セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

こちらのページは、アフィリエイト広告を利用しています

日産セレナe-POWERは買って後悔するという声がある一方で、実際にはその理由は様々です。

実燃費が悪いのか、システム故障や不具合などに問題があるのか、現在所有している方や、これから購入を検討されている方にとって気になる内容かと思います。

そこで当記事では、セレナe-POWERは買って後悔するのか、システム故障の不具合やその他の問題や不満によるものなのか解説していきます。

これらを理解することで、自分にとってセレナe-POWERが適切な選択かどうかを見極めることができます。

【この記事でわかること】
日産セレナe-POWERを買って後悔する理由について
日産セレナe-POWERを口コミ
日産セレナe-POWERの概要
       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

この記事の目次

日産セレナe-POWERとは?

新型セレナの画像画像 引用:日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン Webカタログ トップ

  • 革新的なe-POWERシステム
    エンジンで発電し、電気モーターで駆動することで、ガソリン車に比べて静かでスムーズな走りを実現します。
  • 燃費の良さ
    e-POWERシステムにより、都市部での運転では特に燃費性能が高くなります。
  • ファミリーに優しい設計
    広い室内空間、使いやすいシートアレンジ、多彩な収納スペースなど、家族での使用に配慮した設計がされています。

セレナ e-POWERは、日産が提供する革新的な電動化技術「e-POWER」を採用したモデルです。

このシステムは、ガソリンエンジンを使用して発電し、その電力をリチウムイオンバッテリーに蓄えるか、直接走行用モーターに供給して車を動かします。

実際の走行は、この電力によって駆動されるモーターによって行われるため、エンジン自体は直接車輪を駆動しません。

この方式により、セレナ e-POWERは、内燃機関車と比べてスムーズな加速性能と高い燃費効率を実現しています。

ガソリンエンジンは最適な回転数で運転されるため、エネルギーの無駄遣りが少なく、都市部でのストップ&ゴー走行でも効率的に電力を生成し続けることができます。

セレナ e-POWERは、その電動化技術によって、従来のガソリン車やハイブリッド車にはない独特の走行感と環境性能を提供し、特に都市部での使用においてそのメリットを最大限に発揮します。

また、家族向けのミニバンとしての広々とした室内空間や快適な乗り心地も、多くのユーザーから高い評価を受けています。

 

日産セレナe-POWERを買って後悔するという理由

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

日産セレナe-POWERを買って後悔するという理由について詳細を紹介していきます。

買って後悔する理由1:燃費が良くない

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

  • 高い車両価格と燃費の実態
  • 短距離運転ではコストパフォーマンスが低い

セレナe-POWERは、その先進的なe-POWERシステムの導入により高価格設定となっており、特に短距離運転が主なユーザーにとっては、その価格に見合う経済性が得られにくいという意見があります。

また、実際の燃費がカタログ値から大きく下回ることも、燃費を重視するユーザーにとっては大きなデメリットとなっています。

実際に新車で購入したユーザーの後悔ポイントは重要な情報で、多くのユーザーが燃費の悪さ、騒音問題、ブレーキの性能に関して不満を感じています。

特に、エンジンの高回転に伴う騒音や、回生ブレーキの効きに対する懸念は、購入前に把握しておくべきポイントでしょう。

 

買って後悔する理由2:エンジン音が気になる

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

  • 山道や高速でのエンジンのうるさい音
  • 高速や坂道でのパワー不足感
  • 回生ブレーキの効きの悪化や、高回転時の騒音問題

セレナe-POWERのエンジン性能に関するユーザーの声では、山道や高速道路での高回転時のエンジン音がうるさいという指摘が多く見られます。

特に、バッテリーの充電状態が低下すると、車のパフォーマンスが落ち、高速道路や長い坂道での走行が苦手であると感じる人もいます。

また、回生ブレーキの効きがバッテリー満充電時に悪くなる、または雪道でのブレーキ性能に不安を感じる声もあります。

 

買って後悔する理由3:電動パーキング

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

セレナe-POWERの購入を検討している方々にとって、電動パーキングブレーキの有無は重要な判断材料となることがあります。

従来の手動式や足踏み式のパーキングブレーキと比較して、電動パーキングブレーキは操作の便利さや安全性で優れています。

センターコンソールに配置されたスイッチを引き上げるだけで簡単に作動させることができ、力の弱い方でも安心して使用できる確実なブレーキ力が魅力です。

電動パーキングブレーキは、スイッチ操作一つで最大のブレーキ力を発揮し、速度調整が楽になるため、運転中の操作ミスを防ぐことにも寄与します。

この機能を搭載することで、より安全で快適なドライブを実現することができるため、多くのユーザーがその価値を高く評価しています。

そのため、セレナe-POWERを購入する際には、電動パーキングブレーキのオプションを検討することをお勧めします。

価格が少し高くなるかもしれませんが、その便利さと安全性を考慮すれば、長期的に見ても有益な投資となるでしょう。

購入前には、是非ともこの機能のメリットを考慮に入れて、最適な選択を行ってください。

 

