新型パジェロミニの復活は2024年!価格や発売日の最新情報まとめ

新型パジェロミニの復活は2024年!価格や発売日の最新情報まとめ

SUV 新型パジェロミニの復活は2024年!価格や発売日の最新情報まとめ
こちらのページは、アフィリエイト広告を利用しています

三菱が生産および販売していた軽SUVの『パジェロミニ』。

シャーシはものコックボディにラダーフレームが採用された本格派の軽SUVとして人気のモデル。

パジェロの弟分として1994年に初代が登場し、1998年に2代目が登場。そして2013年にはホームページより姿を消してしまいました。

しかし、兼ねてよりパジェロミニの復活が噂されてきましたが2024年に新型で復活するという最新情報が入り価格や発売日について調査を開始しました。

当記事では、2024年に復活が噂されている新型『パジェロミニ』の発売日や価格などの最新情報まとめていきます!

軽SUVを検討中の方は是非参考にしてください。

【この記事でわかること】

三菱新型『パジェロミニ』の最新情報
三菱新型『パジェロミニ』の発売日
三菱新型『パジェロミニ』の価格

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

三菱新型『パジェロミニ』最新情報まとめ

パジェロミニイメージ画像

画像引用:MITSUBISHI MOTORS 画像は海外向けのパジェロスポーツ

最新情報のPOINT!!

  • 発売は2024年内!!
  • 価格はジムニーと同価格帯
  • デザインはアウトランダーに近い

三菱のパジェロミニは、かつての軽自動車SUVとしての位置づけから、フラッグシップSUV「パジェロ」の影響を受けたデザインと卓越したオフロード能力で支持を受けてきました。

三菱のパジェロミニは、日産に「キックス」としても供給されていたことがあります。

新しく生まれ変わるパジェロミニは、「eKワゴン」や「eKスペース」といった新世代の車種と多くの要素を共有しています。これにより、日常の使い勝手と信頼性の高いドライブを実現するでしょう。

さらに、この新型パジェロミニは、そのカテゴリーでトップクラスの安全機能を備えており、軽自動車という枠を超えた先進的なモデルとして復活する見込みです!

個人的には、デリカミニの本格オフロードSUV版として登場してほしいところですが、デリカというよりはアウトランダーよりのデザインになるかと思われます!!

最新情報は随時入り次第更新していきます。

 

三菱新型『パジェロミニ』の発売日は?

納期をイメージするカレンダー画像

2024年内
現時点では公式からパジェロミニが販売されるという情報は公開されておりません。
しかし、販売店の情報によると販社内で2024年に復活する話があるようです。
復活の理由としては、直近で登場した『デリカミニ』の存在。
デリカの名前とコンセプトを継承した『デリカミニ』の登場により『パジェロミニ』の復活の可能性があるという事です。
早ければデリカミニが登場した約1年後の2024年5月に発表になるそうです。
発売日に関しては、新たな情報が入り次第更新してまいります。

三菱新型『パジェロミニ』の価格は?

価格をイメージする画像

エントリーグレードは160万円スタート
現時点では公式からパジェロミニの価格についての情報は公開されておりません。
価格帯の設定としては、競合モデルの『ジムニー』と同様の価格帯になるでしょう。
また、フレーム自体は異なりますが『デリカミニ』などのパーツを流用してコストダウンも可能になり購入しやすい設定になると見込んでいます。
エントリーグレードが160万円前後からのスタートで上位グレードは200万円前後となるでしょう。

 

また、新型パジェロミニが欲しいけど今乗っている車が高く売れるか心配じゃありませんか?

昨今の新型モデルの値引きもかなり渋く、当然新型パジェロミニの値引きも渋いことは明確です。

販売店での下取りでは足元を見られてしまい査定金額がかなり低く諦めてしまう方も多いようです。

しかし、車買取一括査定を使用することにより、販売店の下取りよりも数十万円も高い査定額で買取りしてくれるのをご存じでしょうか?

下取りよりも、高確率で高額査定が見込めるため諦めかけていた新型パジェロミニの購入することもできるでしょう!

