はライズ/ロッキーよりも70mm大きいため室内に置いても十分なスペースが確保され5名乗車可能です。
タイヤサイズは、195/60R16で最低地上高は170mm確保されています。
日本市場のコンパクトSUVの中でも、取り回しがしやすいモデルと言えるでしょう。

スズキ新型『フロンクス』と国内競合モデルとの比較

ボディサイズのイメージ図

日本市場でも比較的コンパクトに抑えられた、スズキ新型『フロンクス』はどのくらいコンパクトに抑えられているのか、国内で販売されている人気コンパクトSUVのサイズ感を比較していきましょう。

これから発表されるであろう新型モデルも含まれておりますので、ぜひ参考にしてください。

数値は平均値となり、駆動方式やグレードによって多少異なります。

予めご了承ください。

 

メーカーモデル全長全幅全高ホイールベース最低地上高
トヨタライズ3,995mm1,695mm1,620mm2,525mm185mm
トヨタヤリスクロス4,180mm1,765mm1,590mm2,650mm170mm
トヨタC-HR4,385mm1,795mm1,550mm2,640mm140mm
トヨタヤリス クロス(新型モデル予想)4,310mm1,770mm1,695mm2,620mm210mm
レクサスLBX4,190mm1,825mm1,545mm2,580mm約150mm
マツダCX-34,275mm1,765mm1,550mm2,570mm160mm
マツダCX-304,395mm1,795mm1,540mm2,655mm175mm
ホンダWR-V4,060mm1,780mm1,608mm2,485mm207mm
ホンダヴェゼル4,330mm1,790mm1,580mm2,610mm180mm
日産キックス4,330mm1,760mm1,605mm2,620mm170mm
スズキフロンクス3,995mm1,765mm1,550mm2,525mm170mm
スズキジムニーシエラ3,550mm1,645mm1,730mm2,250mm195mm

 

日本市場でほとんどのコンパクトSUVが4mを超えているのに対して、4m未満のモデルは比較的少なく、取り回しがしやすく運転がしやすいライズやロッキーがダントツの人気モデル。

そんな中、同等クラスサイズ感を持つ『フロンクス』が日本に導入されたら市場がどう動くか、個人的にはライズやロッキーには及ばないかもしれませんがどのくらいの人気が出るのか期待しています。

 

 

スズキ新型『フロンクス』の他の魅力は?

販売条件のイメージ画像

スズキのインド支社、『マルチ・スズキ・インディア』が提供するフロンクスを基にしていますが、情報の中には予測も含まれている点、ご了承ください。

 

スズキ新型「フロンクス」は、その4m未満のボディサイズとスタイリッシュな外観で注目を集めます。

フロントエンドは、鋭いグリルが目立ちSUVらしくタフ感が強調されています。

リアのデザインは、幅広さをアピールし、クーペのようなデザインが洗練された雰囲気を持っています。

それはまるで小さな『ハリアー』を思わせるようなデザインです。

 

車内を見ると、豪華さと機能性が目を引きます。

ダッシュボードは、2つの色合いでデザインされ、メタリックなマットな仕上げとシルバーのハイライトが高級感を増しています。 さらに、ワイヤレス充電器、リアエアコン、ヘッドアップディスプレイなど、ドライブをより快適にするための設備が充実しています。

 

エンジンの選択肢: 2つのエンジンオプションが提供されています。

1つ目は、1.0LターボエンジンとISGを採用したマイルドハイブリッドバージョン。

2つ目は、1.2Lガソリンエンジンで、アイドリング停止機能が搭載されています。

これらのエンジンはそれぞれ異なる特徴を持ち、ユーザーの要望に合わせて選択することができます。

 

また、半導体の影響により新型モデルは値引きとても渋く、値引き額『0円』から『10万円』ほどのモデルが多く見受けられます。

値引き交渉をしたくても、値引き交渉が苦手という方も多く、値引き額が少ない場合、次のようなDMをいただくことも多いです。

 

新車の値引きが期待できない場合はどうしたら良いですか?
それは、今乗っている車を高額で売却するという事です。

 

現在の新型モデルは、半導体不足の影響や物流コストの高騰、部材の高騰などで利益があまり取れなく値引きが期待できません。

値引きが難しい場合は、今乗っている車を高く売却する手段が一番効果的です。

 

買取業者を探す必要がありますが、査定自体が面倒で車を購入したお店に下取りしてもらうという方も少なくないはずです。

しかし、この下取りという売却と自動車買取専門店の買取金額の方が数十万円、百万円単位で変わるというのはご存じでしょうか?