買って後悔する理由4:バッテリーと電子制御

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

  • バッテリー充電量の低下によるパワーダウンリスク
  • 回生ブレーキの効きの問題
  • 走行中の不快な電子音

セレナe-POWERのバッテリーと電子制御に関しては、バッテリー充電量が低下すると車両のパフォーマンスに影響が出ること、特に冬場や雪道での回生ブレーキの効きの悪化が指摘されています。

また、走行時やバック時に特有の電子音が発生し、これが一部のユーザーにとっては不快な要素となっているようです。

 

買って後悔する理由5:3列目シート

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

セレナe-POWERの3列目シートに関するユーザーからのフィードバックでは、特に収納の際の手間が課題として挙げられています。

多くのライバル車では、シートを跳ね上げるだけで自動的にロックされ、収納が簡単に行える機能が標準装備されているのに対し、セレナでは3列目のシートの収納に際してレッグ部分を手動で折りたたむ必要があります。

この操作が比較的面倒だと感じるユーザーが少なくないようです。

この差は、日常的に3列目シートを使用し、頻繁に収納するユーザーにとっては特に大きな負担になり得ます。

たとえば、大人数での移動や、荷物を多く積む場合など、3列目シートの利用頻度が高い家庭では、この収納の手間が日々のストレスとなる可能性があります。

セレナe-POWERの多くの魅力的な機能や快適性と同時に、この点についても購入前に検討すべき事項と言えるでしょう。

 

買って後悔する理由6:オットマン

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

セレナe-POWERのオットマン(足を置くための伸張部)については、ディーラーオプションとして提供されており、2列目シートには標準装備されていない点がライバル車との大きな違いとして指摘されています。

ノアやステップワゴンのような同クラスの競合車では、2列目シートにオットマンが装備されている場合が多いため、セレナe-POWERを検討する際にはこの点を考慮する必要があります。

また、セレナe-POWERのオプションとしてのオットマンは、シート前にユーザー自身で設置するタイプであることから、使い勝手に不便を感じるという声も聞かれます。

乗り心地やリラックス機能を重視するユーザーにとっては、購入の際に重要な比較ポイントとなり得るため、オットマンの有無や種類について事前に情報を収集し検討することが推奨されます。

 

買って後悔する理由7:システム不具合

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

前型のセレナe-POWERであったいくつかの不具合にも注目する必要があります。

これらの問題が改善されていれば良いですが、前型モデルを購入する方は特に注意する必要があります。

これらの問題は、車の安全性や快適性に直接影響を与えるものであり、購入前に知っておくべき重要なポイントです。

 

プロパイロットの制動不良

セレナe-POWERのプロパイロット機能には、自動ブレーキが遅れるという問題が報告されています。これは、ABSアクチュエーターというパーツが車速を0kmと誤認識し、自動ブレーキが作動しなくなる場合があるためです。この問題は、日産ディーラーでのパーツ交換で対応可能です。

 

システム故障

プロパイロットを搭載しているセレナe-POWERでは、システム故障のメッセージが表示されることがあります。

このメッセージが表示された場合、e-POWERシステムを停止して再起動することで解決する場合もありますが、そうでない場合はディーラーでの診断が必要です。

故障の原因は様々で、カメラユニットや排ガス再循環バルブ、ヒューズなどが関係しています。

 

エンジンがかからない

エンジンがかからないという事例も報告されています。この問題は、ソフトウェアアップデートの失敗が原因で発生することがあるため、注意が必要です。

 

リチウムイオン電池の故障

セレナe-POWERにはリチウムイオン電池が搭載されていますが、この電池の故障は特に注意が必要です。

電池が故障すると車が走行不能になる可能性がありますし、最悪の場合は火災が発生することもあります。

電池の故障を防ぐためには、高電圧部位に触らない、冷却空気の取り入れ口を塞がない、電池に水をかけない、重量物を電池の上に置かないなどの注意が必要です。

これらの不具合は、セレナe-POWERを安全に使用するために知っておくべき重要な情報です。

購入を検討している場合は、これらの点を念頭に置いて、慎重に判断することが推奨されます。

 

