光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説

光岡自動車は恥ずかしいダサいと言われる7つの理由を解説!

こちらのページは、アフィリエイト広告を利用しています

光岡自動車は、レプリカ車やパイクカーを製造する会社として知られており、車に興味がある人たちの間では広く知られています。

ネットで検索してみると、恥ずかしいというようなワードを良く目にしてしまいます。

何故、光岡自動車は恥ずかしいと言われてしまうのか7つの理由を解説していきます。

【この記事でわかること】
光岡自動車は恥ずかしいと言われる7つの理由
 光岡自動車を所有している芸能人
 光岡自動車のおすすめポイント
       

この記事の信頼性

Naui
なうい

X(旧:Twitter)
( @jp_cars_naui )

  • 中古車業界出身
  • 元車の査定士(1000万クラスの買取実績)
  • 大手タイヤメーカー出身
  • タイヤと用品に精通
  • 車のDIY好き

車関係の仕事には約6~7年ほど在籍しており買取から販売の多数の経験を活かし、車関係の情報を発信し現在300記事ほど執筆しています。

今お乗りの車に不満がある場合、いくらで売れるか査定してみませんか?

中古車相場が高い今だからこそ車一括査定サイトを利用して売却のチャンスです!

そんな車買取一括査定の中でも『MOTA車買取』がオススメです!

特に今の時期は、車の買取価格の相場が高額になるので今が売却のチャンスです!

また、今すぐ売却の予定がなくてもディーラーの下取りで足元を見られないために愛車の市場価値を知っておく必要があります!

『MOTA車買取』は、車買取一括査定で一番煩わしい電話ラッシュもなく、翌日の18時ごろにはWeb上で概算の査定額が確認できるため忙しい方にはピッタリです!

45秒の簡単入力で申し込みができるカンタンネット車査定で申し込んでみましょう!

\車を高く売りたいなら!!/

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

>>45秒で簡単ネット査定!<<

 

MOTAの特徴

 申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!
 ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる!
 高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK!

 

光岡自動車は恥ずかしいダサいと言われる7つの理由は?

光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説画像引用:光岡自動車

光岡自動車というと、レプリカモデルやバイクカーなどを製造している車好きには有名な国産自動車メーカーです。

同社の代表的な車種にはビュート、ガリュー、ヒミコ、オロチ、ロックスター、バディなどがあります。

光岡自動車の特徴として、一部の車種(ゼロワンとオロチ)は自社で車台から製造し、型式認証を取得しているものの、ほとんどの車はいわゆるレプリカ車です。

例えば、ビュートは日産マーチの主要構造部を使用し、ボディーパネル部分のみを光岡自動車が製造したものです。

その他にも、ガリュー(5代目)は日産ティアナをベースに、ヒミコとロックスターはマツダロードスターをベースに、バディはトヨタRAV4をベースに製造されています。

光岡自動車の車を間近で見ると、そのハリボテ感や取って付けたようなデザインが印象的で、多くの人がその特徴を感じ取っています。

具体的な声としては、デザインの独特さやオリジナリティに関する意見が多く、そのユニークなスタイルは賛否両論を呼ぶことがあります。

光岡自動車の車は、その特異なデザインとスタイルによって、自動車市場において独特の地位を築いています。

 

光岡自動車に関する具体的な声として、以下のような意見があります。

光岡自動車に関する口コミ

 光岡自動車の車は、その特異なデザインで目立つことは間違いありません。しかし、このようなスタイルを好む人は限られているのではないでしょうか?


 価格が元の車種よりも高いのに、質感が物足りない印象があります。デザインは確かにユニークですが、それが必ずしも好評とは限らないようです。


 光岡自動車には、エンジンやシャシーなど、よりオリジナルの部分から車を製造するような志向があっても良いのではないでしょうか?


