新型フリードのサムネ

新型フリードのフルモデルチェンジは2024年のいつ頃?待つべきか今買うか

こちらのページは、アフィリエイト広告を利用しています

ホンダの『フリード』は、そのコンパクトながらも視界が広く使いやすさ、そして価格の安さが魅力です。

約7年の時を経て、現行型フリードの発売日は2024年秋頃にフルモデルチェンジを控えいるという最新情報を入手しました。

新型モデルは3代目となる予定です。

ホンダ『フリード』のフルモデルチェンジには、多くのユーザーがどのようなアップデートが行われるのかと期待を寄せており、サイズが大きくなっているミニバンの中で、フリードが5ナンバーサイズを保持していることは貴重であり、その進化には注目が集まっています。

その一方では、現行型を買うべきか、新型を待つべきか悩まれているユーザーも多いですね!

最近では、予想CGなどの画像も各メディア掲載しており賑わっていますね!

そこで、当記事ではフルモデルチェンジが予定されているホンダ新型『フリード』の個人的に特定した画像や発売日は2024のいつ頃なのか、価格やデザイン予想もふまえて新型を待つべきか、現行型を買っても良いのかなどを解説しすつ最新情報をお届けしています。

【この記事でわかること】

 ホンダ新型『フリード』の最新情報
ホンダ新型『フリード』の発売日と価格予想
ホンダ新型『フリード』の特徴とスペック
ホンダ新型『フリード』の予想デザインとスパイショット

       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

 

この記事の目次

ホンダ新型フリード最新情報まとめ

ホンダフリード

画像引用:Honda公式サイト

 ホンダ新型フリード最新情報まとめ

  • 発売日:2024年秋頃
  • 価格予想:現行型から50万円程値上がり
  • 納期:半年~1年
  • パワートレイン:e:HEVがいよいよ搭載
  • 燃費性能:WTCモードで28km/l
  • デザイン:ステップワゴンの寄せてくる
  • 電動パーキング、全車速追従機能付クルーズコントロールなどの装備が設定

 

2024年春頃には、ホンダ新型『フリード』のティザーが公開される可能性が大きいです。

新型フリードのフルモデルチェンジでは、ホンダの独自ハイブリッドシステム「e:HEV」が採用され、WLTCモードでの燃費性能は28km/Lに達する見込みです。

エクステリアデザインは基本的に現行モデルを踏襲しつつ、ステップワゴンに近いスタイルに進化する可能性があります。

安全面では、電動パーキングブレーキや全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)などの最新の安全装備が採用されることが予想されます。

詳細な情報や新型『フリード』のこれからについては、ページ下部でさらに詳しく紹介しています。

新型『フリード』がどのように進化を遂げるのか、是非チェックしてみてください。

 

新型フリードを待つべきか現行型を今買うべきか

新型モデルが登場すると悩むのが、新型を待つべきか熟成された最終モデルの現行型を購入するべきかというところではないでしょうか。

新型を待つべき理由と、現行の最終型をオススメする理由について解説していきます。

新型を待つべき理由と意見

新型フリードフルモデルチェンジは2024年のいつ頃?価格や発売日の最新情報

画像引用:ベストカーWEB

新型を待つべき理由と意見について解説していきます。

 

モデル周期が長いためすぐに型落ちしない

ホンダのフリードはモデル周期が比較的長いため、モデルチェンジを待って新型を購入すると、長期間にわたり最新モデルの恩恵を受けられます。

この戦略により、7年程度は現行モデルとしての魅力を保持することが可能です。

一方で、モデルチェンジ直前に現行モデルを購入すると、新型の登場によりすぐに旧型となってしまうリスクがあり、その差は大きいと言えます。

 

燃費性能の向上

ホンダのフリードは、次のフルモデルチェンジにおいて、新しいハイブリッドシステム「e:HEV」の採用が見込まれています。

このシステムは現行の「SPORT HYBRID i-DCD」とは異なる構造を持ち、より高い燃費効率の向上が期待されています。

燃費を重視する方や、パワフルな走行性能を求める方にとって、次のモデルチェンジは大きな進化の可能性を秘めているため、新型モデルの登場を待つ価値があるでしょう。

 