買って後悔する理由8:電子音が気になる

セレナe-POWERを使用する際、特に走行時やバック時に発せられる電子音が話題となっています。

バック時に聞こえる「ファンファン」という電子音は、車の接近を歩行者に知らせるための安全対策として設計されたものです。

この静かな車両の存在を周囲にアピールするための機能は、歩行者の安全を守る上で非常に重要な役割を果たしています。

しかし、この特有の音をうるさいと感じるユーザーも存在します。

特に住宅街などの静かな環境では、この電子音が目立ち、近隣住民にとっては騒音と感じられることがあります。

このような意見の分かれる電子音は、セレナe-POWERを選ぶ際の考慮点の一つとなるかもしれません。

安全性を高めるための機能である一方で、周囲の環境や人々に与える影響も考慮する必要があります。

 

デザインやその他の不満点

  • 一部のユーザーから見たデザインの不満
  • 車内の快適性や機能性に対する不満

セレナe-POWERのデザインについては、個人の好みによる部分も大きいですが、「ダサい」と感じるユーザーもいるようです。

また、3列目のシートの使い勝手の悪さや、一部モデルにおける電動パーキングブレーキの欠如など、車両の快適性や機能性に関する不満も挙げられています。

 

日産セレナe-POWERを買って正解という理由は?

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

日産セレナe-POWERを買って正解という理由についてご紹介していきます。

 

ワンペダル運転の革新性

  • ブレーキ操作が格段に減少:
    ワンペダル機能のおかげでブレーキを踏む回数が激減し、運転がよりスムーズで快適に。
  • 運転の楽しさと安心感:
    ワンペダル走行やプロパイロットなどの先進技術が運転の負担を軽減し、楽しさを提供。

 

エンジン性能と燃費のバランス

  • 効率的な1.2リッターエンジン:
    小排気量ながら優れた燃費効率を実現。特にC28モデルではアクセル操作にも余裕があり、バッテリーの消耗も緩やか。
  • 高速道路での優れた燃費:
    速度を適切に保つことで、高速道路でも燃費を向上させることが可能。

 

快適性と便利な装備

  • 冬場の快適性:
    シートヒーターやステアリングヒーターのオプションが寒い日でも快適な運転環境を提供。
  • 視界の良さと先進の装備:
    フロントガラスの広さやヘッドマウントディスプレイなど、快適で安全な運転をサポート。

 

安全性の高さ

  • 充実した安全運転支援システム:
    先進技術を駆使した安全運転支援システムが、ドライバーを多方面から守ります。
  • 環境に優しい運転:
    e-POWERシステムにより、エコモードでの運転が可能で、環境への配慮も可能。

 

これらの点から、セレナe-POWERは多くのユーザーにとって「買って正解だった」と感じさせる車であることがわかります。

運転の快適性、エコモードでの燃費の良さ、安全性能の高さなど、現代のドライバーが求めるあらゆる要素を兼ね備えています。

セレナe-POWERの選択は、日常の運転をより楽しく、そして心地よいものに変えてくれるでしょう。

 

日産セレナe-POWERのエンジンスペック

パフォーマンスチェック

セレナe-POWERの馬力とエンジン性能に関する情報をまとめると、セレナe-POWERは都市部の走行や高速道路での追い越し時に十分なパワーを発揮するよう設計されています。

また、セレナe-POWERはエンジンで発電した電力と回生エネルギーを貯めた走行用バッテリーからの電力を組み合わせて使用し、特にアクセルを踏み込む際にスムーズな加速を実現します。

新型モデルでは、駆動を行うモーターの性能が向上しており、街乗りや高速道路での走行がさらに快適になると期待されています。

このように、セレナe-POWERはさまざまな運転状況で効率的かつ快適なドライビングを提供するための工夫が施されている車両です。

エンジンスペックは以下の通りです。

ガソリン車e-POWER車
エンジン型式MR20DDHR14DDe
エンジン種類DOHC水冷直列4気筒DOHC水冷直列3気筒
総排気量1.997L1.433L
最高出力110kW(150PS)/6000rpm72kW(98PS)/5600rpm
最大トルク200N・m(20.4kgf・m)/4400rpm123N・m(12.5kgf・m)/5600rpm
モーター型式EM57
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力120kW(163PS)
モーター最大トルク315N・m(32.1kgf・m)
モーター動力用主電池 種類リチウムイオン電池

 

