ワゴンRフルモデルチェンジ新型は2024年いつ?価格や予想を解説

ワゴンRフルモデルチェンジ新型は2024年いつ?価格や予想を解説

こちらのページは、アフィリエイト広告を利用しています

現行型のスズキ『ワゴンR』は、現行型で6代目となり2017年2月に発売され、『スイフト』でも採用された予防安全装備も設定された事が最大の特徴となっている。

そんなワゴンRが2024年にフルモデルチェンジが実施され新型となります。

発売日はいつ頃なのか、価格予想なども気になりますよね。

そこで今回は新型ワゴンRのフルモデルチェンジは2024年いつ頃なのか、価格や予想をふまえて解説していきます。

【この記事でわかること】

 新型ワゴンRの最新情報
新型ワゴンRの発売日と価格
新型ワゴンRのスペック

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

ワゴンRフルモデルチェンジ新型は2024年いつ?価格や予想を解説まとめ

新型ワゴンR

画像引用:スズキ

スズキの新型ワゴンRが2024年に登場予定で、価格は140〜160万円と予想されています。

新型ワゴンRは現行型と同等のボディサイズを保つと予想されており、後席側のドアは横開き式が続く可能性が高いです。

また、新たに開発されるプラットフォームを採用し、フルハイブリッドが新たに搭載される可能性があります。

さらに、最新の衝突被害軽減ブレーキが搭載され、安全装備も進化する見込みです。

価格は140万~160万
 スライドは不採用の可能性が大きい
 フルハイブリッドが新たに搭載される可能性が大きい

 

新型ワゴンRの価格帯

価格をイメージする画像

約140万~160万

新型ワゴンRも現行型と近い価格設定が予想されます。

機能が充実しても価格が高すぎると売れ行きに影響が出るため、最小限の値上げが考えられます。

具体的には、ノーマルエンジンを搭載する2WDの場合、標準ボディの買い得グレードは140万円前後となるでしょう。

現行型のマイルドハイブリッドFX-Sが138万6000円なので、新機能の追加によるわずかな値上げが予想されます。

エアロ仕様、つまりフロントバンパーなどに専用のアイテムを備えたモデルは、約20万円高の160万円前後になると見られます。

現行型のマイルドハイブリッドZXにアップグレードパッケージを追加すると154万円なので、新型では少しの値上げが見込まれます。

ターボエンジン搭載車は180万円前後となるでしょう。さらに、スライドドアが装着され、両側に電動開閉機能が追加された場合、価格が10万円程上乗せされる可能性もあります。

これらの価格設定により、新型ワゴンRは新型ムーヴとの競争において、買い得感を強調する戦略を取ると考えられます。

モデル仕様予想価格
新型ワゴンRノーマルエンジン
2WD
標準ボディ
約140万円
新型ワゴンRエアロ仕様(フロントバンパーなどに
専用のアイテムを備えたモデル)
約160万円
新型ワゴンRターボエンジン搭載車約180万円
新型ワゴンR(オプション)スライドドア装着
両側電動開閉機能追加
本体価格+10万円

これらの価格はあくまで予想であり、正式な発表があるまで確定的なものではありません。

また、新型ワゴンRが欲しいけど、今乗っている車が高く売れるか心配じゃありませんか?
新型ワゴンRの値引きもかなり渋く、販売店での下取りでは足元を見られてしまい査定金額がかなり低く諦めてしまう方も多いようです。
しかし、車買取一括査定を使用することにより、販売店の下取りよりも数十万円も高い査定額で買取りしてくれるのをご存じでしょうか?
下取りよりも、高確率で高額査定が見込めるため諦めかけていた新型ワゴンRの購入することもできるでしょう!
そんな車買取一括査定の中でも『MOTA車買取』がオススメです!
特に今の時期は、車の買取価格の相場が高額になるので今が売却のチャンスです!
また、今すぐ売却の予定がなくてもディーラーの下取りで足元を見られないために愛車の市場価値を知っておく必要があります!
『MOTA車買取』は、車買取一括査定で一番煩わしい電話ラッシュもなく、翌日の18時ごろにはWeb上で概算の査定額が確認できるため忙しい方にはピッタリです!
45秒の簡単入力で申し込みができるカンタンネット車査定で申し込んでみましょう!