最新のHonda SENSING搭載

ホンダのフリードに搭載される「Honda SENSING」は、2019年10月のマイナーチェンジで大きな変更はありませんでした。

次のフルモデルチェンジでは、フロントワイドビューカメラや電動パーキングブレーキなどの新たな安全装備が「Honda SENSING」に追加される見込みです。

これにより、最新の安全技術の恩恵を受けられるため、新型モデルの発売を待つことで、より安全なドライビングが可能になると考えられます。

 

新型を待つべき理由と意見のまとめ

フルモデルチェンジが予定されているモデル場合は、新型モデルの登場を待つべきでしょう。

しかし、新型モデルが発売されると、現行モデルよりも高額な価格設定となるため、予算に合わせて新型を購入するか現行型を購入するか検討すると良いでしょう。

モデルチェンジ後の新型車は、不具合の改善や機能の進化が期待できるため、熟成された現行モデルよりも魅力的な選択肢となります。

また、車検のタイミングでの買い替えは、新型モデルの大幅な進化を期待するうえで理想的です。

契約が完了していない場合は、新型モデルの発売を待ってから決定することもできます。

 

現行最終型をオススメする理由と意見

ホンダフリード

画像引用:Honda公式サイト

現行最終型をオススメする理由と意見について解説していきます。

 

フルモデルチェンジ後は必ず価格があがる

2022年の後半では、モデルチェンジした車が国際的な物価上昇の影響で部品調達コストの増加により、大幅な値上げが見られました。

多くの車種で20万円から30万円の値上げが発生しています。

ホンダ・フリードに関しては、2022年6月の一部改良で実質的な値上げが既に行われているため、モデルチェンジまでの価格改定は予定されていない可能性があります。

このため、フリードを検討している場合、現在の価格で購入するのが狙い目かもしれません。

 

最終型モデルは値引き幅が大きい

前回のフリードのモデルチェンジ前には、最大25万円の値引きが行われていました。

2022年6月の一部改良前には、値引き額が28万円まで増加していましたが、その後20万円に減少し、現在は23万円まで回復しています。

半導体不足による製造の遅延が影響しており、今後の値引きの拡大は不透明です。

しかし、現時点で購入する場合、モデルチェンジ直後よりもおよそ15万円ほど良い値引きが期待できる可能性があります。

 

現行のモデルが好きであれば買うべき

現行モデルのフリードが好みの場合は、迷わず現在のモデルを購入するのが良いでしょう。

モデルチェンジによってデザインが自分の好みに合うとは限らないからです。

現行フリードは先代モデルのデザインを引き継いでいますが、次のモデルチェンジでエクステリアが大幅に変更される可能性があります。

次期フリードの情報を待ってから決断することも可能ですが、その時には現行モデルの受注が終了しているリスクもあります。

 

改良を重ね熟成度が高い

自動車は完成前に試験や検査を受けていますが、実際にさまざまなユーザーが使用すると、予期しないトラブルが発生することがあります。

自動車メーカーはこれらのトラブルに対応し、改良を続けています。

そのため、モデル期間が長くなるほど車は熟成していくことになります。

フリードにおいても、現在では問題がほとんど解決されており、不具合の発生確率は低くなっていると考えられます。

 

現行最終型をオススメする理由と意見のまとめ

フリードを購入する際に、新型モデルのフルモデルチェンジを待たずに現行モデルを購入することにはいくつかの理由があります。

中古車の場合、今すぐ購入しても問題ありません。

また、他のオーダーストップされた車種と比べてフリードはまだオーダー可能であり、モデルチェンジ前に購入を検討する価値があります。

モデルチェンジ後の価格上昇やガソリン車の選択肢が減る可能性を考慮すると、現行モデルの購入が望ましいかもしれません。

さらに、モデルチェンジ前の車には値引きサービスが利用可能で、交渉によって安価で購入するチャンスもあります。

現行モデルに満足している場合、新型が登場しても現行モデルを購入することは有効な選択です。

 

新型フリードフルモデルチェンジの画像特定?