日産セレナe-POWERの燃費

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

セレナの6代目モデル(C28系)は、ガソリン車とe-POWER搭載車の2種類をラインナップしており、それぞれの燃費性能が注目されています。

ここでは、カタログ燃費と実際のユーザーからの実燃費報告を基に、セレナの燃費性能について解析します。

 

カタログ燃費の概要

  • ガソリン車の燃費性能: 2WDモデルで13.1km/L、4WDモデルでは11.6km/Lの数値を記録。平均値は12.35km/Lとなっています。
  • e-POWER搭載車の燃費性能: 2WDモデルのみの設定で、カタログ燃費は19.4km/Lを達成。
駆動ガソリン(km/L)e-Power(km/L)
2WD13.119.4
4WD11.6

 

実燃費と燃費達成率

  • ガソリン車の実燃費: 平均して10km/Lで、カタログ燃費の約85.0%の燃費達成率を示しています。乗り方や運転環境によって数値にバラつきがありますが、カタログ燃費に近い実績を出していると言えるでしょう。
  • e-POWER搭載車の実燃費: 平均14.5km/Lとなり、カタログ燃費の約79.4%の達成率を記録。同様に乗り方によって改善の余地が見込まれますが、一部ではカタログ燃費との差に不満を感じる声もあります。
駆動ガソリン(km/L)e-Power(km/L)
2WD平均11.3平均14.5
4WD平均9.8

 

セレナ6代目(C28系)は、特にe-POWER搭載車で高い燃費性能を誇りますが、実燃費ではカタログ値にやや届かないケースも見られます。

しかし、ガソリン車においては比較的良好な燃費達成率を示しており、日常の運転でカタログ燃費に近い性能を発揮することが期待できます。

e-POWER搭載車に関しては、運転スタイルや走行環境を見直すことで、より燃費性能を引き出すことが可能です。

環境に優しく、経済的な運転を心がけたいドライバーにとって、セレナは魅力的な選択肢と言えるでしょう。

 

日産セレナはe-POWERとガソリンどっちが良いのか?

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

日産セレナの購入を考える際、多くの方がe-POWERモデルとガソリンモデルのどちらを選ぶかで迷うかもしれません。

それぞれのモデルが持つ特性や維持費の違いを比較し、賢い選択をするための情報を提供します。

 

セレナe-POWERのメリット

それでは、セレナe-POWERのメリットについてご紹介します。

 

減税メリット

セレナe-POWERは環境性能に優れているため、自動車税(種別割)や自動車重量税での減税措置を受けられます。

1.4Lエンジンを搭載し、年間の自動車税が30,500円で、ガソリン車の36,000円に比べて費用が安くなります。

また、新型セレナe-POWERはエコカー減税の対象で、車重税や自動車取得税でも優遇されます。

 

ランニングコストの削減

e-POWERモデルは、特に都市部での運転において燃費効率が良いことが特徴です。

WLTCモード燃費が20.6km/Lと高く、ガソリン代の節約につながります。

年間1万キロを走行すると、ガソリン車と比較してe-POWERは燃料費で約5万円の節約が見込めます。

 

高い快適性と装備

新型セレナe-POWERは、プロパイロットが全車標準装備され、最上位グレードにはプロパイロット2.0が搭載されています。

さらに、第2世代e-POWERシステムによるスムーズな加速や、ツートーンカラーオプションなど、快適性とデザイン性が向上しています。

 

セレナガソリンモデルのメリット

次に、セレナガソリンモデルのメリットについてご紹介します。

 

初期費用の低さ

e-POWERモデルに比べ、ガソリンモデルの購入価格は低めに設定されています。初期費用を抑えたい方や、短距離の運転がメインであれば、ガソリンモデルが経済的かもしれません。

 

万能な走行性能

2.0Lガソリンエンジンを搭載したセレナは、高速道路や長距離運転でも安定したパフォーマンスを発揮します。4WDオプションも選択でき、雪道など悪路での走行も安心です。

 

維持費の違い

e-POWERモデルは減税メリットやランニングコストの面で有利ですが、ガソリンモデルは初期費用が低く、4WDを選択できる点で利点があります。

また、日常のメンテナンスや駐車場代など、維持費をトータルで考慮することが重要です。

セレナe-POWERとガソリンモデル、どちらが良いかは一概には言えません。

自分のライフスタイルや走行条件、維持費の観点から最適な選択をしましょう。

新車購入を検討している方は、試乗や現物確認を通じて、自分に合ったモデルを見つけることが大切です。

 

日産セレナはe-POWERとハイブリッドどっちが良いのか?