 

元査定士の軽経験上下取りの金額より中古車買取店が査定し提示した結果は、ほぼ下取りより高価格が提示できます。

 

しかし、中古車買取店などを1件1件回って査定をすると膨大な時間と労力が必要となりオススメできません。

 

そこで、私がオススメするのは自動車買取一括査定が『MOTA車買取 』!!

 

『MOTA車買取の特徴として、写真不要で車の基本情報などを入力すれば、翌日の18時頃には、『MOTA車買取 』のWEBサイト上で概算査定が算出されるので、働いている間や寝てる間に気づけば査定額が出ています!!

 

他社様の自動車買取一括査定を利用すると、申し込みのボタンを押したその瞬間から、何十社という買取店から一斉に電話での商談が来ますので、オススメできません。

 

でも、『MOTA車買取 』は直接やりとりするのは、査定額上位3社のみです

とりあえず概算のみでも良いですし、より詳細な査定額が知りたい場合は実車の査定も可能です!!

私の知っている中で最も手軽に車の買取金額が調べられるのは、『MOTA車買取 』でしょう!!

 

是非ご活用ください!!

 

\車を高く売りたいなら!!/

MOTA車買取はこちら

45秒で入力完了! カンタン ネット車査定!!

 

MOTAの特徴
 申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!
 ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる!
 高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK!

 

 

新車購入の裏ワザ:あなたの愛車、本当の価値はいくら?

 

新車購入の際、多くの方が値引き交渉を重要視します。

しかし、現実的には新型モデルの値引きは0円~10万円と、期待ほどの効果は見込めません。では、どうすれば新車をお得に手に入れることができるのでしょうか?

中古車販売・買取り業者を経験の基に解説していきます。

 

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

重要なのは「今乗っている車の価値」

新車購入の際、今お乗りの車をどうするかがポイントです。下取りや中古車買取り業者への売却が考えられますが、ここで一つのアドバイス:「下取り」は避け、一括査定を利用しましょう。

 

 

なぜ下取りは避けるべきなのか?

下取りは新車購入と同時に古い車をディーラーが引き取るサービスです。手軽ですが、買取りと比較して査定額が低くなる傾向があります。その理由は、将来の相場を予測し、安全マージンを含めた価格設定がされるからです。

一方で、「買取り」は、中古車買取専門店が現在の相場で車を買い取るもの。多少手間はかかりますが、下取りよりも高額な査定が期待できます。

 

中古車一括査定サイトの活用

時間と労力を考えると、複数の買取専門店に一度に査定依頼できる「中古車一括査定サイト」がおすすめです。特に現在は新車の納期遅延が相次ぎ、中古車への需要が高まっています。このチャンスを活かし、高値での売却を目指しましょう。

 

よくある疑問にお答えします

「一括査定サイトって何?」
複数の中古車買取専門店に一度に査定依頼ができるサービスです。
 
「どこの一括査定がいいの?」
各サイトには特徴があります。オススメのサイトを後ほどご紹介します。

 

「どこが一番いいの?」
それぞれのニーズに合ったサイトを選んでください。

 

地元の中古車買取業者を訪れるのも一つの方法ですが、一括査定サイトを利用すれば、同時に複数の業者から査定額を知ることができ、最高額での売却が可能です。

下取りで30万だった車が、一括査定では60万~80万で売却できることもあります。

 

それでは、オススメの一括査定サイトを一覧でご紹介いたします。

 

私が良く利用するオススメのサービスは以下の3つです!詳細の方もページ下部に掲載しています。

おすすめ1.電話ラッシュが嫌なら『MOTA』査定額上位3社のみと交渉!!

おすすめ2.最大30社が参加する『カーセンサー』!!数多く比較ができます!!

おすすめ3.オークション形式の『ユーカーパック』!!時間があるなら高い売却額を目指せる!!

 

おすすめ買取サービス『MOTA』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約200社以上(5社中3位)
最大査定社数
最大3社(5社中3位)
管理人レビュー

当ブログでオススメする、査定サービスの1つがMOTA!! MOTAでは、一括査定申込直後に発生するオートコールによる電話がないというのが嬉しいです! 一括査定の依頼するボタンを押した瞬間、オートコールの嵐になるので困る方も多いかとおもいます。 しかし、MOTAでは最大20社で概算査定を行い査定額上位3社の査定額が、翌日の18時にWeb上で確認ができます。煩わしい電話でのアポイント確認や交渉などが不要なので、忙しい方にはピッタリかもしれませんね!