新型フリードフルモデルチェンジは2024年のいつ頃?価格や発売日の最新情報

画像引用:ベストカーWEB

新型フリードフルモデルチェンジの予想画像について、個人的にベストカーWEB様の予想CGが近い印象です。

スパイショット画像も掲載していますが、ステップワゴンのようなシンプルで飽きないデザインとなっていますね。

ステップワゴン同様サイドビューも水平基調となっています。

 

新型フリードスパイショット画像

新型フリードのスパイショット画像については、SNSのX(旧:Twitter)でポストされていたものを掲載します。

 

新型フリード5ナンバーをキープし利便性向上

ホンダの新型フリードは、従来の5ナンバーサイズを維持しつつ、全長約4.3mのコンパクトなボディーにもかかわらず、3列目シートにも大人が快適に座れる十分なスペースを確保しています。

この効率的なパッケージングがフリードの人気の理由です。

新型モデルでは、サイズは現行モデルと同等を維持しつつ、先進安全装備や使い勝手が大幅に向上することが予想されています。このように、コンパクトなサイズと機能性の向上を兼ね備えた新型フリードには高い期待が寄せられています。

 

新型フリードのACC(アダプティブクルーズコントロール)は全車速対応

新型ホンダフリードでは、先進安全装備がさらに強化されます。

特に注目すべきは、アダプティブクルーズコントロール(ACC)の全車速対応化です。これにより、渋滞時などの低速走行でもACCが利用可能になり、運転者の負担軽減に大きく寄与することが期待されます。

現行モデルでは30km/h以上での作動が条件でしたが、新型モデルではこの制限がなくなり、より幅広い走行状況での安全運転サポートが可能になると予想されています。

 

新型フリードはシートアレンジがさらに多彩に

新型ホンダフリードは、内装の使い勝手が大きく向上する見込みです。

特に注目すべきは、センタータンクレイアウトの採用です。

このレイアウトは、前席下に薄型のガソリンタンクを配置し、フラットなフロアを実現するホンダ独自の技術です。

現行モデルと異なり、新型フリードはフィットやヴェゼルのようにセンタータンクレイアウトを採用することで、より多彩かつ便利なシートアレンジが可能になると期待されています。

 

新型フリード 3列目床下格納による荷室のスペース向上

新型ホンダフリードの3列目シートにも改良が見込まれています。

現行モデルでは、左右に跳ね上げ式の3列目シートが採用されていますが、これにより荷室スペースの最大限の利用が制限されている問題があります。

新型フリードでは、ステップワゴンやオデッセイに見られる床下収納式に変更される可能性が高いと予想されます。

この変更により荷室スペースの有効利用が可能になり、2列目シートのリクライニングの可動域も向上することが期待されています。

新型フリードの発売は2024年頃と見込まれており、今後の動向が注目されています。

 

新型フリードフルモデルチェンジに期待される進化とは?

新型フリードフルモデルチェンジは2024年のいつ頃?価格や発売日の最新情報

2024年秋に予定されているホンダの新型フリードのフルモデルチェンジでは、多くの進化が期待されています。主な変更点は以下の通りです。

  • パワートレインの進化
  • 最新の安全装備へ
  • 走行安定性の向上
  • 燃費性能の向上

 

愛車を最高買取金額で売却!!

車を売却する際、悩みや不安は多いものです。どのようにすれば最高価格で売却できるか、またそのやりとりがどれほど面倒なのかなど、これらは多くの人が抱える共通の問題です。このような状況では、車一括査定サイトの利用が非常に効果的です[…]

車一括査定サイト おすすめ ランキング 流れ 特徴 比較

 

パワートレインの進化

エンジン

2024年に予定されている新型フリードのモデルチェンジでは、パワートレインの重要な変更が期待されています。

具体的には、従来の1モーター式ハイブリッドシステムから、より進化した2モーター式のスポーツe:HEVシステムへの変更が予想されています。

このシステムは、新型シビックや新型ヴェゼルにも採用されている最新のハイブリッド技術です。

この変更により、新型フリードは以下のようなメリットを提供することが期待されます。

  1. 燃費性能の向上:より効率的なハイブリッドシステムにより、燃料消費を抑え、環境に優しい走行が可能になります。
  2. 走行性能の強化:2モーター式システムは、よりダイナミックな走行感と応答性の高い加速を提供します。
  3. 静かな走行環境の実現:ハイブリッドシステムの改良により、特に低速時やアイドリング時の静粛性が向上します。