 このような派手なスタイルの車に乗る人がいるとは驚きですが、果たしてどのような層が購入を考えるのか気になります。


 個人的には、光岡自動車の車に乗ることは少々恥ずかしいと感じます。他にも同じように感じる人がいるのではないかと思います。価格が高いだけに、周囲の反応も気になるところです。

 

これらの意見から、光岡自動車のデザインや価格に対する賛否両論があることがわかります。

一方で、こうした意見を述べることは自由であり、人それぞれの好みや価値観が反映されていることが伺えます。

光岡自動車の車は、そのユニークなスタイルにより、特定の愛好者には非常に魅力的に映る可能性があります。

 

光岡自動車は恥ずかしいと言われる理由1

光岡自動車の車は、確かに他のメーカーとは一線を画すデザインをしています。

そのため、高い価格で購入しても、周囲からはあまり理解されないことがあるんですね。個性的な外観は、一部の人には恥ずかしさを感じさせることもあるようです。

光岡自動車に対する意見は分かれるところです。

そのユニークなデザインが、一部の人には受け入れられず、恥ずかしいと感じることがある一方で、個性を重視する人々には魅力的に映ることもあります。

自動車選びは、個々の価値観や好みが大きく反映される分野です。

 

光岡自動車は恥ずかしいと言われる理由2

光岡自動車に関する一部の意見では、車両の値段が高いにもかかわらず、外観が安っぽく見えるという点が指摘されています。

光岡自動車は、故障が比較的少ないとされる自動車メーカーですが、エクステリアデザインに使用されているメッキパーツの劣化が早いという声もあります。

メッキを使用すること自体が、一部の人には安っぽさを感じさせる要因になっているようです。

特に、メッキパーツがサビてしまうと、その印象はさらに強まる傾向があります。

一方で、光岡自動車の普通車の価格範囲は300万円から516万円と、決して安価なものではないため、価格に見合わない外観の安っぽさが、一部の人々にとって光岡自動車が恥ずかしいと感じる理由の一つになっているようです。

このように、光岡自動車に対する意見は賛否両論があり、その独特なデザインや価格設定が、一部の人々の間で異なる印象を与えていることが伺えます。

車の価値は、その性能やデザイン、ブランドイメージなど多岐にわたる要素で評価されるため、光岡自動車の車に対する評価も人それぞれ異なるものとなっています。

 

光岡自動車は恥ずかしいと言われる理由3

光岡自動車の特徴的なフロントデザインについては、他の国産自動車ブランドには見られない独自性があるとされています。

そのユニークなスタイルから、「世界で最も奇抜な自動車メーカー」と評されることもあるようです。

光岡自動車の車種の中には、丸いヘッドライトを採用しているモデルがあり、このデザインは外国の車を連想させることがあります。

日本の自動車市場では一般的ではないこのスタイルは、日本人のドライバーにとって馴染みのない外観となっています。

このような見慣れないデザインが、一部の人々には「ダサい」と感じられる原因の一つとなっているようです。

光岡自動車のデザインは、その個性的で特異なスタイルによって、自動車市場において独自の地位を築いています。

このようなデザインは、一部の人々には受け入れがたいと感じられるかもしれませんが、独創的な外観を求める自動車愛好者にとっては魅力的な選択肢となり得ます。

自動車のデザインに関する評価は、個人の好みや文化的背景に大きく影響されるため、光岡自動車の車に対する反応は人によって大きく異なるでしょう。

 

光岡自動車は恥ずかしいと言われる理由4

光岡自動車のデザインに関する意見の中には、「正面は良いが、側面がダサい」というものがあります。

光岡自動車のフロントデザインは、凝った作りとなっており、しばしば外車を彷彿とさせるスタイルを持っています。

しかし、側面に関しては、使用されている他社の部品がそのまま採用されていることがあるようです。

このような外車風の正面デザインと国産車そのままの側面というデザインのちぐはぐさが、一部の人々にはダサいと感じられる原因となっているようです。

側面のデザインまで気にする人は少ないかもしれませんが、全体的なデザインの統一性を重視する観点からは、側面もフロントデザインに合わせたカスタマイズが望まれることもあるでしょう。

光岡自動車の車は、その独創的なスタイルとデザインによって、自動車市場において独自の地位を築いています。

しかし、そのユニークなデザインが全ての人に受け入れられるわけではなく、デザインに対する評価は個々の好みや見解によって大きく異なります。

光岡自動車のような個性的な車両は、デザインの統一性や全体のバランスに対する異なる意見を引き出すことがあります。

 