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

日産セレナのe-POWERモデルとハイブリッドモデルの比較は、購入検討者にとって重要な判断材料となります。

日産セレナは、そのコンパクトな5ナンバーサイズで都市部でも運転しやすく、多くのファミリーから支持されています。

ここでは、セレナのe-POWERモデルと一般的なハイブリッドモデルのメリットを比較し、どちらがより適した選択かを探ります。

 

e-POWERモデルのメリット

まずは、ハイブリッドモデルと比較した際のメリットについてご紹介します。

 

減税のメリット

e-POWERは環境性能が高く評価され、自動車税(種別割)や自動車重量税での減税措置を受けることができます。これにより、年間の税金がガソリンモデルと比較して低く抑えられ、長期的な経済性に寄与します。

 

低ランニングコスト

e-POWERは電気モーターの効率の良さから、都市部での短距離走行においても燃費が良好です。これは、日常のガソリン代の節約に直結し、特に頻繁に車を使用するユーザーにとっては大きなメリットとなります。

 

先進技術の搭載

新型セレナe-POWERには、プロパイロットなどの先進運転支援システムが標準装備されています。これにより、快適かつ安全な運転体験が可能となり、運転のストレスを軽減します。

 

ハイブリッドモデルのメリット

次に、e-Powerモデルと比較した際のメリットについてご紹介します。

 

燃費の良さ

ハイブリッドモデルは、ガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせにより、効率的な燃料消費を実現します。特に長距離走行や高速道路での使用では、その燃費の良さを発揮します。

 

環境性能

ハイブリッド車も環境に優しい車両として、減税措置の対象となることがあります。CO2排出量の削減に貢献することから、環境意識の高いユーザーに適しています。

 

静かな走行性能

ハイブリッドモデルは、電気モーターだけで走行することが可能な場面では、非常に静かな走行を実現します。これは、都市部での運転や渋滞時などに特に価値があります。

 

結論:どちらが良いのか?

セレナのe-POWERモデルとハイブリッドモデルを比較する際、最も重要なのはユーザーのライフスタイルや使用状況です。

都市部での短距離走行が多い、環境性能や先進技術を重視する場合はe-POWERが適しています。

一方で、長距離走行が多く、高速道路の使用も頻繁にある場合は、ハイブリッドモデルがその燃費の良さから優位となるでしょう。

どちらのモデルも一長一短があり、ユーザーのニーズに応じた選択が可能です。

新車購入を検討している方は、試乗や現物確認を通じて、自分に合ったモデルを見つけることが重要です。

最適な選択をするためには、維持費や走行条件、個々のライフスタイルを考慮した上で検討しましょう。

 

日産セレナe-POWERの中古車を購入する際の注意点?

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

日産セレナe-Powerを中古で購入する際どのようなところを注意するべきか解説していきます。

 

セレナ中古車購入ガイド:賢い選択のためのポイント

日産セレナは家族向けミニバンの中でも特に人気が高く、その中古車市場でも活発な取引が見られます。

新車と中古車の価格差、特に人気のあるe-POWERモデルの選択など、セレナの中古車購入を検討する際にはいくつかの重要なポイントがあります。

 

セレナ中古車相場の理解

  • 新車価格範囲: 276.9万円から479.8万円
  • 中古車相場: 5万円から515万円

相場の幅が広い理由は、新型の登録済み未使用車が市場に出回っているからです。

特に2019年式のe-POWERモデルは、200万円から300万円程度で取引されており、5代目モデルの価格が下降傾向にあることが見て取れます。

 

中古セレナ購入時の注意点

中古セレナ購入時の注意点について解説していきます。

 

相場価格の理解

中古車の価格は需要と供給によって決まりますが、特にセレナは流通量が多く、相場価格が安定しています。

ただし、相場から大幅に外れる価格の車両は何らかの問題を抱えている可能性が高いため、慎重な検討が必要です。

 

スライドドアのチェック

セレナの電動スライドドアは利便性が高い一方で、トラブルも発生しやすい部分です。購入前にはスライドドアの動作確認を忘れずに行いましょう。

 

e-POWERモデルのバッテリー状態確認

e-POWERモデルではバッテリーの状態が重要です。可能であれば「ΔSOC」によるバッテリー状態の確認や、燃費計の数値をチェックして、バッテリーの劣化を推測しましょう。

 

保証の有無

中古車購入時には保証の有無も重要な判断材料です。特にe-POWERモデルのような複雑なシステムを搭載した車両では、保証の有無が将来のメンテナンスコストに大きく影響します。

 