\車を高く売りたいなら!!/

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

>>45秒で簡単ネット査定!<<

MOTAの特徴
 申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!
 ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる!
 高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK!

 

新型ワゴンRの発売日

納期をイメージするカレンダー画像

2024年中の可能性あり

販売店に、ダイハツムーヴは2023年にフルモデルチェンジが実施される予定ですが、ワゴンRはいつ頃フルモデルチェンジを予定されているのか確認してみました。

2022年にワゴンRは一部改良が行われ、安全装備が向上し、新たにカスタムZシリーズが追加されているので、当面はないと思われるが、2024年には行われる可能性が大きいという回答でした。

販売店がそういった情報をすべてわかっているわけではなく、メーカーから情報が降りてこない限りそういった情報は分からないようです。

今後情報が入り次第更新していきます。

 

新型ワゴンRの納期

販売条件のイメージ画像

ベースグレードは3か月程度
実際の納期は、発売後契約された件数である程度わかりますが、発売されていない現段階ではあくまでも推測となります。
現行型のワゴンR、カスタムZ、スティングレーがありますが、スティングレー以外はある短納期となっているようです。
実際に販売店に確認してみると、2か月~3か月程度で納車が可能という事です。
おそらくこの納期は新型が発売されても大きく変動はしない可能性が大きいですが、グレードや仕様によっては長納期化される可能性は大きいです。
また、ワゴンRスマイルは人気のようで、半年以上の納期となっているようです。

 

新型ワゴンRにスライドドアが採用されるのか

画像引用:スズキ

ワゴンRスマイルの存在

新型ワゴンRについて、スライドドアの採用についてはまだ確定的な情報はありません。

新型ムーヴがスライドドアを採用したことに対して、ワゴンRでも同様の採用が考えられますが、一方でスズキにはすでにスライドドアを採用した新型ワゴンRスマイルが存在します。

このモデルはデザインや機能がオーソドックスで、新型ムーヴと似た特性を持っています。

そのため、ワゴンRにスライドドアを採用すると、新型ワゴンRスマイルと商品が似通ってしまい、差別化が難しくなるという観点から、新型ワゴンRはスライドドアを採用せず、横開きドアを採用する可能性が高いとされています。

しかし、軽自動車の販売ランキングを見てみると上位を占めるのはスライドドアを採用しているモデルの比率が多い。

やはり使い勝手の部分でスライドドアが搭載されているモデルを選択する方が多いため、横開きモデルの売上を伸ばす事が難しいと言えます。

 

新型ワゴンRのフルハイブリッド化

ワゴンRフルモデルチェンジ新型は2024年いつ?価格や予想を解説

フルハイブリッドになる可能性が大きい

新型ワゴンRのパワーユニット(動力源)は、ハイブリッドも従来のマイルドタイプではなく、スズキ ソリオなどが採用するフルハイブリッドが新たに搭載される可能性があります。

このフルハイブリッドは機能が比較的シンプルで、価格の上乗せも少ないことが特徴です。

 

2023年末頃には、ダイハツ 新型ムーヴにもダイハツ 新型ロッキーと同様のeスマートハイブリッドが追加される予定となっており、eスマートハイブリッドが追加された新型ムーヴはWLTCモード燃費が30km/Lを超える可能性も高く、低燃費に貢献します。

そのため、新型ワゴンRもライバル車に負けないように、そして2030年度燃費基準への対応も含めてフルハイブリッドが搭載されるかもしれません。

 

新型ワゴンRの安全装備

ワゴンRフルモデルチェンジ新型は2024年いつ?価格や予想を解説

安全装備は進化する

新型ワゴンRの安全装備はさらに進化すると予想されます。

衝突被害軽減ブレーキは、最新のものが搭載される可能性が高く、自転車への対応が可能になり、自車が右左折する時に、直進してくる対向車や横断歩道上の歩行者を検知して作動できるようになると考えられます。