これらの進化により、新型フリードはドライバーにとってより魅力的な選択肢となることが期待されています。

 

安全装備のアップグレード

安全装備

新型フリードの安全装備に関しては、ホンダセンシングの最新版へのアップグレードが期待されています。

ホンダセンシングは、事故を未然に防ぐための先進的な安全技術を集約したシステムで、新型フリードにおいてもその進化版が搭載されることが予想されます。

このアップグレードにより、以下のような安全性能の向上が期待されます:

  1. 衝突回避性能の向上:より高度なセンサーとアルゴリズムにより、前方の車両や歩行者を検知し、衝突のリスクを低減します。
  2. 自動運転技術の搭載:高度な運転支援システムにより、特定の条件下での自動運転が可能になることが期待されます。
  3. ドライバーの操作負担軽減:アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストなどの機能が、長距離運転や渋滞時のドライバーの疲労軽減に寄与します。

これらの安全装備の充実により、新型フリードは家族やビジネスユースにおいても、より安全で信頼性の高い車両としての地位を確立することが期待されています。

 

走行安定性の向上

新型フリードフルモデルチェンジは2024年のいつ頃?価格や発売日の最新情報

ホイールベースが延長されることで、3列目の足元スペースの拡大や乗降のしやすさが向上する見込みです。

新型フリードのボディサイズに関しては、現行モデルと同様の5ナンバーサイズを維持しつつ、ホイールベースが10mm延長されることにより、内部空間の広さと快適性が向上することが期待されています。

この変更は、特に後部座席の足元スペースの拡大や、荷室の利便性向上に寄与するでしょう。

ホイールベースの延長による主なメリットは以下の通りです。

  1. 室内空間の拡大補足:ホイールベースが長くなると、車内の利用可能なスペースが増え、特に後部座席の足元の空間が広がります。これにより、乗員の快適性が向上します。
  2. 荷室容量の増加補足:ホイールベースの延長は、荷室の容量を増やす効果もあります。これにより、荷物の積載能力が向上し、特に家族旅行やアウトドア活動に便利です。
  3. 操縦安定性の向上補足:長いホイールベースは、車両の操縦安定性を高めます。特にカーブや急な操舵時に車両が安定し、安全性が向上します。
  4. デザインの向上補足:長いホイールベースは、車両のプロポーションに影響を与え、よりバランスの取れた、スタイリッシュな外観を実現します。

ホイールベースの延長による乗り心地への影響についてのご指摘は正しいです。

ホイールベースが長いと、車両の前後輪が道路の段差を乗り越える際のピッチング(前後の揺れ)が減少します。

これにより、車内の乗員は前後方向の揺れを少なく感じ、結果として安心感や快適さが向上します。

しかし、段差によるショックや振動自体が大幅に減少するわけではありません。

乗り心地の根本的な改善は、サスペンションの設計やダンパーの性能、タイヤの選択など、他の要素にも大きく依存します。

ホイールベースの延長は乗り心地に一定の影響を与えますが、全体的な乗り心地の質を決定するのは、車両設計の総合的な要素によるものです。

パワートレインに関しては、1.5リットルのガソリンエンジンに加えて、ホンダのフィットで好評を博している1.5リットルエンジンと2モーターを組み合わせたe:HEVシステムが設定される見込みです。

このハイブリッドシステムは、燃費効率の向上だけでなく、モーターによるスムーズで爽快な走行感を提供し、フリードの魅力を一層高める要素となることが予想されます。

これらの進化により、新型フリードは家族向けの実用車としての快適性と、走行性能の両方を兼ね備えたモデルとして、さらなる人気を集めることが期待されています。

 

燃費性能の向上

ガソリンメーターの画像

新型フリードの燃費性能に関しては、大幅な向上が期待されています。

現行モデルの燃費が20.9km/Lであるのに対し、新型モデルでは約28.0km/Lまでの向上が予測されています。

この改善により、新型フリードは競合車種であるトヨタ・シエンタの燃費性能28.8km/Lに匹敵するレベルに達すると見られています。

燃費性能の向上による主なメリットは以下の通りです:

  1. 燃料費の節約:より効率的な燃費により、長期的に見て燃料コストの削減が可能になります。
  2. 環境負荷の軽減:燃費の向上はCO2排出量の削減にも繋がり、環境に優しい運転が実現します。
  3. 長距離ドライブの快適性向上:燃料補給の頻度が減るため、長距離ドライブがより快適になります。

これらの進化により、新型フリードは家族向けのコンパクトカーとして、またビジネス用途においても、より魅力的な選択肢となることが期待されています。

これらの変更により、新型フリードは快適性、安全性、環境性能の面で大きく進化し、市場での競争力をさらに高めることが期待されています。また、2023年夏には現行モデルの最後のマイナーチェンジが予定されており、新型モデルへの移行がスムーズに行われることでしょう。

 

ホンダ新型フリードの発売日はいつごろ?

発売日

2024年秋頃

新型『フリード』の発売日について、公式からの発表はありません。

販売店に確認してみると、2024年秋頃にはフルモデルチェンジが予定されているようです。

前回のフルモデルチェンジから約7年が経過することとなります。

新型『フリード』がどのような進化を遂げ、どのような新しい特徴や先進機能が搭載されるか、多くのファンや将来のオーナーたちの期待が高まっています。

発売日に関する最新情報は、随時更新していきます。

 

ホンダ新型フリードの価格帯は?

価格をイメージする画像

30万~50万程値上げ、値引きは渋い

新型『フリード』の価格について、公式からの発表はありません。

販売店に確認してみると、新型『フリード』に対しての情報はあまりないようですが、値段の上昇が見込まれており30万~50万程値上げとなるようです。

グレード構成は、現行モデルと同様に、6人または7人乗りの3列シートのフリードと、2列シート5人乗りのフリード+(名称変更の可能性あり)が含まれます。

さらに、現行モデルでもラインアップされているSUV風のCROSSTARは、より強いSUVイメージを持って登場するでしょう。2列シート5人乗りのフリード+については、車中泊に適した機能やディーラーオプションが提供される予定です。

また、新型『フリード』が欲しいけど今乗っている車が高く売れるか心配じゃありませんか?

昨今の新型モデルの値引きもかなり渋く、当然新型『フリード』の値引きも渋いことは明確です。

販売店での下取りでは足元を見られてしまい査定金額がかなり低く諦めてしまう方も多いようです。

しかし、車買取一括査定を使用することにより、販売店の下取りよりも数十万円も高い査定額で買取りしてくれるのをご存じでしょうか?

下取りよりも、高確率で高額査定が見込めるため諦めかけていた新型『フリード』の購入することもできるでしょう!

そんな車買取一括査定の中でも『MOTA車買取』がオススメです!

特に今の時期は、車の買取価格の相場が高額になるので今が売却のチャンスです!

また、今すぐ売却の予定がなくてもディーラーの下取りで足元を見られないために愛車の市場価値を知っておく必要があります!『MOTA車買取』は、車買取一括査定で一番煩わしい電話ラッシュもなく、翌日の18時ごろにはWeb上で概算の査定額が確認できるため忙しい方にはピッタリです!

45秒の簡単入力で申し込みができるカンタンネット車査定で申し込んでみましょう!

 

\車を高く売りたいなら!!/

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

>>45秒で簡単ネット査定!<<

MOTAの特徴

 申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!
 ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる!
 高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK!

 

現行型フリードのグレード別販売価格
グレード駆動方式乗車定員販売価格
フリード B Honda SENSINGFF6人1,997,600円
G Honda SENSINGFF6人2,160,400円
7人2,182,400円
4WD6人2,396,900円
7人2,418,900円
フリード CROSSTAR Honda SENSINGFF6人2,380,400円
4WD6人2,616,900円
フリード+ G Honda SENSINGFF5人2,182,400円
4WD5人2,418,900円
フリード+ CROSSTAR Honda SENSINGFF5人2,402,400円
4WD5人2,638,900円
フリード HYBRID G Honda SENSINGFF6人2,561,900円
FF7人2,583,900円
4WD6人2,798,400円
フリード HYBRID CROSSTAR Honda SENSINGFF6人2,781,900円
4WD6人3,018,400円
フリード+ HYBRID G Honda SENSINGFF5人2,583,900円
4WD5人2,820,400円
フリード+ HYBRID CROSSTAR Honda SENSINGFF5人2,803,900円
4WD5人3,040,400円

価格に関する最新情報は、随時更新していきます。

 

ホンダ新型フリードの納期目安はどのくらい?