中古セレナのおすすめ選択肢

  • 予算200万円以上:
    5代目e-POWERモデルが最適です。特に新型モデル登場により価格が下がりつつあるため、コストパフォーマンスに優れています。
  • リセールバリューを重視:
    短期間の利用を考えている場合は、人気のハイウェイスターシリーズがおすすめです。
    人気の高さから中古市場でも価値が下がりにくい傾向にあります。
  • 予算100万円以下:
    4代目セレナも選択肢に入ります。2010年に発売されたモデルですが、コストパフォーマンスが高く、実用的な選択と言えます。

セレナの中古車購入を検討する際には、これらのポイントを踏まえて、自分のニーズに合った車両を見つけることが重要です。

特にe-POWERモデルの購入を考えている場合には、バッテリー状態や保証の有無に注目し、長期的な視点でコストを考慮した選択を心がけましょう。

 

日産セレナe-POWERを安く購入するためには?

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

日産セレナe-Powerを安く購入するためには、どのような手段があるか解説していきます。

安く購入するための手段としては以下の2つがポイントとなります。

  • 値引きを限界値まで上げる
  • 今お乗りの愛車を最大限高額で売却する

昨今、半導体の影響により新型モデルは値引きとても渋く、値引き額『0円』から『10万円』ほどのモデルが多く見受けられます。

現行型の日産セレナでも同様な値引き額が見受けられます。

また、値引き交渉をしたくても、値引き交渉が苦手という方も多く、値引き額が少ない場合、次のようなDMをいただくことも多く、値引きが出来たとしても難しい交渉と言えます。

もっと簡単で効率的な手法としては、今お乗りの愛車を高く売却するという事がとても大事で、簡単と言えます。

買取業者を探す必要がありますが、査定自体が面倒で車を購入したお店に下取りしてもらうという方も少なくないはずです。

しかし、この下取りという売却と自動車買取専門店の買取金額の方が数十万円、百万円単位で変わるというのはご存じでしょうか?

 

元査定士の軽経験上下取りの金額より古車買取店が査定し提示した結果は、ほぼ下取りより高価格が提示できます。

 

しかし、中古車買取店などを1件1件回って査定をすると膨大な時間と労力が必要となりオススメできません。

 

そこで、私がオススメするのは自動車買取一括査定が『MOTA車買取 』!!

 

『MOTA車買取の特徴として、写真不要で車の基本情報などを入力すれば、翌日の18時頃には、『MOTA車買取 』のWEBサイト上で概算査定が算出されるので、働いている間や寝てる間に気づけば査定額が出ています!!

 

他社様の自動車買取一括査定を利用すると、申し込みのボタンを押したその瞬間から、何十社という買取店から一斉に電話での商談が来ますので、オススメできません。

 

でも、『MOTA車買取 』は直接やりとりするのは、査定額上位3社のみです

とりあえず概算のみでも良いですし、より詳細な査定額が知りたい場合は実車の査定も可能です!!

私の知っている中で最も手軽に車の買取金額が調べられるのは、『MOTA車買取 』でしょう!!

 

是非ご活用ください!!

 

\車を高く売りたいなら!!/

MOTA車買取はこちら

45秒で入力完了! カンタン ネット車査定!!

 

MOTAの特徴
 申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!
 ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる!
 高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK!

 

日産セレナe-POWERを買って後悔と検索するユーザーの共通するFAQ

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

日産セレナe-POWERを買って後悔と検索するユーザーの一部のFAQについてお答えしていきます。

 

セレナのe-POWERの寿命どのくらいですか?

セレナe-POWERの寿命は、適切な維持管理を施せば、他の自動車と変わらぬ、10年以上と見込まれます。しかし、バッテリーの寿命やどのように使われるかによって変わってきます。

 

e-POWERの欠点とは何でしょうか?

街中での走行、特に時速30~60km程度での運転では、e-POWERのシステムが発揮する効率的な燃費を享受できます。

自動車が進行する際には空気抵抗、走行抵抗、駆動抵抗に対抗するための最低限の駆動力が必要になりますが、このような駆動力を継続して必要とする運転状況は、電気自動車にとって不得意であり、電力の消費が大きくなりがちです。

 

セレナe-POWERの税金はどのくらいになりますか?

e-POWER搭載車の自動車税は3万4,500円ですが、エコカー減税が適用されると8,625円になります。
自動車重量税は、新車登録時と初回車検時は燃費基準によって25~100%の減税を受けられます。 セレナのe-POWER搭載車は100%減税されます。

セレナe-POWERは満タンでどのくらい走りますか?