そんな車買取一括査定の中でも『MOTA車買取』がオススメです!

特に今の時期は、車の買取価格の相場が高額になるので今が売却のチャンスです!

また、今すぐ売却の予定がなくてもディーラーの下取りで足元を見られないために愛車の市場価値を知っておく必要があります!『MOTA車買取』は、車買取一括査定で一番煩わしい電話ラッシュもなく、翌日の18時ごろにはWeb上で概算の査定額が確認できるため忙しい方にはピッタリです!

45秒の簡単入力で申し込みができるカンタンネット車査定で申し込んでみましょう!

 

\車を高く売りたいなら!!/

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

>>45秒で簡単ネット査定!<<

MOTAの特徴

 申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!
 ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる!
 高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK!
旧型モデルのパジェロミニの価格帯を掲載します。参考にしてください。
グレードミッション価格
XR4AT1,241,000円
ZR5MT1,335,000円
ZR4AT1,398,000円
VR5MT1,440,000円
VR4AT1,503,000円
エクシード4AT1,602,000円
ナビエディションXR4AT1,470,000円
ナビエディションVR4AT1,696,000円

 

ジムニーとの価格比較

スズキ『ジムニー』の価格表を掲載します。

パジェロミニかジムニーかおそらく悩まれる方も多くなるかと思いますので参考にしてください。

グレードミッション価格
XG4AT165.4万円
XG5MT155.5万円
XL4AT178.0万円
XL5MT168.1万円
XC4AT190.3万円
XC5MT180.4万円
価格に関しては、新たな情報が入り次第更新してまいります。

新型パジェロミニはガソリンとBEVモデルが登場?

1994年に誕生し、その後大ヒットを記録した初代パジェロミニは、当時のパジェロの魅力を軽カーサイズに凝縮したモデルでした。

軽快な運転感覚と悪路に強い性能が多くのファンを獲得しましたが、残念ながら2代目は後半で失速し、2013年には販売終了となりました。それでも、多くのファンによる復活の声が挙がっていました。

現在、パジェロミニの新モデル開発に向けての動きがあり、その復活が期待されています。

三菱は日産との合弁会社NMKVで軽カーを開発しており、新しいパジェロミニもこの会社が開発を担当する予定です。

三菱がデザインの主導を取り、日産、三菱それぞれのデザインチームが細部の差別化を図ります。

新型パジェロミニは、現行の日産デイズや三菱eKシリーズと同様、ガソリン車(マイルドハイブリッドを含む)とBEVの両方が提供される見通しです。

デザイン面では未来的な感覚とワイルドな魅力を兼ね備え、ただのリバイバルモデルに留まらない新しい姿での復活が期待されています。

2024年の発売を目指しており、BEV専用モデルとなる可能性も含め、さまざまな選択肢が模索されている状況です。

ガソリン車に対する需要も依然として根強く、ユーザーの声に応じた柔軟な対応が求められています。

2代目パジェロミニの復活モデルは、日産と三菱の両方で販売される予定です。

三菱の得意とする4WDシステム「S-AWC」を軽自動車にも展開できるかどうかは未定ですが、パジェロミニという名前に相応しい、走破性の高い特別な4WDシステムの搭載が期待されています。

また、ジムニーとは異なるが潜在的なユーザー層にアプローチし、市場に新たな動きを見せる可能性を秘めています。

新型パジェロミニは4ドアを採用

2012年に「Final Anniversary」モデルをもって生産終了し、20年近くにわたり愛されてきたパジェロミニが、長い沈黙を破って復活することが期待されています。

パジェロミニの生産終了以降、SUV市場はますます活気づき、特にスズキのハスラーのような小型SUVがヒットするなど、市場の動向がパジェロミニの復活を促す一因となりました。

新型パジェロミニの開発は、三菱と日産の共同出資によるジョイントベンチャー企業NMKVが担当します。

NMKVはこれまでに日産デイズ、三菱・ekワゴン、ekスペースなどの開発を行っており、新型パジェロミニもこれらの車両と同様のプラットフォームを利用する可能性があります。