販売条件のイメージ画像

半年~1年程度
現在ホンダの納期状況を調査してみると、人気モデルは1年程度納期がかかっているようです。
とくに、ステップワゴン、ZR-V、ヴェゼルは早くて1年程度となっています。
グレードや装備によって、納期はかなり変動しますがガソリンFFモデルは比較的早い納車が見込まれています。
先行予約があれば、先行予約段階での注文でおそらく半年程度。
発表後は注文が殺到すると考えられるので、1年程度かかると見込んでいます。
ご検討中の方は、先行予約が始まると同時に契約した方が良さそうです。

ホンダ新型『フリード』の先行予約はいつから?

先行予約開始時期は、早ければ2024年春頃となり先行予約の段階で契約した場合、発売日には間に合うでしょう。

納期に関しては、世界情勢で変動しますのでご注意ください。

 

ホンダ新型フリードのフルモデルチェンジの詳細について

ホンダ新型フリードの予想される各スペックをご紹介します。

 

エクステリア

新型フリードフルモデルチェンジは2024年のいつ頃?価格や発売日の最新情報

『ヴェゼル』のようなボリュームのあるデザインか、『ステップワゴン』や『N-BOX』のようなシンプルデザインか!!

新型『フリード』のエクステリアにおいて、見込まれている最大の変更点がフロントマスクと言われています。

新型『フィット』のフロントマスクが一部で評価を二分していることを考慮し、フリードがどのようなデザインを採用するかは非常に興味深いポイントとなります。

まず、フロントマスクについてですが、大きなグリルとシャープなヘッドライトで力強さと先進性を表現される新型ヴェゼルのようなボリューム感あるデザインが採用されるか、新型ステップワゴンや新型N-BOXのようなシンプルなデザインが採用されるか注目されるポイントです。

 

側面デザインに関しては、現行モデルとの大きなサイズ変更がない場合、基本的なフォルムは踏襲される可能性が高いです。

ただし、ウィンドウラインやサイドシルエットにおいて、より流麗でスポーティなラインが加えられることも予想されます。

これにより、フリードが若々しさとダイナミズムを増すことで、シエンタのような可愛らしさとは一線を画したスタイリッシュな印象を打ち出す可能性があります。

また、ステップワゴンのようなデザイン要素も取り入れることで、ファミリーカーとしての実用性と、都会的なスタイリッシュさを両立させる道もあります。

例えば、ステップワゴンの特徴的な大きなサイドウィンドウや、リアエンドのデザインを参考にしつつ、フリードならではのコンパクトさと機能美を追求することも考えられます。

いずれにせよ、次期フリードがどのようなデザインを採用し、どのように市場をリードしていくのか、楽しみでなりませんね。これからの情報解禁を待ちわびましょう。

 

インテリア

新型フリードフルモデルチェンジは2024年のいつ頃?価格や発売日の最新情報

2列目は『キャプテンシート』『ベンチシート』が用意される見込み!!3列目の乗り心地か向上!!

新型『フリード』における3列目シートの快適性の向上は、多くのファミリー層からの期待が集まっています。

現行モデルでは、全高の低さからくる室内高の不足が指摘されており、特に3列目の座り心地に関しては改善の余地があります。

腰の位置が低く、膝が高くなる座り方は、長距離の移動では特に不快感をもたらす可能性があります。

新型『フリード』では、これらの課題を解決するために、全高を若干高くすることで室内高を確保し、3列目シートの座面と床との距離を適切に設定することで、快適な座り心地を実現する可能性があります。

コンパクトカーでありながら、大人数がストレスなく移動できる空間作りが期待されています。

また、2列目シートに関しても、基本となるのはセパレートタイプのキャプテンシート(6人乗り)でしょうが、ファミリー層のニーズに応えるために、ベンチシート(7人乗り)をオプションで選択可能にすることも考えられます。

ライバル車種である新型シエンタにはキャプテンシートが用意されていないため、新型『フリード』ではこのポイントを強みとしてアピールすることができるでしょう。

新型『フリード』がどのようにこれらの期待に応え、またどのようにユーザビリティを向上させてくれるのか、発表を心待ちにしています。

 

ボディサイズ

ボディサイズのイメージ図

大型化されても全長100mm程度!!