実際に私も12年前のダイハツ ムーヴの売却の際に利用してみましたが、煩わしいオートコールがないのと翌日には最高値を提示してくれた業者1社と値段交渉をし、7万円のムーヴが15万円にまで買取査定額がアップしました。
査定額というのは、MOTAに限らず高値を付けてくれるところもございますが、オートコールがないので交渉するのが1社のみというのがとても助かりましたので、オススメしています!

おすすめ買取サービス 『カーセンサー』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約1000社(5社中2位)
最大査定社数
最大30社(5社中1位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つが『カーセンサー』。 リクルートが運営しているサイトで、安心感がある一括査定サイトですね!提携社数や最大査定社数、実績も多数ございます!迷ったらまず、カーセンサーで間違いないと思います! 車の売却初めての方でも安心してご利用できます!

おすすめ買取サービス『 ユーカーパック』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約5000社(5社中1位)
最大査定社数
最高額を出した1社のみ(5社中5位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがユーカーパック!! オークション型で査定が行われ、煩わしいオートコールがないので余計な電話交渉が必要ないです!1番高い査定額を出した業者とのみ連絡がとれるので、何社も査定をしてもらうという手間が省けます! 提携されている数も約5000社以上とダントツ1位です! 電話対応が面倒な方や忙しい方はこちらがオススメです!

おすすめ買取サービス『 ズバット車買取比較』

オススメ度
★★★★☆( 4 / 5点)
提携社数
200社(5社中3位)
最大査定社数
最大10社(5社中2位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがズバット車買取比較! 大手上場会社が運営されている買取査定サービスです!こちらの運営会社は、他にも、一括査定のサイトを運営していることから、サイトの使いやすさは1番ですね! 入力時間は最短32秒と、パパっと済ませることができ、車に詳しくない方でも情報を入力しやすいサイト設計となっております! また、抽選となりますが現金10万円のプレゼントキャンペーンもされているのが嬉しいポイントですね! お得にクルマの査定見積もりを実施されたい方はこちらもオススメですよ!

おすすめ買取サービス『カーネクスト』

オススメ度
★★★★☆( 4 / 5点)
提携社数
1社(5社中5位)
最大査定社数
1社(5社中5位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがカーネクスト! 電話一本で査定から契約が可能です!来店も不要!店舗での査定もなし!すべて電話でお車の状態をヒアリングして査定額を提示!大きな相違がなければ減額は0円!一括査定と大きく異なるのが、複数の業者とのやりとりは発生しません!もちろん大量の電話営業もありません!全国どこでもレッカーで引き取りに来てくれてレッカー代は無料!その他の面倒な手続きも代行してくれます!忙しい方にはピッタリな査定サービスです!

 

フロンクスは、力強さとエレガンス、優れたパワートレインが見事に融合させており、高いレベルでバランスの取れたSUV車です。 また価格の割安感も見逃せません。 マルチ・スズキのマーケティング&セールス担当シニア・エグゼクティブ・オフィサーのシャシャンク氏によれば、「新型フロンクスはその先進的な特性と独自の魅力で、SUV市場でリーダーシップを握るであろう」との見解を示しています。 シャシャンク氏のこの発言には、フロンクスが持つ多角的な魅力や最先端の技術、そして多様なパワートレインどが大いに寄与していると考えられます。 日本国内での登場仕様に対する期待は高く、フロンクスがどのようなインパクトを市場に与えるか、今から注目です。
最新情報をチェックしよう!
 data-src=なうい_国産車の最新情報発信" width="1280" height="1098" >

なうい_国産車の最新情報発信

【 国産車をメインに新型モデルやカー用品の情報を発信 】中古車買取店での査定士や販売の経験、大手タイヤメーカーでの経験、車のDIYの経験を活かしさまざまな車の情報を発信しています。【当ブログでは次のような情報を発信】✅ 国内の自動車メーカーの情報✅ おすすめカー用品✅ 毎月の新車販売台数報告Webデザイン歴17年 | 車DIY歴17年 | 車関連業界に6年在籍

CTR IMG
error: Content is protected !!