セレナのe-POWER搭載車の燃料タンク容量は、2WDの場合約52リットルです。

比較すると、ガソリン車の場合は2WDで約54リットル、4WDで約55リットルとなっています。これは2023年(令和5年)4月のフルモデルチェンジ以降のデータです。

 

e-POWERの燃費が悪い理由は何でしょうか

e-POWERシステムを搭載した車では、エンジンとタイヤを直接繋ぐモードが存在しません。
これは高速道路での長距離走行時に特に顕著で、エンジンが絶えず稼働し続ける必要があり、結果的に燃費の向上が難しくなります。
加えて、エンジンで発電し、その電力を利用してモーターを駆動する二段階のプロセスは、エネルギーのロスを大きくするため、直接駆動するモードを持つ他の自動車メーカーの車種と比較して、厳しい燃費性能を強いられることになります。

セレナe-POWERのバッテリー容量は?

セレナe-POWERに搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量が、ノートe-POWERに比べて1.5kWhから1.8kWhへと増大された理由は、車両の重量に対応し、走行性能を向上させるためです。

ノートよりも重いセレナを効率的に動かすためには、より多くのエネルギーが必要となります。

このため、リチウムイオンバッテリーの容量を増やすことで、長距離走行時のパフォーマンスの安定性や、アクセルレスポンスの向上を実現しています。

このような改良により、セレナe-POWERは快適なドライビング体験を提供し、エネルギー効率の良い走行を可能にしています。

 

セレナのバッテリーが2個あるのはなぜ?

セレナのようなe-POWERシステムを搭載した車両にバッテリーが2個ある理由は、車両の電力システムを効率的に管理し、安定した動作を保証するためです。

主に、メインバッテリーとサブバッテリーの2つがあります。メインバッテリーは車両の駆動用で、e-POWERシステムによる走行を支えるための大容量の電力を提供します

。一方、サブバッテリーの役割は車両の電子装置や照明、エアコンなどの電力供給です。

これにより、どちらか一方が故障しても、もう一方が機能し続けることで、エンジンがかからなくなるリスクを低減し、車両の信頼性を高めています。

 

新型セレナe-POWER搭載モデルと非搭載モデルの違いは?

日産セレナのe-POWERモデルと通常のガソリンモデルは、いくつかの重要な違いを持っています。

まず、燃費の面ではe-POWERが優れています。

これはe-POWERがガソリンエンジンで発電し、その電力でモーターを動かして車を駆動させる仕組みにより、燃料効率が高くなるためです。

この方式によって、静かで滑らかな走りが実現され、加速力にも優れています。

しかし、この高い性能を得るためにはコストがかかります。

e-POWERモデルは、同じグレードのガソリン車と比べて約40万円ほど価格が高く設定されています。

そのため、この価格差を燃費の節約で補うためには、年間約1万キロメートルを6年間にわたって走行する必要があるとされています。

一方、ガソリンモデルはe-POWERモデルに比べてハンドリングが軽快です。

これは、e-POWERモデルが重たいバッテリーを搭載しているため、車重が重くなることに起因します。

また、ガソリンモデルには4WD車の設定があり、悪路や雪道での走行性能が求められる場合には適しています。

これらの違いから、購入を検討する際には、使用目的や走行距離、予算などを総合的に考慮し、自身のライフスタイルに最適なモデルを選ぶことが重要です。

e-POWERモデルは燃費の良さと静粛性、パワフルな走行を求めるユーザーに、ガソリンモデルは軽快なハンドリングと4WDを必要とするユーザーにそれぞれ適しています。

 

新型セレナe-POWERの発売日は?

新型「セレナe-POWER」は2023年4月20日に発売しました。

2023年2月末から予約受付を開始し、発売までに2万410台の注文を獲得するなど、多くのユーザーが待ち望んでいました。

価格帯は、319万8800円から479万8200円と設定されており、電動化技術「e-POWER」を採用した2WDモデルを提供します。

2022年11月には、新型セレナのガソリン車2WDモデルが発売され、4WDモデルとe-POWER車の発売は2023年春と予告されていました。

e-POWER車の発売日され、セレナが1991年の初代モデル発売以来、国内での累計販売台数が200万台を突破したことも発表され、その人気と実績が改めて証明されました。

 

新型セレナe-POWERの実績は?