2024年以降に予定されている新型パジェロミニは、従来の2ドア仕様に加え、より実用性の高い4ドア仕様が採用される見込みです。

パジェロミニの復活は、多くのファンにとって待望のニュースであり、新時代のSUV市場においてもその存在感を示すことが期待されています。

 

三菱新型『パジェロミニ』の詳細について

販売条件のイメージ画像

新型『パジェロミニ』に関して詳細の情報はまだ公式で発表されておりません。

販売店の方からの情報や、昨今の三菱自動車の傾向を参考にしています。

 

エクステリア(外観)

三菱の新型「パジェロミニ」は、ブランドの最新のデザインを取り入れ、力強い「ダイナミックシールド」デザインを採用が見込まれています。

デリカミニのような半円形のLEDポジションランプが内蔵されたコンパクトで可愛らしいデザインも考えられますが、パジェロの弟分としてタフ感が協調された三菱らしい力強い「ダイナミックシールド」デザインが採用され『アウトランダー』『エクリプスクロス』『RVR』『ek X』に近いデザインとなるでしょう。

フロントグリルとフェンダーが一体となった立体的な造形を持ち、LEDで構成されたデイタイムランニングランプが採用見込みです。

また新型パジェロミニは、軽自動車規格の最大限を活かしたボディサイズを持ち、初めて4ドアモデルとして登場も予想されます。

競合モデルの『ジムニー』と、差別化され使い勝手が良い4ドアモデルは人気間違いなしでしょう。

 

プラットフォーム

基盤となるプラットフォームは、eKシリーズと共有するCMF-Aを採用見込みとなっています。

スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車に多く採用されており、広い室内空間をその大きな特徴としています。

このタイプの車は、高い天井と広々とした室内で、乗り心地の良さや使い勝手の良さに優れています。

特に、長距離の移動や荷物の多いシーン、または家族での利用にも便利で、日常の様々なシーンでの使いやすさが魅力です。

 

パワートレイン

特筆すべきは、競合するスズキのジムニーには見られない「マイルドハイブリッド」の採用。これにより、WLTCモードでの燃費性能が非常に高いです。さらに、電動パーキングブレーキやオートホールド、デジタルインナーミラーも搭載。

 

安全装備

安全面では、先進の「e-Assist」や「MI-PILOT(マイパイロット)システム」が設定される見込みです。

新型「パジェロミニ」の安全装備に関して、高速道路での同一車線運転支援機能「マイパイロット」や、多岐にわたる運転支援機能「e-Assist」が採用されています。「e-Assist」は、8つの主要な機能で構成され、ドライバーの安全運転をサポートしてくれるでしょう。

さらに、移動物を検知するマルチアラウンドビューモニターや、後方の視認性を向上させるデジタルルームミラー、車両の安定性を高めるアクティブスタビリティコントロール[ASC]、アダプティブLEDヘッドライト[ALH]など、先進の技術が数多く採用見込みです。

安全装備として、7つのエアバッグも完備となるでしょう。

新たな情報が入り次第更新していきます。

 

新型パジェロミの復活は本当なのか?

新型パジェロミニの復活は2024年!価格や発売日の最新情報まとめ

パジェロミニの復活に関する噂が流れる中、三菱が他の車種のフルモデルチェンジを優先しているためにパジェロミニの開発が遅れているという情報もあります。

販売店によっても、新型出るという話があるという方もいれば、復活する予定は分からないという方もいらっしゃいます。

三菱は近年、エクリプスクロスの新投入やデリカD5のビッグマイナーチェンジ、ekワゴンのフルモデルチェンジなど、複数の車種の更新に力を入れています。

2018年にフルモデルチェンジを果たし、市場で大ヒットとなったスズキのジムニーの成功は、同じく軽自動車カテゴリーに属するパジェロミニにとっても新たなチャンスを示唆しています。