ボディサイズに関しては現行モデルと大きくサイズ変更はされない予定です。

『フリード』はコンパクトなサイズと運転のしやすさが人気の1つなので、このメリットが無くなることはまずないでしょう。

大型化されるとしても全長が100mm程度となり、さらに荷室が広くなる見込みです。

項目フリード(ガソリンモデル)フリード(ハイブリッドモデル)
全長4,265mm4,265mm
全幅1,695mm1,695mm
全高1,710mm1,710mm
総排気量1,496L1,496L
車両重量1,340kg1,400kg
ホイールベース2,740mm2,740mm
最低地上高135mm135mm
最小回転半径5.2m5.2m
駆動方式FF/4WDFF/4WD
乗車定員6名/7名6名/7名

 

パワートレイン

エンジンの画像

「e:HEV」の採用!!

新型フリードの最大の進化したポイントがハイブリッド機構。

現行モデルはエンジン主体の1モーター式「i-DCD」が採用されている。しかし、新型モデルは2モーター式の「e:HEV」が採用されるようです。

このe:HEVは、フィットやヴェゼルでも使用されているエンジンで、中低速域ではエンジンが発電を行いモーターが駆動する一方、高速域ではエンジンが直接駆動することで効率的な走行を実現します。

「e:HEV」の採用により、次世代モデルのWLTCモード燃費は、おそらく28.0㎞/L前後まで改善する可能性が高いです。

また、シャシーについては、現行モデルのものが改良され、また再利用されることが予想されます。

ホンダのミニバンラインアップにおいて、現在は2代目フリードの現行モデルだけに存在するハイブリッドパワートレインとリアルタイムAWDの組み合わせが設定される可能性が高いと考えられます。

 

快適装備や安全装備

ホンダフリードの室内は快適画像引用:Honda公式サイト

最新のHonda SENSING 360搭載!!

安全装備も最新のものに更新されます。

海外向けの最新ホンダ車に順次採用されているところですが、2023年秋に日本で導入される11代目アコードに続き、従来のシステムを全方位に拡大し、車両周囲の死角をカバーするHonda SENSING 360(ホンダ センシング サンロクマル)が搭載されます。

 

ホンダフリードについて

ホンダフリード画像引用:Honda公式サイト

今までは新型フリードについてご紹介してきました。

最後にフリードについて簡単にご紹介させていただきます。

フリードとは?

ホンダ『フリード』は、コンパクトながらも広々とした室内空間と高い居住性を兼ね備えたミニバン型の小型乗用車です。5ナンバーサイズでありながら、その使い勝手の良さから多くのユーザーに支持されています。

フリードの歴史と進化

  • 初代『フリード』(2008年登場):モビリオの後継車として、男性的でスタイリッシュなデザインを特徴としました。シートバリエーションも豊富で、5人乗りから8人乗りまで選択可能でした。
  • 2代目『フリード』(2016年登場):”7days Wonderful Mobility”をテーマに、多様な利用シーンに対応。8人乗りオプションは廃止され、エクステリアデザインが一新されました。また、モデル分類も「フリード」「フリード+」とシンプルになりました。
  • マイナーチェンジ(2019年):エクステリアデザインがシンプルかつ親しみやすいものに変更。安全装備も強化され、「Honda SENSING」が全タイプに標準装備されました。
  • 価格改定(2023年):原材料価格の高騰などを受け、全タイプで価格が上昇しました。

現在は、次期モデルとなる新型フリードの登場が待たれています。

スタイリングとインテリア

『フリード』はその精悍で洗練されたスタイルから、多くのバリエーションを展開しています。CROSSTARはアクティブなスタイルが特徴で、HYBRID G / G 特別仕様車 BLACK STYLEではシックなブラックを基調としたデザインが注目を集めています。インテリアでは、リラックスできる空間と木目調で上質感を演出しています。

走行性能

『フリード』はそのコンパクトなボディサイズと視界の良さ、低燃費かつ力強い走りが特徴です。ハイブリッドタイプでは、アトキンソンサイクルの1.5L i-VTECエンジンと7速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、軽快な走りを実現。ガソリンタイプも1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジン+CVTで力強い走りと高い燃費性能を提供しています。