光岡自動車は恥ずかしいと言われる理由5

光岡自動車について、「正面は良いけれど、後部(ケツ)がダサい」という意見があるようです。

光岡自動車の一部の車種では、フロントデザインが目を引く一方で、後部のデザインがシンプルであり、フロントの印象とマッチしないことが指摘されているようです。

特に、写真で見る光岡自動車のバディのようなモデルでは、後部が控えめなデザインであり、力強いフロントデザインとのギャップが感じられることがあるようです。

このようなデザインの不一致が、一部の人には老成した印象やガッカリ感を与えているようです。

デザインの好みは個人差が大きいものの、側面と同様に、後部のデザインもフロントに合わせたカスタマイズが望まれる場合があるでしょう。

光岡自動車のような個性的な車は、全体のデザインバランスや統一感が重要視されることがあり、フロント、側面、後部の各デザインが調和していることが望まれます。

デザインの統一性や全体のバランスに対する意見は、車の魅力を左右する重要な要素となり得ます。

 

光岡自動車は恥ずかしいと言われる理由6

光岡自動車のウェブサイトや車のラインアップには、特徴的なポエムが添えられていることがあり、一部の人々からはその表現が恥ずかしいと感じられているようです。

例として挙げられるロックスターに関連するポエムは、情緒的で抽象的な表現が含まれており、このスタイルは光岡自動車の車の特徴を伝える独特の方法となっています。

このようなポエムが車の特長を具体的に伝えるものではないため、何を意図しているのかを理解するのが難しいと感じる人もいるかもしれません。

これらの文言は、車のイメージやブランドの世界観を表現するための試みと考えられますが、一般的な自動車のプロモーションとは異なるアプローチであるため、異なる反応が生じることもあります。

ロックスターのような車を街中で見かけた際に、これらのポエムを連想して「あの恥ずかしいポエムの車」と思ってしまう人もいるかもしれません。

光岡自動車のこのようなユニークなプロモーション手法は、一部の人々には魅力的に映る可能性がありますが、他の人々には理解されにくいかもしれません。

自動車のプロモーションにおいては、様々な手法が試みられることがあり、それぞれに異なる受け止め方が存在します。

 

光岡自動車は恥ずかしいと言われる理由7

光岡自動車のロックスターについて、一部の人々は、アメリカンスポーツカーの代表格であるコルベットに似ていると指摘しています。

ロックスターの外観がコルベットに似たデザイン要素を持っていることは、写真を見ると一目瞭然です。

確かに、ロックスターの車体はコルベットの特徴を彷彿とさせる部分があるように見えます。

しかし、光岡自動車は、ロックスターがコルベットを意識して作られたわけではないと明言しているそうです。

このようなスタンスが、一部の人々からは矛盾しているように見え、カッコ悪くて恥ずかしいと感じられることがあるようです。

光岡自動車の車は、独特のデザイン哲学とスタイルを持っており、他のメーカーの車とは一線を画す独自性を追求しています。

しかし、このような個性的なデザインには、外観が他の有名な車種に似ていると感じる人もいるかもしれません。

自動車のデザインは、さまざまな要素が組み合わさって成り立っており、特定の車に似ていると感じることは自然なことですが、それが必ずしも意図的な模倣であるとは限りません。

光岡自動車のようなメーカーは、自身のデザイン哲学を貫きつつ、市場での独自の地位を確立しているのです。

 