また、ドライバーの死角に入る後方の並走車両を検知して知らせる機能などが加わる可能性も高いです。

現行のスズキ車の安全装備は、古さを感じさせることもあり、新型ワゴンRで進化させ、他のモデルにも展開されていくことが考えられます。

 

まとめ ワゴンRフルモデルチェンジ新型は2024年いつ?価格や予想を解説

ワゴンRフルモデルチェンジ新型は2024年いつ?価格や予想を解説

今回は、新型ワゴンRのフルモデルチェンジは2024年いつ頃になるのか、価格や予想をふまえてお届けしました。

2024年に登場予定のスズキの新型ワゴンRは、価格が約140万円から160万円と予想されています。

この新型ワゴンRは、現行モデルと似たボディサイズを維持する見込みで、特徴的な横開き式の後席ドアも継続される可能性が高いです。

新たに開発されるプラットフォームを採用することで、フルハイブリッドモデルの導入も期待されています。

さらに、最新の衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備も搭載される予定で、安全性の向上が見込まれます。

今後も、新型ワゴンRのフルモデルチェンジは2024年いつ頃になるのか、価格や予想などを随時更新していきます。

 

新車購入の裏ワザ:あなたの愛車、本当の価値はいくら?

 

新車購入の際、多くの方が値引き交渉を重要視します。

しかし、現実的には新型モデルの値引きは0円~10万円と、期待ほどの効果は見込めません。では、どうすれば新車をお得に手に入れることができるのでしょうか?

中古車販売・買取り業者を経験の基に解説していきます。

 

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

重要なのは「今乗っている車の価値」

新車購入の際、今お乗りの車をどうするかがポイントです。下取りや中古車買取り業者への売却が考えられますが、ここで一つのアドバイス:「下取り」は避け、一括査定を利用しましょう。

 

 

なぜ下取りは避けるべきなのか?

下取りは新車購入と同時に古い車をディーラーが引き取るサービスです。手軽ですが、買取りと比較して査定額が低くなる傾向があります。その理由は、将来の相場を予測し、安全マージンを含めた価格設定がされるからです。

一方で、「買取り」は、中古車買取専門店が現在の相場で車を買い取るもの。多少手間はかかりますが、下取りよりも高額な査定が期待できます。

 

中古車一括査定サイトの活用

時間と労力を考えると、複数の買取専門店に一度に査定依頼できる「中古車一括査定サイト」がおすすめです。特に現在は新車の納期遅延が相次ぎ、中古車への需要が高まっています。このチャンスを活かし、高値での売却を目指しましょう。

 

よくある疑問にお答えします

「一括査定サイトって何?」
複数の中古車買取専門店に一度に査定依頼ができるサービスです。
 
「どこの一括査定がいいの?」
各サイトには特徴があります。オススメのサイトを後ほどご紹介します。

 

「どこが一番いいの?」
それぞれのニーズに合ったサイトを選んでください。

 

地元の中古車買取業者を訪れるのも一つの方法ですが、一括査定サイトを利用すれば、同時に複数の業者から査定額を知ることができ、最高額での売却が可能です。

下取りで30万だった車が、一括査定では60万~80万で売却できることもあります。

 

それでは、オススメの一括査定サイトを一覧でご紹介いたします。

 

私が良く利用するオススメのサービスは以下の3つです!詳細の方もページ下部に掲載しています。

おすすめ1.電話ラッシュが嫌なら『MOTA』査定額上位3社のみと交渉!!

おすすめ2.最大30社が参加する『カーセンサー』!!数多く比較ができます!!

おすすめ3.オークション形式の『ユーカーパック』!!時間があるなら高い売却額を目指せる!!