販売台数の増加傾向を継続することが期待されます。

2023年には75,673台を記録し、2022年の57,513台から前年比131.6%の成長を遂げました。この数値は、セレナという名称の合算となりますのでエンジン種別や型式種別ではありません。

この成長率を基にすると、2024年の販売台数はさらに増加し、業界内での競争力を強化することが予想されます。

市場の需要動向や販売戦略の成功により、2024年の具体的な販売目標数はさらに高い水準に設定される可能性があります。

継続的な製品革新とマーケティング努力によって、2024年も引き続き成長を目指すことができるでしょう。

 

 

日産セレナの歴代モデル

日産セレナの進化の歴史は、その革新性とユーザーへの配慮が際立っており歴代のセレナを振り返ってみましょう。

 

日産セレナ初代(C28型)/発売期間:1991年~1999年

初代C23型は、バネットコーチの後継として登場し、リアサスペンションにマルチリンクを採用することで、走行性能の高さを示しました。また、ハイウェイスターの登場は、エアロパーツを装着したミニバンの新たな流れを作り出しました。

 

日産セレナ2代目(C24型)/発売期間:1999年~2005年

2代目C24型では、ワゴン専用の低床プラットフォームの採用と両側スライドドアの実現により、利便性が格段に向上。FRからFFへの駆動方式の変更は、現代のセレナに繋がる大きな転換点となりました。

 

日産セレナ3代目(C25型)/発売期間:2005年~2010年

3代目C25型は、ルノー社との共同開発によるプラットフォーム採用で、ミニバンとしてはトップレベルの室内空間を実現。ハイウェイスターは、セレナで唯一の3ナンバー登録モデルとして特別な位置づけにありました。

 

日産セレナ4代目(C26型)/発売期間:2010年~2016年

4代目C26型では、アイドリングストップ機能の採用と、低燃費を実現するスマートシンプルハイブリッドの導入、さらに安全性能の向上により、走行性能と環境性能が同時に高められました。

 

日産セレナ5代目(C27型)/発売期間:2016年~20022年

5代目C27型は、プロパイロットやインテリジェントパーキングアシスタントなどの先進技術を搭載し、安全性能の大幅な向上を遂げました。e-POWER車の追加により、走行性能と低燃費の両立も実現しました。

 

日産セレナ6代目(C28型)/発売期間:20022年~

最新の現行型C28型では、第2世代e-POWERと1.4L直列3気筒エンジンの組み合わせにより、さらに燃費の向上を果たしています。全グレードに電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を標準装備し、360°セーフティアシストなどの安全性能も強化されました。

 

このように、セレナは時代ごとにユーザーのニーズに応え、革新的な技術と機能を取り入れて進化を続けてきました。それぞれの世代で新たな価値を提供し、多くの家族に選ばれる理由となっています。

 

まとめ セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説

今回は、セレナe-POWERは買って後悔するのか、システム故障の不具合やその他の問題や不満によるものなのか解説しました。

セレナe-POWERは、日産が独自に開発した電動化技術「e-POWER」を搭載し、内燃機関の限界を超えた新たな走行体験を提供するモデルです。

この技術では、ガソリンエンジンによる発電とリチウムイオンバッテリーの効果的なエネルギー管理を組み合わせることで、直接的なエンジン駆動ではなく、電動モーターによる走行を実現しています。

その結果、スムーズで瞬発的な加速と、内燃機関車に比べて顕著な燃費の向上を達成しており、特に繁忙する都市部での運転においてその性能を存分に発揮します。

加えて、セレナe-POWERはファミリーユースに最適化された設計も兼ね備えており、広大なキャビンスペースと洗練された乗り心地で、家族全員の快適な移動をサポートします。

これらの特長は、現代のミニバンに求められる環境性能と実用性を見事に融合させ、日常の移動から長距離の旅行まで、あらゆるシーンでの活躍が期待できることを意味します。

セレナe-POWERは、革新的な電動化技術とファミリーミニバンとしての使い勝手の良さを兼ね備え、これからの自動車の在り方を示唆する一台として、新たなスタンダードを築き上げています。

今後もたくさんのユーザーからの口コミを参考にセレナe-POWERは買って後悔するのか、システム故障の不具合やその他の問題や不満によるものなのか解説していきます。

セレナe-POWERは買って後悔する?システム故障の不具合や問題を解説
最新情報をチェックしよう!
 data-src=なうい_国産車の最新情報発信" width="1280" height="1098" >

なうい_国産車の最新情報発信

【 国産車をメインに新型モデルやカー用品の情報を発信 】中古車買取店での査定士や販売の経験、大手タイヤメーカーでの経験、車のDIYの経験を活かしさまざまな車の情報を発信しています。【当ブログでは次のような情報を発信】✅ 国内の自動車メーカーの情報✅ おすすめカー用品✅ 毎月の新車販売台数報告Webデザイン歴17年 | 車DIY歴17年 | 車関連業界に6年在籍

CTR IMG
error: Content is protected !!