光岡自動車は気持ち悪いという意見もある

光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説画像引用:光岡自動車

光岡自動車に対して「気持ち悪い」と感じる意見があるようです。

これは、光岡自動車の車がクラシックカーを模倣した前後のデザインと、現代車のような側面のデザインを組み合わせていることが原因の一つとされています。

このようなデザインの組み合わせが、一部の人々には不自然に感じられ、「猫の剥製に頭と尻尾を犬にすげ替えたような」というような奇抜な例えで表現されています。

車としての統一感がないと感じることが、「気持ち悪い」という印象を生む要因となっているようです。

さらに、光岡自動車の中でも特に幅広いデザインのオロチや、多数のヘッドライトを持つヌエラに関しては、デザインそのものが「気持ち悪い」と評されることがあるようです。

これらのモデルは独特のスタイルを持っており、一般的な自動車のデザイン規範から外れることが、特異な印象を与えることに繋がっています。

光岡自動車のデザインは、そのユニークさや個性的なスタイルによって、自動車市場において特異な地位を築いています。

このような独創的なデザインは、一部の人々には受け入れられる一方で、他の人々には理解されにくいと感じられることもあります。

自動車のデザインに関する評価は、個人の好みや文化的背景に大きく影響されるため、光岡自動車の車に対する反応は人によって大きく異なります。

 

光岡自動車にはコアなファンの方が多い

光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説画像引用:光岡自動車

光岡自動車のレプリカ路線に対する意見は、確かに賛否両論があります。

一方で熱烈な支持者もいることは間違いありません。

パイクカーに関しては、大手自動車メーカーも時折生産・販売しており、日産自動車のBe-1、パオ、フィガロなどはバブル経済の時代に自動車ファンを熱狂させました。

これらは今でも中古車市場で高値で取引されています。

トヨタもスターレットをベースにしたセラやWILLプロジェクトのVi、VS、CYPHAを発売し、一定の反響を得ました。

カスタムカーという分野も存在し、自動車好きには広く根付いています。

カスタムの度合いは様々で、車の全体的な外観が変わるほどのものもあります。

カスタムカーに関する雑誌も多く、オーナーたちの愛車が鮮明な画像で紹介されています。

このような背景を考えると、光岡自動車の潜在的なファン層はカスタムカーやパイクカーを好む自動車ファンの中に存在していると言えます。

彼らにとって、光岡自動車のロックスターのような車を街で見かけると、そのユニークなデザインに注目し、魅力を感じることでしょう。

光岡自動車の車は、人と違った車を求める普通の自動車ファンによって購入されています。

特別で特殊な人だけではなく、一般の自動車愛好者がそのユニークなデザインを求めています。

プリウスのような一般的な車を選びながらも、独自のカスタムで差別化を図る人々のように、光岡自動車の顧客も自分たちのスタイルを持っています。

要するに、光岡自動車の車は、見た目が違い、他とは一線を画す特徴を持っていることが重要です。それが多くの自動車ファンの心を捉えているのです。

 

光岡自動車はしっかりとした一流国産メーカー

光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説画像引用:光岡自動車

光岡自動車の車両は、独特な外観を持ちながらも、中身は一流メーカーの車をベースにしているという安心感を提供しています。

一部では「エンジンやシャシーから丸ごと作る」ことに対する望みがあるものの、光岡自動車にとっては、安全基準への適合や環境性能への対応などの課題があり、特に小規模な会社にはこれが物理的に困難です。

光岡自動車は、レプリカ車の製造において年間最大500台の生産能力を持つとしています。

同社のビジネスは開発車事業、正規輸入車ディーラー事業、ブブ中古車事業の3つに分かれており、開発車事業の売上は全体の7.5%に過ぎません。

2020年12月期のグループ全体の売上高は278億円で、開発車事業部門の売り上げは20.85億円となっています。

これらの事情を考慮すると、「エンジンやシャシーから丸ごと作る」ことは現実的ではないと言えます。

代わりに、一流メーカーの既存の車をベースにレプリカを製造することで、安心・安全な車両を提供し、故障が少なく、部品供給も安定しており、購入者が長く乗れるという利点があります。

光岡自動車のホームページに掲載されているQ&Aには、ベースとなる車両の機関部分に国産大手自動車メーカーの部品を使用しているため、販売店や近くの整備工場でも十分に対応可能であると記載されています。

このように、光岡自動車のレプリカ車は購入者に安心感を提供していることが伺えます。

 

光岡自動車のおすすめポイント!

光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説

光岡自動車に対して「恥ずかしい」という意見がある一方で、同社の車には多くの魅力的なポイントがあります。

また、光岡自動車が市場で存続し続けている理由には、以下のような要素が考えられます。

カスタムカーが好きな方には堪らないデザイン!