ジムニーの人気に触発され、パジェロミニも市場のニーズに応えるためにフルモデルチェンジし、再び市場に投入されることが予想されます。

しかし、具体的な投入時期や開発状況については明らかにされていないため、さまざまな憶測が飛び交っています。

「パジェロミニよりも優先する車種があるため開発が遅れている」という情報は、開発リソースの配分と市場戦略を考えると説得力があるといえるでしょう。三菱がどのような戦略を取るのか、業界の動向を注視する必要があります。

 

まとめ 新型パジェロミニの復活は2024年!価格や発売日の最新情報まとめ

新型パジェロミニの復活は2024年!価格や発売日の最新情報まとめ

新型パジェロミニの復活は2024年!価格や発売日の最新情報についてお届けしました。

2023年3月10日、三菱自動車は「Challenge 2025」と名付けられた新中期経営計画を公表しました。

この計画によると、三菱は今後5年間で全16車種を投入する予定であり、そのうち9車種が電動車になるとされています。

このラインナップの中に、パジェロミニがラインナップされているか定かではないですが、三菱においてはとても販売力と商品力があるモデルといっても過言ではありません。

18年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、納車待ちが続くほどの人気を博しているジムニーのような車両が同カテゴリーに存在する中、三菱がこの市場に参入しない理由はないと考えられます。

三菱がこの戦略を実行することで、新時代のニーズに合わせた多様なSUVラインナップを提供し、市場のニーズに応えることが期待されます。

パジェロミニの復活は、三菱にとっての重要な一歩であり、クロスオーバーSUV市場に新たな風を吹き込むことになるでしょう。

新たに2024年復活が噂されている新型パジェロミニのの価格や発売日の最新情報については、最新情報が入り次第更新していきます。

 

新車購入の裏ワザ:あなたの愛車、本当の価値はいくら?

 

新車購入の際、多くの方が値引き交渉を重要視します。

しかし、現実的には新型モデルの値引きは0円~10万円と、期待ほどの効果は見込めません。では、どうすれば新車をお得に手に入れることができるのでしょうか?

中古車販売・買取り業者を経験の基に解説していきます。

 

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

重要なのは「今乗っている車の価値」

新車購入の際、今お乗りの車をどうするかがポイントです。下取りや中古車買取り業者への売却が考えられますが、ここで一つのアドバイス:「下取り」は避け、一括査定を利用しましょう。

 

 

なぜ下取りは避けるべきなのか?

下取りは新車購入と同時に古い車をディーラーが引き取るサービスです。手軽ですが、買取りと比較して査定額が低くなる傾向があります。その理由は、将来の相場を予測し、安全マージンを含めた価格設定がされるからです。

一方で、「買取り」は、中古車買取専門店が現在の相場で車を買い取るもの。多少手間はかかりますが、下取りよりも高額な査定が期待できます。

 

中古車一括査定サイトの活用

時間と労力を考えると、複数の買取専門店に一度に査定依頼できる「中古車一括査定サイト」がおすすめです。特に現在は新車の納期遅延が相次ぎ、中古車への需要が高まっています。このチャンスを活かし、高値での売却を目指しましょう。

 

よくある疑問にお答えします

「一括査定サイトって何?」
複数の中古車買取専門店に一度に査定依頼ができるサービスです。
 
「どこの一括査定がいいの?」
各サイトには特徴があります。オススメのサイトを後ほどご紹介します。

 

「どこが一番いいの?」
それぞれのニーズに合ったサイトを選んでください。

 

地元の中古車買取業者を訪れるのも一つの方法ですが、一括査定サイトを利用すれば、同時に複数の業者から査定額を知ることができ、最高額での売却が可能です。

下取りで30万だった車が、一括査定では60万~80万で売却できることもあります。

 

それでは、オススメの一括査定サイトを一覧でご紹介いたします。

 

私が良く利用するオススメのサービスは以下の3つです!詳細の方もページ下部に掲載しています。

おすすめ1.電話ラッシュが嫌なら『MOTA』査定額上位3社のみと交渉!!

おすすめ2.最大30社が参加する『カーセンサー』!!数多く比較ができます!!

おすすめ3.オークション形式の『ユーカーパック』!!時間があるなら高い売却額を目指せる!!