 

おすすめ買取サービス『MOTA』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約200社以上(5社中3位)
最大査定社数
最大3社(5社中3位)
管理人レビュー

当ブログでオススメする、査定サービスの1つがMOTA!! MOTAでは、一括査定申込直後に発生するオートコールによる電話がないというのが嬉しいです! 一括査定の依頼するボタンを押した瞬間、オートコールの嵐になるので困る方も多いかとおもいます。 しかし、MOTAでは最大20社で概算査定を行い査定額上位3社の査定額が、翌日の18時にWeb上で確認ができます。煩わしい電話でのアポイント確認や交渉などが不要なので、忙しい方にはピッタリかもしれませんね!

実際に私も12年前のダイハツ ムーヴの売却の際に利用してみましたが、煩わしいオートコールがないのと翌日には最高値を提示してくれた業者1社と値段交渉をし、7万円のムーヴが15万円にまで買取査定額がアップしました。
査定額というのは、MOTAに限らず高値を付けてくれるところもございますが、オートコールがないので交渉するのが1社のみというのがとても助かりましたので、オススメしています!

おすすめ買取サービス 『カーセンサー』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約1000社(5社中2位)
最大査定社数
最大30社(5社中1位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つが『カーセンサー』。 リクルートが運営しているサイトで、安心感がある一括査定サイトですね!提携社数や最大査定社数、実績も多数ございます!迷ったらまず、カーセンサーで間違いないと思います! 車の売却初めての方でも安心してご利用できます!

おすすめ買取サービス『 ユーカーパック』

オススメ度
★★★★★( 5 / 5点)
提携社数
約5000社(5社中1位)
最大査定社数
最高額を出した1社のみ(5社中5位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがユーカーパック!! オークション型で査定が行われ、煩わしいオートコールがないので余計な電話交渉が必要ないです!1番高い査定額を出した業者とのみ連絡がとれるので、何社も査定をしてもらうという手間が省けます! 提携されている数も約5000社以上とダントツ1位です! 電話対応が面倒な方や忙しい方はこちらがオススメです!

おすすめ買取サービス『 ズバット車買取比較』

オススメ度
★★★★☆( 4 / 5点)
提携社数
200社(5社中3位)
最大査定社数
最大10社(5社中2位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがズバット車買取比較! 大手上場会社が運営されている買取査定サービスです!こちらの運営会社は、他にも、一括査定のサイトを運営していることから、サイトの使いやすさは1番ですね! 入力時間は最短32秒と、パパっと済ませることができ、車に詳しくない方でも情報を入力しやすいサイト設計となっております! また、抽選となりますが現金10万円のプレゼントキャンペーンもされているのが嬉しいポイントですね! お得にクルマの査定見積もりを実施されたい方はこちらもオススメですよ!

おすすめ買取サービス『カーネクスト』

オススメ度
★★★★☆( 4 / 5点)
提携社数
1社(5社中5位)
最大査定社数
1社(5社中5位)
管理人レビュー
当ブログでオススメする、査定サービスの1つがカーネクスト! 電話一本で査定から契約が可能です!来店も不要!店舗での査定もなし!すべて電話でお車の状態をヒアリングして査定額を提示!大きな相違がなければ減額は0円!一括査定と大きく異なるのが、複数の業者とのやりとりは発生しません!もちろん大量の電話営業もありません!全国どこでもレッカーで引き取りに来てくれてレッカー代は無料!その他の面倒な手続きも代行してくれます!忙しい方にはピッタリな査定サービスです!
ワゴンRフルモデルチェンジ新型は2024年いつ?価格や予想を解説
最新情報をチェックしよう!
 data-src=なうい_国産車の最新情報発信" width="1280" height="1098" >

なうい_国産車の最新情報発信

【 国産車をメインに新型モデルやカー用品の情報を発信 】中古車買取店での査定士や販売の経験、大手タイヤメーカーでの経験、車のDIYの経験を活かしさまざまな車の情報を発信しています。【当ブログでは次のような情報を発信】✅ 国内の自動車メーカーの情報✅ おすすめカー用品✅ 毎月の新車販売台数報告Webデザイン歴17年 | 車DIY歴17年 | 車関連業界に6年在籍

CTR IMG
error: Content is protected !!