光岡自動車のデザインは、クラシックカーを思わせるレトロ感が特徴で、その独特のスタイルが多くの人々に人気です。

他の国産車とは一線を画す奇抜なデザインが、日本車離れしている点が魅力と感じられる人もいるようです。

また、エクステリアは外車のように奇抜であっても、仕様は国産車のものを使用しているため、運転がしやすいというメリットがあります。

光岡自動車のもう一つの大きな特徴は、一台一台が手作りであることです。

この丁寧な作業が、車体に更なる輝きを与えているのかもしれません。

国産車をベースに改造しているため、燃費も良く、日本国内での使用に適しています。

ただし、このような特殊な製造方法とデザインのため、価格は高めに設定されることが多いです。

光岡自動車が市場で存続し続けている理由の一つは、このような独特なデザインと手作りの品質に対する一定数のファン層の存在です。

光岡自動車は、自動車市場において独自の地位を築き、そのユニークなスタイルで特定の愛好家やコレクターから支持を得ています。

これらの要素が、光岡自動車が市場で生き残り、独自のブランドとして成立している理由と言えるでしょう。

 

ちゃんとした国産メーカー

光岡自動車の大きな魅力の一つは、他の国産自動車メーカーの車を基にして外観や内装を改造することで、独自のスタイルを生み出しながらも、国産車の安心感を保っている点です。

このアプローチにより、光岡自動車は外見は外車風のデザインを持ちながら、自動車の構造自体は信頼性の高い国産自動車メーカーのものを使用しています。

そのため、見た目の個性と国産車の乗り心地や安全性を両立しています。

光岡自動車の強みは、このように外車のようなユニークな見た目を持ちながらも、運転のしやすさや信頼性の高い国産車の技術を活かしている点にあります。

顧客は、独特なデザインの車を所有することができる一方で、日本の道路や気候条件に適した、安全で快適な運転体験を享受できます。

光岡自動車は、こうしたユニークなニーズに応えることで、自動車市場において特別な存在となっています。

 

誰とも被らない車

光岡自動車のもう一つの魅力は、他にはない個性的な車に乗ることができる点です。

多くの人が車を選ぶ際に「他の人と被りたくない」と考えることがありますが、光岡自動車はそのようなニーズにぴったり合うブランドです。

光岡自動車は一台一台が手作りで製造されており、絶対数が多くないため、他の車とは一線を画す独特のスタイルを持っています。

また、その奇抜なデザインは他の国産車とは大きく異なり、選ぶ人も限られています。このため、光岡自動車を選ぶことで、他の人とは全く異なる車に乗ることが可能です。

さらに、光岡自動車というメーカー自体が一般にはあまり知られていないため、その存在を知っているだけで特別感があります。

他の人とは違った車に乗りたいという人にとって、光岡自動車は非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

光岡自動車の車は、そのユニークなデザインと希少性によって、所有すること自体が特別な体験となります。

 

以上のポイントから、光岡自動車が「恥ずかしい」と言われる一方で、独自の魅力と市場でのニッチな需要によって存続していることが理解できます。

自動車はただの移動手段ではなく、所有者の個性やステータスを表現する手段としても機能しており、光岡自動車はそのようなニーズに応える存在となっています。

 

光岡自動車を所有している芸能人は?

光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説画像引用:光岡自動車

光岡自動車のユニークなデザインと国産車の乗り心地の良さは、多くの人々に評価されており、芸能界にも光岡自動車を愛車としている有名人がいます。

  1. ココリコ遠藤: ココリコの遠藤さんはYouTubeチャンネルで光岡自動車のBuddyを取り上げ、アメリカンな見た目を気に入っている様子を見せました。外見は光岡自動車独特のデザインで、内部はトヨタの安心感を持つBuddyを高く評価していました。
  2. 野々村真: 野々村真さんの現在の愛車は光岡自動車の「リューギワゴン」です。他の人とは異なる車体に惹かれたとされています。
  3. 高須克弥: 高須クリニックの院長、高須克弥さんの愛車は光岡自動車のオロチです。一目惚れして購入したといい、車体にはパートナーの西原理恵子さんのイラストが描かれています。
  4. 山田たかお: 落語家の山田たかおさんの愛車は光岡自動車のヒミコです。フロント部分が非常に長いという特徴があり、笑点メンバーからも話題になっているようですが、愛着を持って所有しています。

これらの芸能人が光岡自動車を愛車として選んでいることは、そのユニークな魅力が多岐にわたる層に認められている証拠です。光岡自動車は、その個性的なデザインと確かな品質によって、特別な存在感を放っています。

 

光岡自動車のラインナップは?