 

おすすめ買取サービス『MOTA』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約200社以上(5社中3位)
最大査定社数
最大3社(5社中3位)
管理人レビュー

当ブログでオススメする、査定サービスの1つがMOTA!! MOTAでは、一括査定申込直後に発生するオートコールによる電話がないというのが嬉しいです! 一括査定の依頼するボタンを押した瞬間、オートコールの嵐になるので困る方も多いかとおもいます。 しかし、MOTAでは最大20社で概算査定を行い査定額上位3社の査定額が、翌日の18時にWeb上で確認ができます。煩わしい電話でのアポイント確認や交渉などが不要なので、忙しい方にはピッタリかもしれませんね!

実際に私も12年前のダイハツ ムーヴの売却の際に利用してみましたが、煩わしいオートコールがないのと翌日には最高値を提示してくれた業者1社と値段交渉をし、7万円のムーヴが15万円にまで買取査定額がアップしました。
査定額というのは、MOTAに限らず高値を付けてくれるところもございますが、オートコールがないので交渉するのが1社のみというのがとても助かりましたので、オススメしています!

おすすめ買取サービス 『カーセンサー』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約1000社(5社中2位)
最大査定社数
最大30社(5社中1位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つが『カーセンサー』。 リクルートが運営しているサイトで、安心感がある一括査定サイトですね!提携社数や最大査定社数、実績も多数ございます!迷ったらまず、カーセンサーで間違いないと思います! 車の売却初めての方でも安心してご利用できます!

おすすめ買取サービス『 ユーカーパック』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約5000社(5社中1位)
最大査定社数
最高額を出した1社のみ(5社中5位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがユーカーパック!! オークション型で査定が行われ、煩わしいオートコールがないので余計な電話交渉が必要ないです!1番高い査定額を出した業者とのみ連絡がとれるので、何社も査定をしてもらうという手間が省けます! 提携されている数も約5000社以上とダントツ1位です! 電話対応が面倒な方や忙しい方はこちらがオススメです!

おすすめ買取サービス『 ズバット車買取比較』

オススメ度
★★★★☆( 4 / 5点)
提携社数
200社(5社中3位)
最大査定社数
最大10社(5社中2位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがズバット車買取比較! 大手上場会社が運営されている買取査定サービスです!こちらの運営会社は、他にも、一括査定のサイトを運営していることから、サイトの使いやすさは1番ですね! 入力時間は最短32秒と、パパっと済ませることができ、車に詳しくない方でも情報を入力しやすいサイト設計となっております! また、抽選となりますが現金10万円のプレゼントキャンペーンもされているのが嬉しいポイントですね! お得にクルマの査定見積もりを実施されたい方はこちらもオススメですよ!

おすすめ買取サービス『カーネクスト』

オススメ度
★★★★☆( 4 / 5点)
提携社数
1社(5社中5位)
最大査定社数
1社(5社中5位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがカーネクスト! 電話一本で査定から契約が可能です!来店も不要!店舗での査定もなし!すべて電話でお車の状態をヒアリングして査定額を提示!大きな相違がなければ減額は0円!一括査定と大きく異なるのが、複数の業者とのやりとりは発生しません!もちろん大量の電話営業もありません!全国どこでもレッカーで引き取りに来てくれてレッカー代は無料!その他の面倒な手続きも代行してくれます!忙しい方にはピッタリな査定サービスです!
新型パジェロミニの復活は2024年!価格や発売日の最新情報まとめ
最新情報をチェックしよう!
 data-src=なうい_国産車の最新情報発信" width="1280" height="1098" >

なうい_国産車の最新情報発信

【 国産車をメインに新型モデルやカー用品の情報を発信 】中古車買取店での査定士や販売の経験、大手タイヤメーカーでの経験、車のDIYの経験を活かしさまざまな車の情報を発信しています。【当ブログでは次のような情報を発信】✅ 国内の自動車メーカーの情報✅ おすすめカー用品✅ 毎月の新車販売台数報告Webデザイン歴17年 | 車DIY歴17年 | 車関連業界に6年在籍

CTR IMG
error: Content is protected !!