装備と室内空間

9インチのプレミアム インターナビ VXM-237VFNiは、高画質・高音質でありながらも直感的な操作が可能で、スマートフォンとの連携も特徴です。室内空間では、1〜3列目まで全席に広い空間を確保し、特に2列目キャプテンシートは360mmスライド可能で、広々とした足元を提供しています。

新型フリードがどのようにこれらの特徴を継承し、またどのように進化を遂げるのか、多くのファンが期待を寄せています。

 

フリードとシエンタの比較

トヨタシエンタ画像引用:トヨタ ヤリス | トヨタ自動車WEBサイト

フリードと競合車種シエンタの比較について、以下のポイントを挙げることができます。

シエンタの最新燃費性能

  • 燃費性能: 2022年8月のフルモデルチェンジで、シエンタの燃費性能は28.8km/Lに向上しました。これはフリードの予想される燃費性能28.0km/Lと比較しても高い水準です。
  • 向上の要因: 先進のハイブリッドシステムの採用、車体の軽量化、空力性能の改善などが挙げられます。

フリードとシエンタの主な違い

  • 2列目の座席: フリードでは2列目にキャプテンシートが設定されており、快適性や乗降のしやすさ、プライバシーの確保などのメリットがあります。対してシエンタでは2列目にベンチシートが設定されています。
  • ユーザーの選択: キャプテンシートを好むユーザーはフリードを選ぶ傾向にあります。

総合的な比較

  • 燃費性能: シエンタが若干優れていますが、フリードも十分な燃費性能を提供します。
  • 内装と快適性: フリードはキャプテンシートにより快適性に優れていますが、シエンタはベンチシートにより広い空間を提供します。

両車ともにそれぞれの特徴があり、ユーザーのニーズに応じて選択することが重要です。フリードは快適な乗り心地と個別の座席の快適性を重視するユーザーに、シエンタは燃費性能と広い室内空間を求めるユーザーに適しています。

 

まとめ 新型フリードのフルモデルチェンジは2024年のいつ頃?待つべきか今買うか

2024年秋頃にフルモデルチェンジを予定しているホンダ新型フリードの特定した画像や価格や発売日、現行型を買うべきか新型を待つべきかんどの解説をしつつ最新情報についてお届けしました!

画像は公式からの発表はまだございませんが、個人的におそらくこれだろうという画像は特定しておりますがもちろん個人的な希望です!

発売日や価格については、公式からの発表はまだありませんが、2024年に入ればもう少し情報が入ってくるかと思いますので最新情報が入り次第更新していきます!

現行型のフリードは社用車として利用してきたことがありますが、価格の割に室内のデザインも良く女性が好む印象ですね!

ヴォクシーやノア、アルファードといった大きいサイズのミニバンまでは必要がない、お子さんが1人ぐらいであれば十分な広さがありますし、中古車も手軽に購入できますので、オススメです!

今後も、2024年秋頃にフルモデルチェンジを予定しているホンダ新型フリードの特定した画像や価格や発売日、現行型を買うべきか新型を待つべきかんどの解説をしつつ最新情報についてお届けしました!

 

愛車を最高買取金額で売却!!

車を売却する際、悩みや不安は多いものです。どのようにすれば最高価格で売却できるか、またそのやりとりがどれほど面倒なのかなど、これらは多くの人が抱える共通の問題です。このような状況では、車一括査定サイトの利用が非常に効果的です[…]

車一括査定サイト おすすめ ランキング 流れ 特徴 比較

 

新型フリードのサムネ
最新情報をチェックしよう!
 data-src=なうい_国産車の最新情報発信" width="1280" height="1098" >

なうい_国産車の最新情報発信

【 国産車をメインに新型モデルやカー用品の情報を発信 】中古車買取店での査定士や販売の経験、大手タイヤメーカーでの経験、車のDIYの経験を活かしさまざまな車の情報を発信しています。【当ブログでは次のような情報を発信】✅ 国内の自動車メーカーの情報✅ おすすめカー用品✅ 毎月の新車販売台数報告Webデザイン歴17年 | 車DIY歴17年 | 車関連業界に6年在籍

CTR IMG
error: Content is protected !!