光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説画像引用:光岡自動車

現在、光岡自動車でラインナップされている車種は8種類あり、それぞれ独自なデザインで販売されています。

ラインナップ一覧を作成してみました。

車種価格元の車
ビュート ストーリー\3,080,000~\4,202,000トヨタ ヤリス
バディー¥5,278,900~¥6,560,400トヨタ RAV4
ヒミコ¥6,787,000マツダ ロードスター
リューギ セダン¥3,017,300~¥3,786,200トヨタ カローラアクシオ
リューギ ワゴン¥3,248,300~¥4,062,300トヨタ カローラフィールダー
ロックスター¥4,785,000~¥5,280,000マツダ ロードスター
ビュート¥2,893,000~¥3,492,500日産 マーチ
ビュートなでしこ\2,200,000~¥2,854,500日産 マーチ

光岡自動車の初のSUVであり、トヨタのRAV4をベースにしたバディが、2022年10月7日から一部改良されたモデルが発売されました。

バディのデビューは2021年6月でしたが、その前年の2020年11月26日から先行予約が開始されたところ、ファンからの反響が大きく、光岡自動車は予定していた生産台数を大幅に上回る生産体制に移行しました。

しかし、大量生産が困難であるため、2022年10月時点で注文すると、納期は約1年半から2年後となる可能性が高いです。

今回の改良で追加された点については、具体的な情報が必要です。光岡自動車のウェブサイトやプレスリリース、自動車関連のニュースソースなどで最新の情報を確認することをお勧めします。

光岡バディの改良点は、外装や内装のデザイン変更、機能の追加、パフォーマンスの向上など様々な可能性が考えられます。

興味を持っている方は、これらの情報をチェックすることで、新しいバディに何が追加されたのかを正確に知ることができます。

 

まとめ 光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説

光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説

今回は、光岡自動車は恥ずかしいと言われる7つの理由を解説しました。

光岡自動車に対して「恥ずかしい」という意見は、実際には多くの人々から注目を集める車であり、実際に購入を検討している自動車ファンも多いことから、そのような見方は適切ではないかもしれません。

光岡自動車の車種は、そのユニークなデザインや個性的なスタイルで、多くの人々の注目を集めています。これは、自動車市場に新たな風を吹き込んでおり、多くの人々に喜ばれています。

「そもそも光岡自動車を誰が買うの?」という疑問に対しては、あなたや私と同じような、普通の自動車ファンが購入するのです。

彼らは、日本の道路に華やかさを加える光岡自動車の車に魅力を感じ、それを所有することに喜びを感じます。

光岡自動車は、その独創的なデザインとスタイルにより、自動車市場に独自の地位を築いており、自動車ファンの間で一定の支持を得ています。

このため、光岡自動車に対する理解を深めることで、その魅力をより多くの人々が共有することができるでしょう。

光岡自動車は恥ずかしい?と言われる7つの理由を解説
最新情報をチェックしよう!
 data-src=なうい_国産車の最新情報発信" width="1280" height="1098" >

なうい_国産車の最新情報発信

【 国産車をメインに新型モデルやカー用品の情報を発信 】中古車買取店での査定士や販売の経験、大手タイヤメーカーでの経験、車のDIYの経験を活かしさまざまな車の情報を発信しています。【当ブログでは次のような情報を発信】✅ 国内の自動車メーカーの情報✅ おすすめカー用品✅ 毎月の新車販売台数報告Webデザイン歴17年 | 車DIY歴17年 | 車関連業界に6年在籍

CTR IMG
error: Content is protected !!